2017年03月04日

妻の思い遣りにありがとう

108-ケーキ.jpg

 先日、雛祭りの日のこと。仕事を終えて帰宅すると、雛祭りパーティーの真っ最中でした。テーブルの上には、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物、娘達の好物であるハンバーグとサラダが所狭しと並んでいました。彩りも綺麗で食欲が増します。切ると肉汁が溢れるハンバーグに歓声を上げる娘たち、サラダにかけるドレッシングも、各々の好みに合わせて数種類が並ぶという凝りよう。娘たちの「美味しいね。美味しいね」という声に嬉しそうに応える妻の表情を傍らで見ていて、ジーンとしました。
 雛祭りの前は節分、一月はおせちや七草がゆ等々、歳時記に合わせてお料理や演出を欠かさない妻には、本当に頭が下がります。「娘たちも結婚して家庭を持ったら同じようにして欲しいから、歳時記は大切にしたい」という想いがあるそうです。
 そして、デザートタイム。手作りのデコレーションケーキをわいわいと切り分けている時に、「これはパパに」とハート形のチョコケーキをくれました!仕事をしながらなので、前々日くらいから準備を進めてくれていたようです。
 先の先まで考えて実行してくれている妻の家族への思い遣りに「本当にありがとう」です。
(山武市/鵜川和宏)
posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

おにぎらずを食べてくれてありがとう

103-おにぎらず.jpg

 八百屋に勤めている主人は早朝から市場へ行き、倉庫の片付けをして夜10時頃に帰宅します。
 私は朝4時に起きて、夜食のお弁当に「おにぎらず」を作ります。きれいにできるようにタッパやケースを使用し、ラップをひいて、ご飯を80〜100グラム入れます。サンドイッチの具材のように並べて、上にまた同量のご飯で挟みます。のり1枚でくるみ、ラップをして、のりをしっとりとさせてから、半分に切りできあがりです。
 おすすめはピーマン、コーン、にんじん、玉子焼き、ケチャップ、スライスチーズを入れた「野菜おにぎらず」です。色合いがとてもきれいで食欲を誘います。主人の大好物です。
 できるとスマホで撮りためており、今では80種類になります。
 家族のために真面目によく働いてくれて、ありがとう。
(大田区/S・I)

posted by 1039 at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

家内にありがとう

 家内は社交的で、踊りやコーラスなどで家を留守にすることが多く、10年前からは、三味線も習っているようです。
 定年後、家に引きこもりパソコンの前に座っている私に、家内は心配してか、夫婦で共通の趣味を持ちましょうよと強攻に勧めてきたので、しぶしぶ三味線を習い始めました。
 何事もやりだすと夢中になる性格もあり、1年も経ち、音合わせが出来るようになると、なんとか家内に追いつこうと、家内が留守の間練習を続けました。
 80才になった今、元気にお稽古も夫婦で一緒に行き、おさらい会仲間の旅行にも出かけ、人生を楽しんでいます。ありがとう。
(品川区/K・M)

097-三味線.jpg
posted by 1039 at 15:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

元気になってくれてありがとう

 会社の健康診断で主人に肺がんの疑いがあり、大学病院に入院しました。そこで素晴らしいお医者さんに出会い、すぐに手術となりました。
 84才になる義母は足が悪く息子をお見舞いに行けないので、私が病院から帰るのを待ちわびて「今日はどんな具合?少しよくなった?」と毎日聞きます。義母に心配をかけないよう気遣いながら「手術の次の日から歩いているよ。」と言うと「そうかい。」と安心します。
 お陰様で早期発見で3週間の入院、1ヶ月のお休みで会社に復帰できました。主人が病気になると家族は心配と不安で落ち着かなくなり、家の雰囲気が暗くなります。改めて主人に感謝です。今は喜んで家から最寄駅まで送迎をさせていただいています。元気になってくれてありがとう。
(大田区/H・I)

posted by 1039 at 10:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

主人の優しさにありがとう

 「台風が今夜、関東を直撃」と朝のニュースが聞こえてきました。私は横目でテレビを見ながら、いつものようにお勤めに出ました。夜になり、主人がお布団をひいてくれましたが、いつもと位置が違うので、どうしたのかなあと思いながら休みました。
 朝、寝ているうちに台風が通り過ぎました。お布団の位置が違ったのは、いつもの窓側だと台風でガラスが割れたりしたら危ないので、場所を変えてくれていたのですね。主人の優しさに、感謝。パパありがとう。
(川崎市/R・T)

posted by 1039 at 10:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

楽しい休日をありがとう

 先日やっと主人とお休みがあい二人で出かけました。どこへ行くかは主人に任せ、主人について行くと小高い山を登り始めました。私は思わず心の中で「えー、こんなに暑いのに山!?」とがっかりしながら主人の後をついて行きました。
 楽しみにしていた休日なのに汗をかきかき歩いていました。時より後ろを振り返る主人の顔は子どものようにはしゃいで嬉しそうな笑顔でした。その笑顔を見た途端に嬉しい気持ちになり、今日はこれで良かったんだと思えました。主人の喜ぶことを共に喜べた一日に感謝です。
(足立区/H・Y)
posted by 1039 at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

夫にありがとう

 子供達も中学生になり、パートで働いていましたが、4月から正社員で使っていただけることになりました。
 朝8時30分から5時30分まで夕食のお買物をして帰り、バタバタ夕食の支度をして、家事を終えて休むのは夜中。こんな毎日が続き、パートの時は感じなかった責任感が心に重く伸しかかりました。
 主人は時々有休をとってお休みしていますが、私はあまり快く思っておりませんでした。でも、自分が働いてみて初めて毎日疲れて辛い主人の気持ちがわかりました。
 お父さん、いつも家族のためにがんばってくれてありがとう。
(大田区/T・Y)
posted by 1039 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

三十二年六ヶ月にありがとう

 主人は高校卒業後、銀行に務め三十二年六ヶ月、売り上げを背負わされたようで辛い日の連続でした。周りの人のことを考えるゆとりもなく、自分のことで精一杯で相手の身にもなれず、何かと厳しい中、合併の話が出され、自分の人生を考える機会をいただいたのだと思います。
 今まで一生懸命働いてきましたが、いろいろと迷った末、これからは人さまの役に立てる生き方を選びました。今はボランティアに通っています。今までとは違い、新しい出会いがあり、時間にゆとりができ、老いていく両親の面倒を看ることもでき、両親との喜びを共に味わえます。ゆっくり主人と会話の時間も持て、友達の話をしたり聞いてあげたりもでき、楽しい日々をすごしています。
 どう生きるか、どう生きたかの大切さがわかってきました。三十二年六ヶ月、ありがとうございました。
(練馬区/K・S)
posted by 1039 at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

主人にありがとう

 大学を卒業し、今の会社に入社して三十七年。主人が無事退職を迎えました。
「長い間、御苦労さまでした。どうでしたか?」
と聞くと、
「″忍≠フ一文字。」
との答え。
 この言葉で主人はどんなに苦労があっても、家族のために耐えて務めあげ、やっと会社から解放されたのだと思いました。
 これからはゆっくりしていただこうと思いましたが、根が真面目で働き者の主人はすぐに仕事を探して働いています。いつも家族の事を思って下さりありがとう。
 主人は毎日、親に恩返しがしたいと言っています。これからは私も共に親孝行させていただきます。
(品川区/T・S)
posted by 1039 at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

主人にありがとう

 昨年の暮れ、主人と二人で旅行に出かけました。結婚して以来、二人で旅行をしたのは2度目です。山あり谷ありの結婚生活で、主人と旅行することは諦めていたので、飛行機に乗って初めて旅に出たことを実感しました。
 ツアーでご一緒した方たちは私達と同じか少し年上のご夫婦の方がほとんどでした。冬の九州は想像していたよりずっと寒く、霧氷の美しさに感激しました。
 どこに行っても何を見ても、いつか行けたらと思っていた所に立っていることが不思議で、主人とこんなに穏やかな日が来るんだと何も言えない感覚でした。
 結婚して三十八年、主人を責めていた時もありましたが、私が感じているのと同じように、主人もいろいろな思いがあったのだろうと静かに受け止められるようになりました。
 わがままな私を今まで抱えてくれた主人にありがとう!
(目黒区/A・N)

posted by 1039 at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする