2018年04月06日

道案内をしてくれてありがとう

122-たけのこ.jpg

 茨城の友達が朝取れたのタケノコをその日の夕方に送ってくれました。開けると取り立ての大きなタケノコがたくさん。新鮮なうちに日頃お世話になっている知人に届けようと思い、住所をメモし急いでバスに乗りました。バスから降りて電話しようと思ったら、電話番号をメモし忘れているのに気がつきました。
 近くの会社から出てきたお兄さんに訪ねると、すぐにスマホを出し「住所を教えてください」と言うので、メモを渡すと入力して地図を出してくれました。お礼を言い、歩き始めましたが、番地が見つからずまた迷いました。
 急いで歩いてきた娘さんに悪いとは思いましたが訪ねると、すぐにスマホを出し「住所を教えてください」と言うと地図を出し画面を見せてくれました。私が「こっちの方ですか?」と聞くと心配になったのか「私について来てください」と、スマホを見ながら歩き出し、「ここです」と目的地まで案内してくれました。タケノコが重くて手が痛くなってきていたので、とても助かりました。あまりに嬉しかったので思わず「タケノコ、何本か持って行って」と言うと、「これから出かけるので大丈夫です」と笑っていました。
 道を教えてくれたお二人に感謝です。ありがとう。
(大田区/M・M)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

お花見にありがとう

 うららかな日差しを浴び、咲き始めた、裏通りの桜。久しぶりにおばあちゃんを車椅子に乗せて散歩しました。
 きれいだね、上を見上げては、きれいだねと満開の桜を楽しみ、持ってきた甘酒を飲んでいると「お嫁さんとお花見ですか、おばあちゃん、いいですね。」近所の方が声をかけてくれました。いつもはあまり話さないのですが、今日は気分がいいのか、「あなたもお元気で、桜の木ずいぶん大きくなりました。」
 会う人会う人が声をかけてくださり、ありがとうございます。嬉しいお花見になりました。
(江東区/H・E)

121-桜猫.jpg
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

タクシーの運転手さんにありがとう

 足に痛みがあるため、近くのクリニックに行ったり、郵便局に行くのにタクシーを利用している。昨年、ワンメーター710円が410円に値下げされたので金額的にも使いやすい。
幸いなことに、自宅近くにはガソリンスタンドがあるので、タクシーはひっきりなしに来る。少し待って手を挙げるとすぐ止まってくれる。特に嬉しいことは、どの運転手さんも親切。手押し車を使っていると、トランクを開け手押し車を乗せてくれる。「ゆっくりシートに座ってください。」私は、「ゆっくり、ゆっくりね。」と言って、手提げと一緒に座る。
目的地に着くと、乗った時と逆の手順で降ろしてくれる。運転手さんは、「ありがとうございます。」と言い、私も「ありがとうございます。」と言う。「お気をつけて。」と、また声をかけてくれる。時には、運転手さんが「自分の母親も足が悪く、介護したことがあるので大変さがわかります。」と言う。
先日、タクシーに乗ろうとしたら、一人の女性が「何かお手伝いすることはありませんか?」「私はゆっくり乗るので大丈夫です。ありがとうございます。」車が走り出し、運転手さんとおしゃべり。「今の女性は全然知らない人なのです。」「そういうつながりっていいですね。かかわりができるのは素晴らしいです。」と運転手さん。「元気な頃、人にこんなに親切にできたかしら?と反省します。」と私。「そういう気持ちを持つことが大事なんですね。」束の間の運転手さんとのおしゃべり。心がほっこり温かくなりました。
(目黒区/H・O)


posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

親切な人にありがとう

 携帯が古くなったので新しいのに買い換えました。数日後の夜、携帯を使おうとしましたが、画面が出なくてどうしたらいいかわからず、交番へ行っておまわりさんに「携帯が使えなくなって姉妹から電話があっても連絡がつかなくなる」と、困っていることを伝えましたが、おまわりさんは「私には解りません」とかかわってくれません。
 困って、家の前のガソリンスタンドのお兄さんに「携帯が使えなくなったので見てほしい」とお願いしているのを見ていたお客さんが「私が見ましょうか」と言って見て下さり「これは電池がなくなっているので、充電すれば使えますから大丈夫ですよ」と親切に教えてくれました。
 一人暮らしの私には携帯が必需品で何かあった時の事を考えると、携帯が使えなくなるのは、こんなにも不安になるものだと思いました。何人かに尋ねて、やっと親切な人に出会えました。
ありがとうございました。
(立川市/K・M)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

やさしい青年たちにありがとう

 旅行鞄とお土産を両手に下げ、友達と電車に乗りました。優先席の前に立って、どこか空いていないかと車内を見回すと、大半の人はスマホの画面とにらめっこしていて、友達といるみたいだが一人ひとりがスマホをいじっています。座るのは無理だと諦めていました。
 するとスマホを見ていた青年が私たちに気付き席を譲ってくれました。さらに隣りに座っていた男性もスマホをやりながら席を譲ってくれました。「ありがとうございます。荷物が重いので助かります。」彼らは何もなかったようにスマホをいじっています。全然無関心でもなく、気がつくとすぐ席を立ってくれた、優しい青年たちでした。ありがとう。
(大田区/S・B)
120-スマフォ.jpg

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

遊歩道にありがとう

117-散歩道.jpg

 家の近くに遊歩道がある。11月末になると桜並木の葉は、ほとんど葉を落とし、幹だけになり、その隙間から青空が広がって見える。そんな道すがら様々な人が往来する。
 リモコンで運転できる小さな車に1才半くらいの男のが乗っている。楽しそうな笑顔。操作しているのは若い父親。私が「良いのに乗っていますね」と声をかけると、子どもよりさらに良い笑顔を返してくれる。
 そうかと思うとジョギングをしている人、買い物帰りの自転車に乗っているお母さん。近くのセンターの趣味の講座の参加者。体操帰りの高齢者。お仲間といっしょにおしゃべりしながら通りすぎる。手には講座に必要なものを入れるトートバックやリュックを背に。履物はスニーカー。みんな元気。
 私は手押車でゆっくりゆっくり歩いている。すると熟年の男性が「いくつだね。自分は92才」と声をかけてくる。私は「ずっと下」と返事をする。
 この遊歩道を歩く人と都会の真ん中を忘れ、静かな地方のような雰囲気にひたれる。みんな元気、元気。
 私はこの道を通るのが好きだ。皆から笑顔や元気をもらえるから。みなに感謝、ありがとう。
(目黒区/H・O)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

レインコートにありがとう

 3才の息子は新品の黄色いレインコートが気に入らない様子。うつむいて歩いていると、レインコートを着たお巡りさんが「おそろいだね。でも黄色い方がかっこいいね」と声をかけてくれました。
 息子は私を見てにっこりと微笑むと、長靴を履いた足を大きく上げて気分良く歩き出しました。声をかけてくれてありがとう。
(杉並区/R・M)

115-レインコート.jpg
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

見守り隊″のおじさんにありがとう

 おはよう!∞おはよう!*コを学校に送って行く途中で、お馴染みの元気な挨拶に会えました。隣の住宅地にお住まいのオジサン”で、定年退職をした後、自ら進んで通学路の横断歩道に立って、子ども達を見守ってくださっています。息子が小学生の頃からですから、かれこれ10年間、毎朝6時半から8時頃まで立ちっぱなし、声を掛け通しなので、頭が下がります。
 有り難いことに、きちんと横断歩道を渡る、信号が変わってから渡る、そして特筆すべきは渡った後に信号待ちで止まってくれているドライバーさんに対して、ありがとうございます≠ニ声を出してきちんとお辞儀をすることを教えてくだっていることです。オジサン≠フお蔭で、普段から挨拶をすることが習慣になり、我が学区では小学生を中心に道をすれ違う度に元気な挨拶の声が行き交っています。
 ポケットマネーで、夏にはバーベキューを、冬はクリスマス会を開いてくださっています。失礼ながら「どうしてこんなにお世話してくださるのですか?」と伺ったことがあります。すると、「子どもは地域の宝だから」と一言。常人にはとても真似出来ない!と思いました。
 交通事故防止・地域への貢献を継続すること、他人様の子どもに対しても真剣に叱る・誉めることをしてくださるオジサン≠アそ、地域の宝だと思います。オジサン≠「つもありがとう!
(山武市/鵜川和宏さん)

111-みどりのおじさん.jpg
posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

新一年生にありがとう

 学校入学の頃、毎年交通安全週間で地域ごとにテントをはって見守りをします。
 近くに、幼稚園、小中学校、高校二校、8時には学園通りになりますが、ゆとりを持って通学する子、ギリギリ走ってくる子にはこちらも心配でハラハラします。挨拶をして通る元気な子、その逆に元気のない子を見ると「どうしたの」と思わず声をかけてしまいます。とりわけランドセルが柔らかな日差しを浴び、キラキラ輝いて笑顔もキラキラなピカピカの新一年生を見かけるとなおさらです。小学校に入って一週間余りが経つがもう学校には慣れたかな、友達はできただろうかと、親御さんでなくても気をもんでしまいます。
 そんな時間帯もあっという間に過ぎ、学校のベルが鳴っています。みんな間に合ったかな。大きく見えるランドセルには、子どもたちの夢と希望が詰まっています。何よりも歩き慣れない通学路で、交通事故にあわないよう祈らずにはいられません。
(大田区/N・G)


posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

豆まきにありがとう

 今年は、丁酉一白水星の年です。三日には節分で立春を迎えますが、まだまだ寒風が吹いています。
 節分の豆まきに近所の神社に大勢の人が集まって、今か今かと待っていました。そろえ上下を着た年男の豆まきが始まり、福は内、鬼は外と豆が飛んできました。豆は袋に入っているので、思わず両手を上げ、空中で取ろうとしますが、なかなか取れません。足元を見ていれば豆が落ちてきます。途中から気づいて、根付、干支の手ぬぐいを拾いました。
 番号札もまかれ、拾った人は受付で品物と引き換えるそうです。隣にいた人が、「私、2枚拾ったので1枚どうぞ」とくださったので、私も拾った手ぬぐいをあげました。番号を引き換えると、傘をいただき、早速使わせていただきました。ありがとう。
(台東区/Y・I)

108-豆まき.jpg
posted by 1039 at 17:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする