2018年04月16日

花見山にありがとう

122-花見山.jpg

 日帰りバスツアーで三春と花見山公園にいった。途中二つのSAによって三春、続いて花見山に行く。滝桜は樹齢が千年以上と推定されるベニシダレ、大正11年、国の天然記念物に指定された名木。例年より開花が早く幾分色も薄めだったが充分楽しめた。
 続く花見山は予々行ってみたいと思っていた所。ここも桜の盛りは過ぎていたが、桃源郷そのままの世界だった。一帯は花木の里として有名で、阿倍さんと言う初代の山守から、町をあげての取り組みと言う点では三春と変わらない。花の季節には30万人もの人が訪れると言うこの一帯は、元々花木業を生業とする地域でもあった。そのせいか道々も遅咲き桜、レンギョウ、木蓮、木瓜、ハナモモ、チューリップ、菜の花等、季節の花々が咲き誇る花の里であった。
 目指す花見山は山の持ち主の初代と2代目が昭和の始め蚕産業をから花木農家として生計をたてるべく決心され、雑木林を開墾し花木の植林に身を投じられたのがそもそもだとの由。樹木の殆んどは山主さんが3代約60年に亘り植え育て無料開放して来られたもの。近年は海外からの訪問客も多いそうで「静かに花を愛でる公園造り」の家訓を子孫も守ってつづけておられる。
 花々も美しいがそうした心根こそが多くの人々をこの地に惹き付けてやまないのだと、現地に来てみて改めて思った今年の春だった。
 ありがとう花見山。
(品川区/A・N)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

豆まきにありがとう

 今年の冬は寒波に見舞われ、例年にない寒さに、毎日「寒いね寒いね」と連発していましたが、暦の上では立春を迎えました。
 我家でも節分にはめざしをたくさん買いこみ、柊に刺して出入り口に飾り、息子と4人の孫が「福は内!鬼は外!」と大声で豆まきが始まると、にぎやかなことにぎやかなこと。これでは鬼も退散です。ママが焼いてくれためざしと、年の数だけ豆をいただき、一年間の無病息災を祈りました。
 寒気はまだおさまる気配を見せませんが、外に出ると田んぼの畦道にはフキノトウが芽を出し、春はもうすぐです。豆まきにありがとう。
(茨城県/A・Y)

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

黒姫高原にありがとう

116-ダリア.jpg

 秋風も吹き、行楽シーズンを迎え、一度見たいと思っていた、黒姫高原の百万本のコスモスを見に出かけました。リフトに乗って、高原一面がピンク・白・オレンジのコスモスできれいです。それにもまして、高原の大パノラマに感動しました。
 この日は、黒姫高原クラフトまつり。芝生の広場で、130のテントが並び、手作り品や食べ物、「どうぞ」と頂いたりんごの美味しいこと。都会では考えられない値段、お土産にしたいが重くて断念。思いがけなく色々買い物をして楽しみました。
 そして、今満開のダリア2千株。色鮮やかな優雅なダリアが高原の緑に映えて、それはそれは綺麗で、時間を忘れて見惚れてしまいました。
 大自然をゆっくり散歩。花カフェで、手作りケーキとコーヒーをいただき、お店の方が黒姫高原の四季折々の美しさを話してくださり、一層楽しい旅になりました。ありがとう。
(文京区/W・H)

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

林試の森にありがとう

114-りんしの森.jpg

 林試の森とは、林野庁の所有であった林業試験場跡地を都が払い受け、平成元年6月1日、都民のために整備開園した都立公園である。品川区と目黒区の両方にまたがって所在している面積12万762u もの広大な自然林。園内には樹木の標本とも言える各種の木々がしげっており、いかにも森という感じがする。
 我が家からも徒歩15分程でいけるので、気が向いた時、朝の散歩に良く出かける。特に夜明けの早い夏は気持ちがいい。また桜の季節も、落ち葉の秋も、雪の降った冬の日の朝も捨てがたい。
 園内は良く整備されており、数多くの老若男女が集い、憩う。朝は私のように健康維持のために、それぞれが自分に合ったやり方で走ったり歩いたりしているシニアが多い。また、ヨガ体操をやっているグループもあれば太極拳グループも。
 7月、久々に歩いてみたら足を踏み入れた途端にミンミンゼミを始め各種の蝉の 鳴き声が一斉に私を包んだ。夏到来をつくづくと実感した。
 そして、懐かしく田舎の夏を思い出しながらいつものコースを歩いた。最後は広場でラジオ体操もし、帰りはシルバーパスを使って帰宅。また、行くぞと強く心に言い聞かせたことである。
(品川区/A・N)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

お日様にありがとう

113-太陽.jpg

 梅雨も明けて、毎日暑い日々が続いています。先日、2〜3時間おもてで庭仕事をしただけですっかり精悍に色黒になりました(笑)仕事柄スーツ姿で動くことが多く、すっかり夏には苦手意識を持っていましたが、久しぶりに「夏はイイな♪」と思えることが出来ました。
 九州や東北では大雨により大変な被害が出ていますが、関東地方では逆に水不足という皮肉な気候、自然の驚異ですね。ヒトの力ではどうすることも出来ません。
 そんな中、「つくづくお日様は偉大だなぁ」と庭仕事をしながら感じました。それは、草木の生命力の強さです。春先に庭木の剪定をしたのですが、あれから3ヶ月、夏の日差しをたっぷり浴びて新しい枝を含めて1メートル以上伸びていました!葉っぱもたくさん出ているので、もうジャングル状態です。雑草も日に日に伸びて、うかうかしているとこちらもジャングルで(笑)
 ただ、草木がグングン成長するのも、陽に焼けて健康的で精悍な外見になれるのも、お日様が照り続けてくれているからなので、お日様に感謝感謝です。
 九州や東北で被災された方々にはお見舞いをお伝えするとともに、一日も早く復興されることを願っています。九州や東北でも天気が回復し、お日様の日差しが希望の光となりますよう、千葉の空を見上げながらお祈りしています。
(山武市/鵜川和宏さん)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

宇宙の奇跡にありがとう

 街がピンク色に染まる、桜の季節がやってくると、日本に生まれて良かったぐらいにしか思っていませんでした。しかし、先日テレビで、地球の成り立ち、そして四季があるのは、月の引力と地球が少し傾いているお陰であると知り、不思議と奇跡に感謝だなと思いました。
 そして、毎年この季節には、気の置けない友人とお花見をしながら語り合うことが何よりのひと時です。今年はどこのお花見を楽しみましょうと思っていたら、友人より、近くの東工大のキャンパスを開放しているので行ってみたらと言われ、近所なので外からは眺めていたのですが、中に入ったのは初めてで、入ってみるとビックリ。それは見事な桜が一面に咲き、学生たちに交じって一般の方々も桜を楽しんでいました。
 またもう一つの楽しみが、大学なので学食が食べられると言うのです。何十年前の学生時代に戻ったようなウキウキ気分で、学生たちと一緒に、おいしい「カツカレー」を食べてきました。今年のお花見は、ちょっとお得な楽しみ方が出来ました。
 宇宙の奇跡にありがとう。
(目黒区/D・S)


posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

自然の恵みにありがとう

110-たけのこ.JPG

 僕の住んでいる山武市はいわゆる“田舎”です。都心から電車で90分・距離にして60Kmの所ですが、それはもう筆舌につくし難い場所です(笑)
 唯一の取り柄は“大自然が身近にある”ということです。桜が散った後は、視線を下げるとつつじが、視線を上げると藤の花が満開です。空にはつばめが舞い、木々ではウグイスが鳴き、吹きゆく風は爽やかでとても気持イイです。
 そしてこの時期にはタケノコ狩りが出来ることが最大の楽しみです!“雨後のタケノコ”という言葉があるように、雨が降った翌日にはいきなり50cmくらい伸びていてビックリします。3週間ほどの間が“収穫期”ですが、地主さんのご好意によりたくさん掘らせていただいて、ご近所やお世話になっている方々にお届けしています。“ヒトのフンドシを借りて”皆さんに喜ばれるは、地主さんからは“山が竹やぶにならずに綺麗になって助かる”と感謝されるはで、僕も嬉しい限りです。 子ども達も日頃から自然に親しみ、五感で楽しんでいるようです。
 都心への通勤にはキツイ場所ですが、目でも舌でも四季を感じられる、この田舎の大自然にありがとうと大感謝です!
(山武市/鵜川和宏)
posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

三春滝桜にありがとう

110-三春滝桜.jpg

 毎年この季節になると、駅に三春滝桜のポスターが貼られ、一度見たいなと思っていましたが、チャンスがありませんでした。満開の桜に出会えるかどうか不安でしたが、2ヶ月前に予約を入れました。
 三春滝桜は、みちのくの小さな城下町三春町、三春ダム湖近くのくぼ地にぽつんと1本生えた、枝葉の桜が滝桜です。大きな、ごつごつした木肌の老木ですが、東北の遅い春の陽ざしを浴びると、生まれ変わったように紅色のほとばしる滝のような、可憐な花を咲かせます。枝張り樹齢1000年以上と推定されます。
 今年は開花が遅れ、私たちが訪ねた時は、ちょうど満開をむかえていました。周りを菜の花に囲まれ、菜の花の黄色と桜の紅色の、抜群のコンビネーションに感動でした。
 春風に揺られ、小さな紅色の花を無数に咲かせ、まさに滝が流れ落ちるかのように見えます。時の流れと、見る人に生きる力を与え、とても力強く、来てよかった、なんてラッキーなんだろうと幸せを感じました。
 見る人に生きる力を与えてくれる陰には、滝桜の管理・応急処置や、桜の保護保存、周辺環境の整備などにご苦労してくださる人たちがいるからこそと感謝しています。ありがとう。
(杉並区/K・I)
posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

梅の木にありがとう

108-梅の木.jpg
 少しずつ春の訪れを感じる三月。弥生の月の由来を目にしました。「弥」はいよいよ、「生」は生い茂るの意味。草木がいよいよ生い茂る季節になったことを由来とするとのこと。我が家の1坪ほどの小さな庭の梅の木が見事に花を咲かせました。
 この梅の木は姑が何十年か前、小さな枝を近所の方にいただいて、挿し木をしたものと聞いています。誰も気にすることもなく、密かに成長し、10年くらい前より、小さな梅の実がなるようになりました。最初は10粒ほどでしたが、この5〜6年大きな実を結び、ご近所の方に配り、皆さん喜んでいただいており、私も梅酒、梅ジュースを作り、嫁いだ娘たちに送るのを毎年楽しみにしています。
 昨年は実がほとんど結ばず、がっかりしていましたが、今年は見事な花を咲かせ、ご近所の方に鑑賞していただいています。家の前は近所の保育園の園児たちの散歩道なので、子どもたちの「きれいだね。きれいだね」の声に嬉しくなりました。
 ベランダから見下ろす見事な梅の木にありがとう。
(世田谷区/T・M)

posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

自然の恵みにありがとう

 今年は収穫時期に雨が多く、なかなか稲刈りが出来ずにいたため、こしひかりが発酵してダメになり、さんざんな目にあいました。
 遅い肥料米に助成金がもらえるので、なんとか10月で遅くなった稲刈りも終わり、ほっとして気づいた時は里にも秋が。庭のはなみずきの葉が真赤に色づき、銀杏の葉も黄色になりました。急いでさつま芋を掘りました。紅あずまはお芋のブランドです。栗のように美味しい。
 自慢のお芋を毎年知人に送ってあげ、一年の収穫も終わりです。11月に、家族で温泉旅行に行くのが頑張ったごほうびです。
 自然の恵みにありがとう。
(茨城県/K・S)

104-秋空.jpg
posted by 1039 at 09:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする