2017年03月20日

弟分にありがとう

 私には弟かわりの子がいます。恩師にお願いして営業と事務を教えて頂いております。最初は頼りなく、何かあるとすぐ折れる彼でしたが、月日の経過とともに素晴らしい資料が作れるまで成長しました。
 今回、私の海外渡航に伴い英文での名刺をつくってもらうよう彼に頼んだところ、非の打ち所がない英文での名刺を作ってくれました。この名刺をスリランカの大統領や高官、お坊さん達に渡してくるね。ありがとう。
(渋谷区/Y・T)
posted by 1039 at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

上司と奥様にありがとう

 上司だった先生の奥様が雅叙園のお雛様を見た帰りに私の家に立ち寄ってくれた。友人と一緒の思いがけない来訪だった。
 上司は小学校の教師を定年まで勤め上げ、数年前に亡くなったが、現存中は後輩の面倒を親身になってみてくれた。今でこそ安倍総理が女性管理職を30%まで引き上げることを目標にしているが、当時は女性が管理職になるには大変な時代だった。
 そんな折、一日の勤務が終わると自主的な勉強会を開いてくれた。男女問わずOHPを使ってその場で添削してくれた。私には論文のイロハから書き方を教えてくれた。論例策を徹底的に叩き込まれた。いわゆる、起承転結のこと。
 さらにこんな言葉を教えてくれた。あの有名な山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、誉めててやらねば、人は動かじ」。常に頭の中に入れておきなさいと。もう何年も何年も前もことだが鮮明に覚えている。奥様の手作りのおにぎりを持ち、教えてくれた姿を忘れられない。勿論、講師料もとらない。私も管理職になり、60歳まで勤めた。やりがいのある仕事に就けたこと、感謝の気持ちでいっぱいだ。
 都の管理職100人以上を育て、日本の児童のために貢献した先生。奥様の来訪で二人三脚で教育に携わったことを再確認し、すごいことだと感じ入った。奥様、先生の分も、より以上に元気で長生きしてほしいと切に思った。
(目黒区/H・O)

097-五十六.jpg
posted by 1039 at 09:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

年配世代にありがとう

096-空とコスモス.jpg
 介護付老人ホームに入居した友人を見舞いがてらに訪問している。「おひとり様」の彼女は猪生まれの81歳。若い頃はまじめに仕事に取組み、退職後は世界各国を旅行するなどして元気に第二の人生を謳歌していた。しかし、数年前から私と出会っても口数が少なくなり、友達とのおしゃべりの輪にも入って来ない状況が見られ、気にはなっていた。
 しばらく会わないでいたら、昨年はとうとう年賀状も来なくなり、心配して電話してみたらずっと留守電で、携帯にかけてやっと話が通じ、介護付老人ホームに入居していることが判明した。しかし、自分の施設名もわからず、近所の駅名を聞いてやっとどこの施設かが分かり、私はどのような施設かと思い、後学のために参観を兼ね訪問してみた。
 今回は3度目。友人も誘って出かけた。半年ぶりに会う姿はかなり老けてしまっている。気がかりは生きる気力をなくしてしまっていることである。新聞も読まず、テレビも見ず、散歩にも出かけず、施設内のサークルに入って細々とひっそりと静かに生活している様子。携帯メールが便利だから使い方を教えてあげようとしたが興味を示さない。口から出てくる言葉のはしばしからは厭世観すら垣間見える。
 身体はどこも悪くない、医者にもかからず健康体である。にもかかわらず…である。私は不思議でならない。高齢になるにつれ、介護付老人ホーム入居を検討する人は多いことと思うが、もう少し、生き生きと最期の時を迎えられないものだろうかと思う。それとも、彼女の様に入居した途端、世捨て人の様な心境になるものだろうか、彼女の場合入居時期が少し早すぎたのではないだろうかとさえ思われる。
 ホームからの帰途の道々、様々なことを考え友人と語り合った。私より年上の先輩達の言葉は、いずれ我も行く道と考え、話を聞きながら参考にしているが、立派な施設を作るだけでは充分ではないのだ。各施設には「傾聴ボランティア」のようなソフト面の充実も重要なのではないのではないだろうかと思う。
 特別に人間嫌いの人は別として、豊な人生を最後まで送る方法を共に探りたいものである。人に頼らず、また時には人を頼りつつ・・。
(品川区/A・N)
posted by 1039 at 14:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

消防団の皆さま、ありがとう

 新年を迎え、いろいろな行事が地域を支えてくれます。今年も恒例の消防団の出初式に参加させていただきました。
 各種の表彰があり、かつては自分も消防団に入り、35年以上活動してきました。退団して3年が過ぎ、今は気楽な気持ちで参加できるようになりました。
 これも団員の皆さまの活動があり、安全で安心な生活が保てることを強く認識しました。
 自分も35年がんばったことに改めて誇りが持て、嬉しく感じました。
 消防団の皆さま、本当にありがとうございました。
(品川区/K・O)
posted by 1039 at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

マネージャーにありがとう

 ダンスを教えています。発表会の曲を選ぶのにマネージャーと意見が合わず、何かと私に反発をしますが彼に合わせました。
 本番、曲を聴いた生徒さんは「長すぎて見ている人が飽きてしまいます。」と納得せず、慌ててテープをカットしてなんとか切り抜けました。
 終了後、打ち上げに行くことになっていましたが、すごく疲れていたので「私は疲れたので皆さんで楽しんでくださいね。」と先に帰りました。
 打ち上げ後、生徒さんから「先生はあんなに大変だったのにマネージャーを責めることなく、先生の笑顔で私たちも楽しく踊ることができました。」とお礼の電話をいただきました。
 この出来事があってからマネージャーさんは変わり、今は良い関係になりました。
 相手を認め受け入れることの大切さを実感した嬉しい発表会でした。
 マネージャーさんありがとう。
(品川区/K・N)
posted by 1039 at 13:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

お誘いをありがとう

 先日、二十歳の時に2年半勤めた会社の先輩から手紙が届きました。丸の内のOLに憧れ勤めた会社のシニア会(60歳以上の人)をすることになったのでいらっしゃいませんかとのお誘いでした。50数年前のほんの2〜3年しかいなかった私を思い出してくださったことがとても嬉しく、すぐに連絡を取りました。
 先輩は病気をし、今は社交ダンスに出会い、体調が少しずつ良くなっているとのお話を聞かせてもらいました。
 残念ながらその日は都合により行くことができませんでしたが、一時でも自分が輝いていた日々を思い出しました。ありがとう。
(板橋区/E・M)
posted by 1039 at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

職場の先輩にありがとう

 子供たちも独立をし、時間が出来たのでスーパーに4時間パートで働き始めました。
 なかなか慣れず、値段付けももっと早くやるようにと、仕事がゆっくりすぎると注意を受けます。
 ショックで落ち込みましたが、人どころではないという職場の雰囲気の中、一緒に働いている何でもできる先輩が、「ここまでやっといたので、後は大丈夫でしょう。」といつも優しく助けてくれます。
 思いやりのある先輩でお陰でなんとか務めていますが、もうだめかなと思う日もあります。それでも先輩と一緒に働けることが楽しく、良い人に出会えてとてもありがたいです。
 私もいつか先輩のように気配りができ、周りを助けてあげられるようになりたいと思います。
(狛江市/Y・S)
posted by 1039 at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

娘の同僚の方々にありがとう

 五年間の苦しい病気を乗り越えた娘が社会復帰して丸二年が経ちました。
 昨年四月には正社員となり、今年からはチームリーダーとして三人の部下を預かり、毎日元気に仕事に出掛けています。
 この二年間で病気を治そうとあせるのではなく、仲良く付き合っていけばいいんだと思ったら気持ちが楽になったと話していました。そう思えるようになったのも、きっと会社の方々の温かいご理解のお陰様です。
 社会に出たら毎日仕事に行くのは当たり前のことではなく、とてもありがたいことだとしみじみと感謝しています。
(横浜市/A・N)
posted by 1039 at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

新入社員にありがとう

 岩手から二十歳になる新入社員が来ました。
「おはようございます。」
と朝、誰もいない部屋にあいさつをしています。不思議に思い、
「どうしたの?」
と聞いてみると、
「これから今日一日お世話になるので、感謝の気持ちであいさつしています。」
と言いました。
 今時こんな子がいるのかと、私が感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 新入社員が大切なことを教えてくれたような気がします。ありがとう。
(青梅市/K・A)

posted by 1039 at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

助言をありがとう

 働きたくても働けない、そんな一人息子が一年間家にいましたが、お友達のお母さんが心配して下さり、E会社の警備の仕事を紹介していただき、勤め始めました。
 仕事は30分くらい立って警備し、その後10休憩するという内容です。家に帰ると「疲れた。疲れた。」と息子が繰り返すので、その度に「そのくらい何で出来ないの?出来て当たり前でしょ。」と言っていました。
 すると人生の先輩から「お母さんが認めた分だけ、息子さんは成長します。」とアドバイスをいただき、息子がやる気を無くしていたのは、私の言葉が原因だったと反省しました。
 それ以来、息子が帰ってくると「今日も疲れたね。御苦労さま。ありがとう。」と迎え入れることができる親になれました。言葉をいただきありがとうございました。
(中野区/M・N)
posted by 1039 at 13:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする