2018年05月03日

薔薇

122-薔薇.jpg

 雨上がり。


 玄関先に咲く小さなバラの鉢から


 すっくと際立つバラの花。


 薔薇は色によって花言葉が異なる。





【花言葉】赤:愛情、情熱、熱烈な恋
       美、私を射止めて、love you


     緋色:灼熱の恋、情事、陰謀

     
     紅色:死ぬほど恋い焦がれています


     深紅:感嘆,熱烈な愛


     淡紅:光輝







★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
続きを読む
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ●おじいちゃん、おばあちゃんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

永い間ご愛読いただきありがとうごさいました

 2008年4月に創刊号を発行して早くも十年が過ぎました。創刊当時は文京区民センターで「終活セミナー」をスタートしたばかりで、自分たちの立ち位置が定まらない状況下で戸惑うことばかりでした。
 「頑張れよ〜!」「お疲れさまですね」とたくさんの方々に声をかけていただき、読者の皆さまの応援の言葉が、やがて文字となってお便りをいただくようになりました。
 私たちの周囲には、些細な優しさや出来事に、やがて、様々な物にも神仏が宿るかのような意識を持って受け止めておられるお便りで溢れるようになりました。
 感動的なお便りを下さった方々や永きに亘ってご愛読いただきました皆さまに深く感謝申し上げ、暫しの休刊をお知らせいたします。通算1021通のありがとうに感謝いたします。
 (ありがとう不動産・社員一同)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●感動を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

大きな鯉のぼりにありがとう

122-鯉のぼり.jpg

 端午の節句には、団地のベランダに大小様々な鯉のぼりが泳いでいました。しかし、昨今は団地も高齢者の一人住まいが多くなったためか、こういった光景も見かけなくなりました。
 久しぶりに帰省すると庭に大きな鯉のぼりが風に流れ、風車がくるくる回って泳いでいます。懐かしく見上げながら、確かここの家は子供たちが独立して都会に出たと風の便りで聞いたことを思い出していると、庭からおじいさんが出てきたので聞いてみました。
 この大きな鯉のぼりは長男が初節句に祖父がお祝いしてくれたもので、自分が元気なうちは病気をしないように、元気で働けるように、5月に入ると鯉のぼりを上げているそうです。親のありがたさに深い感銘を受けました。ありがとうございました。
(世田谷区/M・A)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●おじいちゃん、おばあちゃんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする