2016年12月31日

おせちを楽しみにしてくれてありがとう

 毎年28日からおせちの準備を始めます。30日にはおもちつきをし、31日には長男、次男家族がおせちをいただきに来ます。三段に重ねたお重を風呂敷に包み、持ち帰ります。
 一年の疲れが取れますように、良い年を迎えられますように、子供たちの健康を考え、年々腕が磨かれます。テレビの料理番組を見たり、今年はこれにチャレンジしようかと毎年一品新しいものを考えます。今年は今まで買って詰めていた伊達巻に挑戦。夫婦共稼ぎの子供たちのために少しでも役に立ちたいと一年に一回腕を振るいます。
 今年は特に煮物と伊達巻の評判が良く、美味しくできました。お母さんの作るおせちが一番美味しいと私を頼りにしてくれるお陰で、今年も元気に新しい年を迎えることができました。ありがとう。
(大田区/K・M)

106-おせち.jpg
posted by 1039 at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

日めくりカレンダーにありがとう

 1年前の平成28年の1月、大本山増上寺から「こころの暦」をもらった。日めくりで心のもち方の大切なことを教えてくれる。
 前の仕事の関係で作品展の募集の呼びかけがあった。私は日めくりカレンダーの中から、心の糧になる数点を選び、毛筆の「書」を出品することに決めた。
・謙の徳 下がるほど人が見上げる藤の花
・あなたのおかげ 共に喜び合い感謝し合う
・生きるとは 出会いのひとつひとつを大切に
等を選んだ。
 久しぶりに硯と墨を使い挑戦した。いざ書いてみると難しい。上手に書こうだなんて雑念が入ると集中力が途切れる。何枚か書いてみた。なかなか満足のできるものには仕上がらない。しかし、今の自分の実力かなと思い、折り合いとつけて「これでいい」と決めた。筆を洗い、硯をきれいにし、道具を片づけた。
 筆で書くことはボールペンや筆ペンで書くことより時間がかかる。それでもなぜか気持ちが落ち着く。たまにはこんな時間を持つこともいい。こんな気持ちにさせてくれた増上寺の日めくりカレンダーに感謝したい。機会があったらまた書いてみたい。
(目黒区/H・O)

posted by 1039 at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

郵便局員さんにありがとう

 今年も年賀状を400枚近くパソコンで作成した。枚数が多いので、5回に分けて作る。年末が近づくと決まって今年はどの写真を使いどのような文章にしようか等々あれこれと考える。やっと図案も決まり印刷に入る。宛名も5回に分け住所録一覧にチェックを入れながら印刷する。25日の明け方近くまでかかった。
 5回目の裏面印刷後、疲れたので一寝入り。一枚だけ宛名まで書いた「完成品」を上にして輪ゴムで留め、翌朝は、あろうことか、この一束をそのまま投函してしまった!…。さて、いよいよ最終印刷に、ところが、あるはずのハガキが手元にない。どこを探しても見つからず…、私もいよいよ認知症?…と不安になる。よくよく考え、漸く午前中の「間違い投函」に気付いた。「ああ、今朝のあれだった…」もう後の祭り。
 慌てて本局に電話。「今朝11時頃、〇〇近くのポストに宛名を書かないまま投函してしまいました」「今取り込んでおりますので、該当の郵便物を探し出すのには時間がかかります」「宛名も差出人も書いたのを一番上にして40枚ほど輪ゴムで留めてあるんです…。絶対わかると思います。お願いします!」夕方電話がかかってきて「探しましたが見つかりませんでした。」「新しいの作りましたので、投函したのは返してほしいのですが…」「宛名の無い葉書は迷子ハガキとして機械がはじき出します。年明けに見本を一枚持ってもう一度本局までお越しください」
 翌朝、再び電話が入り、女性の声で「昨日、宛名忘れのまま投函されたという年賀状、昨夜探しましたら、それらしいのが見つかりました。郵便で明日お戻しします」翌朝、無事、43枚の年賀状が私の手元に戻ったことは言うまでもない。
 郵便局員さんご多用の中、本当にありがとうございました。忘れられない2016の年の瀬でした。
(品川区/A・N)
posted by 1039 at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

やさしい娘にありがとう

 一昨年は腰を痛め、接骨院通いをしていました。お医者さんに筋肉を鍛えるよう言われ、昨年は毎日ラジオ体操を続けたお陰さまで随分と腰が楽になるようになりました。
 暮れ頃から娘が忙しいためか、ママにかまってもらえない10ヶ月の孫が私の顔を見るたびに「だっこ、おんぶ」とまだ話せない言葉でせがみます。それを見てお姉ちゃんの孫娘が目の前に立って邪魔をするので、いつも大騒ぎになります。72才になった私は、10kgの孫を昔のようにおんぶ紐でおんぶし、少し経つと寝てくれます。
 健康で孫の子守ができることに幸せを感じています。お母さんを一人にしておけないと、2年前より同居してくれた娘夫婦の役に立ちたいと思っています。体を鍛え、可愛い孫たちと一緒に遊んであげられるよう今年もがんばります。やさしい娘にありがとう。
(江戸川区/E・N)

106-おんぶ.jpg
posted by 1039 at 10:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

店長、お客様、ありがとう

 今年で69才となりますが、元気でスーパーで働いています。年もとり、そろそろやめさせてほしいとお願いするのですが、「健康なんだから、まだやめないでほしい」と店長が言います。
 身体の動きも鈍くなり、こんな年寄りでもいいのですかと聞くと、店長は「あなたはお客様に何か聞かれても親切に受け答えができている。今晩なににしょうかなと悩んでいる人には『今日はこれがお安いですよ』と勧められるし、この間は黒豆の煮方まで教えていた。いつもお客様を丁寧に大切にしてくれるので、体が動く間は、是非うちで働いてほしい」とありがたい言葉をいただきました。
 嬉しくなり、今年もお客様に喜んでいただけるよう働かせていただこうと思いました。店長、お客様、ありがとう。
(横浜市/H・K)
posted by 1039 at 11:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●仕事で関わった人々へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

日帰りバスツアーにありがとう

106-イルミネーション.jpg
 いつも利用しているお店で、お客様感謝企画キャンペーン中とのことで、買物後にレジでくじ引きをしました。A賞は温泉、B賞はホテルディナー招待券、C賞は日帰りバスツアー。私が引いたのはC賞でした。折角当たったので、行ってみようとお友達に声を掛け千葉の房総にみかん狩りへと行ってきました。
 当日はお天気も良く、太陽をいっぱいに浴びて育ったみかんを、甘い木、すっぱい木と、いろいろな木から取って食べました。果汁を濃縮したみかんジュースもいただき、胃袋も大満足でいた。車中、ガイドさんが「皆さん、何個食べられましたか?」と聞かれると20個食べた人がいて驚きました。私は5個で充分でした。
 夕方からは東京ドイツ村に向い近付くと、「ワーッ!」と歓声が上がり始めました。それは見事なイルミネーションで、お花畑に、湖に白鳥、おとぎの国のようにしゃぼん玉が飛び、目を奪われ、別世界のようで、夢中で写真を撮りました。
 最後は温かいラーメンを食べて、冷えた体を温めました。とても楽しい一日となりました。C賞にありがとう。
(足立区/R・S)

続きを読む
posted by 1039 at 15:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

寒椿

105−寒椿.jpg

 北風が吹き抜ける東京のビルの谷間の小公園に、



ひときわ鮮やかに咲く寒椿。



千利休がこよなく愛したという『わびすけ』はシンプルで美しい。



【花言葉】控えめ、静かなおもむき、簡素




★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする