2016年09月30日

台湾旅行をありがとう

103-小龍包.jpg

 「お父さんが傘寿になるし、長い間働いてきたので、台湾旅行でそのお祝いをしたいけど」と3人の子供たちにPRしても、はかばかしい返事がありません。かと言って70代夫婦2人の台湾旅行は億劫でもあったので、ここは私が頭を下げると時と思い直し、娘夫婦に思い切ってお願いしました。すると同行してくれると言ってくれました。
 このことを受験生をかかえた長男と次男に話すと「何も出来なくて悪いね」と思いがけない言葉に心が温かくなりました。
 3泊4日の台湾旅行。台湾人ガイドは「日本人は静かで大人しい」と言っていましたが、有名な小龍包店での食卓で頭が痛くなるくらいの喧騒に、なるほどと納得しました。ゆっくりしたスケジュールで、スーパーに行ったり、地下鉄に乗ったり、食事もとても美味しく、一度で台湾のファンになりました。
 この旅行で嬉しかったことは子供たちの心遣いでした。本当にありがとう。
(横浜市/T・K)
posted by 1039 at 10:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

曼珠沙華を見せてくれてありがとう

103-曼珠沙華.JPG

 お彼岸になると高麗(こま・西武線)住人である友達から「彼岸花が咲き始めたから見に来ませんか?」とお誘いを受けていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。ある日、友達が「雨降りばかりで気持ちが沈むからどこか行こうよ」と言うので、時期がずれているとは思いましたが、高麗の友達に電話すると「今年は台風の影響で雨が多く、彼岸花の満開が1週間遅れたから今が見頃だよ」と言うので、早速翌日に行くことにしました。
 当日、高麗駅に降りると、真っ赤な2本の柱が目に飛び込み「天下大将軍」「地下女将軍」と書かれていました。これは朝鮮半島の村で見られる魔除けだそうです。
 彼岸花の名所・巾着田にある曼珠沙華公園へは、高麗の友達が車で案内してくれました。この公園の曼珠沙華は、河川の増水などにより流れてきた漂流物に交じってきた球根が漂着し根付いたもので、秋の彼岸には500万本の曼珠沙華が赤いじゅうたんを敷き詰めたように咲き渡ります。園内は広く、とてもきれいで見応えがありました。
 川辺でお弁当を広げ、水音に川風を感じながらゆっくりした時間を過ごしました。高麗神社にお参拝をした後に、栗をお土産にいただいて帰りました。車で案内をしてくれてくださりありがとうございました。
(江戸川区/K・M)
posted by 1039 at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

さんま祭りにありがとう

103-さんま祭り.JPG

 今年も目黒SUN祭りのお手伝いださせていただきました。ボランティアスタッフが集合する頃にはすでに会場前に長蛇の列ができており、ご来場いただいた方々に満足していただきたいと気合が入りました。
 今年は「めぐろ観光まちづくり協会・名誉会長」であるタレントのタモリさんがセレモニーに参加していただいたお陰で、とても華やかで笑いにあふれたオープニングになったと思います。
 少し天気はぐずつきましたが、本降りにはならなず、焼き立てのさんまを湿らせることなくお渡し出来たので、ホッと胸をなでおろしました。
 そして、私たちスタッフも交代でさんまをいただきました。来場いただいた方々同様に我々も毎年楽しみにしています。気仙沼港であがった脂のたっぷり乗ったさんまに大根おろしを乗せ、大分県臼杵市特産のカボスをしぼりいただく。カボスのさわやかさがさんまの脂をほどよくさっぱりとさせ、より箸が進みます。さんまの鮮度が良いためか、はらわたまでしっかりきれいに食べる方も多くいらっしゃいました。
 毎年、気仙沼の方々にはたくさんのさんまを準備していただき、ありがたい限りです。ご協力いただいた方々、ご来場いただいた方々に感謝いたします。今年も大盛況で終わりました。ありがとうございました。
(目黒区/T・S)

posted by 1039 at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●みんなに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

習いに来てくれてありがとう

 子供たちにピアノを教えて50年になります。いつも心掛けていることはたくさん褒めてあげることです。
 お教室に入る時に靴をそろえてあいさつができると褒めてあげます。お洋服を褒めてあげたり、ちょっとでもいい音が出ると褒めてあげ、子供たちが音楽を楽しく好きになれるように、良いところをたくさん見つけて褒めています。
 最近は親子で習いにみえたり、退職後の高齢の方もみえて、子供だけと思いましたが、私も75歳の後期高齢者ですので、今は幅広い年代の方に教えることができ、生きがいとなっています。習いに来てくださる皆さん、ありがとう。
(渋谷区/K・Y)

posted by 1039 at 13:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お客様に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

NHK「ラジオ深夜便」にありがとう

 「ラジオ深夜便を聞いてます。」というと、決まって多くの人はラジオの「深夜放送」を連想してか、「若い頃ならともかく、今はとても聞く気にはなれない、夜は熟睡しているもの。」という。稀に「私も聞いているわ」という仲間に出逢うと本当に嬉しくなってしまう。
 私はこの番組のことを、もう3、4年も前に旅先で同宿した友人から聞いた。毎晩11時過ぎから朝の5時迄。昼間の時間帯に活躍したアナウンサー達がこの番組のアンカーになって、落ち着いた口調でゆっくりと優しくガイドしてくれる。内容は日本や世界各地の話題から、昔懐かしい歌や音楽、また文学に古典に笑いにと盛り沢山。兎に角広範囲なのである。
 中でも私のお薦めは4時台の「明日へのことば」。毎回いろんな人が登場されインタビューに答えたりご自身で話されたりする。その生のひとこと一言に感銘を受けることが多い。
 4時に目覚ましをかけ床に就くが、寝過ごして聞き逃すことも多くタイマー付のカセットレコーダーがないものかしらと思う。オンデマンドで聞けることもあり再放送も企画されてはいるが、聞き逃すと何か大きな忘れ物をしたような気さえする。
 これまでに聞いた中でも特に深く心に残っているのは、あの北朝鮮から無事ご帰還された蓮池薫さんのお話である。ついにご著書も買って読んだ。一日も早い拉致問題の解決を願うばかりである。
 また、東日本大震災関係の方々からも沢山のお話を聞いた。その他、普段はなかなか聞けないお話を色んな方から聞けるので、私自身、様々な見方考え方を教わり、毎日が楽しく心も豊かになり深くなる感じがする。
 最近は「2016世界らん展 日本大賞」で見事に日本賞に輝いた高橋さんの長年にわたる苦労話を聞いた。「ありがとうラジオ深夜便。ありがとう明日へのことば」 
(品川区/A・N)

103-ラジオ深夜便.jpg
posted by 1039 at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

障子張りをしてくれてありがとう

 障子張りをシルバー人材センターに依頼した。3人のシルバーの男性が14枚の障子を取りに来てくれた。てきぱきと障子を外して車で作業場の方へ持っていった。
 冬になるとアルミサッシと障子の間の破れ目から冷たい風が入ってくる。障子紙を切って少しずつ塞いでいったがもう限界。障子を外したり入れたりする作業も足腰が痛く、自分ではできなくなりシルバーに頼んだ。さて、外したはいいが敷居がほこりだらけで、掃除するのに大変手間がかかった。
 3、4日すると、時間通りに障子を持って来てくれた。障子のサンもきれいに洗ってある。手早く元通りに入れてくれた。紙は割高だが最近、丈夫な紙があるということでそれを注文した。これで数年は破れず使えそう。暮れの寒い時の大掃除が9月に終わりきれいになった。朝、サッシを開けると朝日が障子に当たり、金色に輝いている。こんな風に見えるのは久しぶり。
 シルバーの障子張りの方々、新築の部屋の障子のようにきれいにしてくれて、ありがとうございました。ちょっと早いですが、これでよい年越しができそうです。
(目黒区/H・O)

103-障子張り.jpg
posted by 1039 at 16:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

娘の絵にありがとう

103-イラスト.JPG

 娘は幼い頃から絵が好きで、中学では美術部の部長を務め、高校は美術科に進学し、専門学校へ通いました。繊細な娘はいろんなことで悩みましたが、少しずつ腕を上げていきました。
 今ではゲームキャラクターのデザインの依頼が来るようになり、人物6〜7名の顔のパーツ、手足、髪型まで何十種類も描き、今は背景、風景の部分に取りかかっています。
 収入は安定していませんが、絵を描いている娘は生き生きとしていて輝いています。自分が得意で好きなことで生活していけることはありがたいことです。
(杉並区/H・S)
posted by 1039 at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

おにぎらずを食べてくれてありがとう

103-おにぎらず.jpg

 八百屋に勤めている主人は早朝から市場へ行き、倉庫の片付けをして夜10時頃に帰宅します。
 私は朝4時に起きて、夜食のお弁当に「おにぎらず」を作ります。きれいにできるようにタッパやケースを使用し、ラップをひいて、ご飯を80〜100グラム入れます。サンドイッチの具材のように並べて、上にまた同量のご飯で挟みます。のり1枚でくるみ、ラップをして、のりをしっとりとさせてから、半分に切りできあがりです。
 おすすめはピーマン、コーン、にんじん、玉子焼き、ケチャップ、スライスチーズを入れた「野菜おにぎらず」です。色合いがとてもきれいで食欲を誘います。主人の大好物です。
 できるとスマホで撮りためており、今では80種類になります。
 家族のために真面目によく働いてくれて、ありがとう。
(大田区/S・I)

posted by 1039 at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

オミナエシ(女郎花)

102-オミナエシ.jpg

 2週間以上前から咲き続ける秋の七草『オミナエシ(女郎花)』。


別名であわばな(粟花)と言われ、


小さなツブツブの蕾が粟の実のように見えるからの様です。


【花言葉】親切、美しさ、美人、佳人、心づくし、はかない恋など



★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする