2016年08月30日

娘とお母さんにありがとう

 子供がほしいと願っていましたが、なかなか授かりません。半ばあきらめていたところ、42歳で女の子が授かりました。夫も義父母も周りの方々も大変喜んでくださりました。
 お医者さんに「産後はどなたが看てくださるのですか?」と聞かれたので、「母です」と答えると「高齢出産なので、産後の回復に時間がかかります。70代では無理ですよ。60代でないと」と言われました。そのことを母に話すと「あらよかった。今年で70だからギリギリセーフね」と笑いました。
 出産当日、帝王切開で無事に女の子が誕生しました。ふっくらとしたかわいい赤ちゃんです。ずっと眺めていても飽きません。でも日々失敗ばかりです。ベットの柵を上げなくて落としてしまったり、頭をぶつけたり、周りは「おちついて、ゆったりと上手に育てていますね」と声をかけてくれますが、私は精一杯「かわいいかわいい」と言いながら、毎日奮闘しています。母の手助けなしではまだまだです。お母さん、ありがとう。
(世田谷区/A・U)

102-あかちゃんとママ.jpg
posted by 1039 at 15:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

リオ・オリンピックにありがとう

 リオ・オリンピックが始まり、毎日のように各国選手の活躍ぶりが放映されている。昼も夜も、スマホ、録画やオンデマンドで、いつでも繰り返し好きなだけ見られ、まるで、世界中のどこにも戦争や難民問題などは起きていないような平和な一時である。
 何といっても内村航平選手の活躍が深く心に残る。「何としても男子体操団体金メダルを!」という長年の熱き悲願が達成でき、本人はもとより、見ている我々までもが嬉しくなった。寝ても覚めても体操の事ばかり考えていたという毎日は、一方で、どんなにか重圧と孤独の日々でもあったことかと思う。
 今回は東京オリンピックが近いこともあり、事前の各メデアは、全種目で、さも全員が「金メダル」が取れるかのような報道ぶりだったが、いざ始まってみると矢張りそう簡単に「金」は取れるものではないと改めて知らしめてくれる。それだけに有言実行の内村選手の偉業が光るのだ。試合会場で、どんなふうにその重圧を跳ね除け、自らの集中力を高め、平常心で試合に臨んだのか、各人とも秘訣は持っていよう。知りたものである。
 4年後の「東京オリンピック」では是非とも会場でこの目で見たいものだ。まずはありがとうリオ・オリンピック。
(品川区/A・N)

102-鞍馬.jpg
posted by 1039 at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●スポーツに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

おいしい鰻をありがとう

102-鰻重.JPG

 埼玉での仕事帰りに上司に昼食を誘っていただいた。たまたま見つけた店の鰻がおいしかったとのこと。そこのお店は川魚料理屋で名物はなんとナマズの天ぷら。初めていただいたが、白身に脂が乗っていてぷりぷりしており、天ぷらのサクッとした食感と相成まり箸が進んだ。
 天ぷらを平らげた頃に丁度良く鰻重が登場。注文が来てからさばくため、とにかく鮮度がいい。身も萎びかず肉厚でぱんぱんに膨れている。甘すぎないタレの香ばしさが食欲を誘い、山椒をたっぷりかけていただいた。肝吸いも臭みがなくおいしい。埼玉が鰻の名所とは勉強不足でした。とてもおいしかったです。ご馳走様でした。
(文京区/H・K)
posted by 1039 at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●おいしい料理、飲み物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

ハッピーにありがとう

 主人に先立たれ、2人の子供たちも独立し、一人暮らしになった私は子育てから解放されほっと一息、自由に暮らしていましたが、体調を崩し2ヵ月の入院生活を送っていました。退院してからは気持ちも落ち込み、なかなか回復に向かわないでいました。
 お友達が心配して、知り合いが仕事が忙しくなり散歩もしてあげれなくなったので、犬の里親を探しているけど飼ってみないかと勧めてくれました。気が進まなかったのですが、一人で部屋に引きこもっている私を見て、これはいけないと思い考えてくださった心が伝わり、自分の身体も思うようにならないのにと不安をかかえながら、わんちゃんに会いに行きました。4匹いた中の白くて可愛いわんちゃんと目が合い、一緒に暮らすことになりました。
 ハッピーと名付け、しつけもきちんとされていて、とても利口な犬です。話しかけるとちゃんと通じます。私は病気をして心につまっていることをハッピーに毎日話しているうちに元気になり、ハッピーが心を癒してくれる日々です。犬を買うことを勧めてくださりありがとうございました。
(世田谷区/K・M)

102-白い犬.jpg
posted by 1039 at 10:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●我が家のペットに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

孫のやさしさにありがとう

 午前中、週3回シルバーで働いています。子供たちは「もう80過ぎたんだから、辞めた方がいいよ。怪我でもしたら大変だよ」と心配してくれますが、一日中家にいるより自分は健康のために働きます。また、シルバーからは「困るから辞めないで」と言っていただき、こんな年でも必要とされていることが嬉しくて続けています。
 先日、孫娘が泊まりに来てくれましたが、私は早朝からシルバーの日と重なったので、「せっかく来てくれたのにごめんね。朝食はテーブルの上にあります。気をつけて帰ってね」とメモを残して出かけました。
 夕方戻ると、「おばあちゃん、時々急に来ても泊めさせてくれてありがとう。いつもいろいろ考えてくれているのね。今度はゆっくり日曜日に来るからね。ご飯ご馳走するから一緒に食べよう」と孫からのメモがありました。孫の優しさが伝わり、嬉しい一日になりました。ありがとう。
(墨田区/T・T)

102-朝食.jpg

posted by 1039 at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

孫と遊んでくれてありがとう

 夏休みに小学校3年生になった孫が2泊3日で遊びに来てくれました。1日目はどこに行くかしっかりと計画を立て、会うたびに成長している孫に嬉しいやら、年とともに足を痛めている私は孫についていけるかと不安もありました。
 1日目は忍者村に出かけました。山の斜面の利用したからくり屋敷に孫が入りたいと言いますが、足の悪い私には無理そうだし、1人で入れるのも心配だしと困っていると子供連れのお母さんが来て「良ければ一緒に私が面倒見ますよ。おばあちゃんは出口で待っていてください」と丁度同じぐらいの年齢の子供たちで、すぐに仲良くなり話しをしていたのでお願いしました。孫は「おばあちゃんは足が痛いから出口で座って待っていて」と言ってくれました。
 私は出口でに行き1時間過ぎ2時間ほど待っていると、ギャアギャア騒ぎながら出てきました。お友達になったようなので冷たいものを一緒に食べてから別れました。孫も十分に楽しんだようで「おばあちゃん、忍者村は楽しかったね」と嬉しそうに言いました。
 見知らぬ人なのに家族のように親切にしてくださりありがとう。
(群馬県/K・K)

102-忍者.jpg
posted by 1039 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●見知らぬ方へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

フルートを教えてくれてありがとう

 ストレス解消になればと思い、45歳でフルートを習い始めました。当時は先生が厳しくて、習っていること事態にストレスを感じるようになり、辞めようと思っていましたが、楽しい趣味を持ちたいという願いもあったので、なんとか続けて5年になります。何曲か吹けるようになり、坂本九さんの「上を向いて歩こう」が得意な曲になりました。
 知人に頼まれ、年祝いの宴でフルートを吹かせていただきました。大変喜んでいただき、私のフルートがお役に立てたことが嬉しく、いつまでも余韻が残り、この喜びがストレス解消となりました。続けてきて本当に良かったです。
 なかなか覚えられない私に丁寧に教えてくださり、ありがとうございました。
(豊島区/N・S)

102-フルート.jpg
posted by 1039 at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先生へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

船旅をありがとう

102-飛鳥U.JPG
 「ようこそ、飛鳥Uで非日常の世界へ」そんなうたい文句で伊豆七島の1つ新島へ行った。弟夫婦に、妹、甥、姪、私の6人。
 8月初旬のこと、低気圧の通過で風雨が強く、テンダーボートで接岸は難しいとの説明があったが、午後になると天気は落ち着き行けることとなった。しかし、私は足腰が悪く歩行が困難な状態。ボートに乗るには細い階段を20数段下り、さらにその下の高い階段を3段下りなくてはならない。しかも足元は濡れていて滑りやすい。前もって下見した妹は「無理、無理」とあきらめさせようとしたが、折角ここまで来て新島へ行かれないのは残念なこと。70代後半の私には無理かなと弱気になった。しかし、ここはかつて一緒に勤務したことのある知人が図工の専科として異動した地。どんな所かとずっと思っていた。手すりにつかまりながら下り、乗船員の手助けでボートに乗れた。島に着くと案内所で大型のタクシーを用意してもらった。羽伏生浦海岸やモヤイ像を見ているうちに緑の防風林を通過。木漏れ日の中を抜けると広い海が一望できた。きれいな砂浜が続いていた。島をぐるっと回り、天然温泉の足湯に入り、足の疲れも取れ癒された。
 いろいろと聞いていた新島。2千人ほどが住んでいるという。百聞は一見に如かず。静かな島だった。知人のように、こういう島で絵筆を振るっていたら日頃のストレスも解消されると思った。
 飛鳥Uに戻り、ショーを観たり、鰻や蝦蛄を食べたり、まるで浦島太郎のようなひと時を過ごした。元気な家族のおかげで思いがけない夏休みを過ごすことができた。みんなにありがとう。
(目黒区/H・O)
posted by 1039 at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●旅先で…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

ムクゲ

101-ムクゲ.jpg

 梅雨が明け、灼熱の太陽の下に咲く『むくげ(木槿)』は、


街路樹や公園の隅に涼しげな彩りをさしてくれています。


見るからにアオイ科らしい花ですが、背の低いアオイの異名もある。


【花言葉】信念、新しい美



★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ありがとうの輪・新聞』 編集部・奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする