2016年05月30日

素直に育った長男にありがとう

 我家では時々テレビを見ながら戦争は絶対にしてはいけないこと、世界中から戦争がなくなり、平和になるようにと話しています。
 中2の長男が友達に「もし戦争が起きたらどうする?」と聞くと「起きたら、その時は行くしかないよ」との返答に長男はとてもびっくりしたそうです。「戦争は絶対にしないで。戦争はやめて」と答えてくれると思っていたそうです。戦争は絶対にしてはいけないと家族で話していたので、違う考えの友達もいるんだと思い、友達と平和について話をしたいと言います。
 自分で考えるようになった長男を頼もしく感じます。素直に育ってくれてありがとう。
(墨田区/M・U)
posted by 1039 at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

リハビリしてくれる皆さん、ありがとう

 足腰を痛めリハビリに通っている。そこは皆20代の男性や女性が介護士、インストラクターで所長さんも20代で元気よく声も大きい。
 朝8時50分に車が家までお迎えにくる。私が乗る頃には全ての利用者が乗っている。リハビリの施設につくと指導員が上着や靴を持ち、手早く所定の位置に置いてくれた。またコーヒーや緑茶などの飲み物を出してくれ、利用者同士でおしゃべりをして楽しむ。
 始めは体操。座ったままボールを使う。手足を動かす運動をする。ボールの中の空気は半分くらいで、ふにゃふにゃしていてつかみやすい。
 次はグループに分かれてパワープレートに乗る。それは筋肉を強化するもので、始めは1分でも足がフラフラする。看護師さんが「重心を足のつま先の方におきましょう」と適切なアドバイスをしてくれる。そのお陰で時間までに立つことができるようになった。
 最後にケンパーケンパーの様に四角いマスの上を歩く。これが何と脳トレになる。上手にできると大きな拍手をしてくれる。
 3時間のリハビリがアッという間に終了。指導員が若者だけにパワーをもらえる。「無理しない様に。運動は5分、6分でいいですよ」と言ってくれる。
 リハビリをしてくれる皆さんに大きな声でありがとう。
(目黒区/H・O)

099-リハビリ.jpg
posted by 1039 at 17:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

幼児たちにありがとう

 私は保育園で働いています。5時から6時にかけて仕事を終えたママたちがお迎えにきます。
 3才児まではお迎えをちゃんと待っていて、ママが来ると飛びきりの笑顔で飛んで行きます。でも、3才以上になるとママが来ても遊びに夢中で、ママたちは30分ぐらい待ちます。幼児と3才児とではこんなにも違うのかと驚かされました。パパが迎えに来ると、すぐ遊びをやめて帰ります。
 たまに7時過ぎてもお迎えが来ない時があります。心配になりますが、子供は泣かないで、結構しっかり待っています。7時30分過ぎた頃にお迎え。仕事でいろいろあったそうでママたちも大変そうです。これで全員お帰りになり、一安心です。
 園の中には、5人兄妹の末っ子で1才4ヵ月の子がいますが、この子はとてもおしゃべり上手。兄妹が多いとこんなに成長が早いものなのかと感心します。いつも中学生のお姉ちゃんがお迎えに来ます。お姉ちゃんと対等にお話しているのを見るとビックリさせられます。
 7時半過ぎ、笑ったり、けんかしたり、泣いたりとにぎやかな保育園も静まり、私たちも保育園を出ます。疲れますが可愛い幼児たちにいつも癒されています。ありがとう。
(川崎市/K・N)

099-保育園.jpg
posted by 1039 at 12:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●仕事で関わった人々へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

義兄さん、作物をありがとう

099-やさい.jpg

 退職後、義兄は近くに畑を借り、野菜作りを楽しんでおり、10年にもなるとプロのように上手になりました。
 毎年この季節になりますと、5月は新玉ねぎ、6月は3種類のジャガイモを送ってくれます。「メークイン、男爵、キタアカリ、少しずつですが送りますので召し上がって下さい」と一言添えてありました。肉じゃが、ポテトサラダなど毎日メニューを変えておいしくいただいています。
 毎月、義兄の心づくしの宅急便が届くと思うと楽しみです。梅干し、シソの実漬け、手作り味噌など、私の嫁いだ2人の娘にも「来た時に持たせて下さい」と細やかに気遣ってくれます。本当に助かります。義兄さん、いつもありがとう。
(世田谷区/H・I)
posted by 1039 at 10:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●兄弟姉妹に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

喜寿の旅行にありがとう

 風薫る季節。久しぶりに兄姉で会いたいということになり、皆の予定を合わせて、実家の近くの温泉で1泊することになりました。私と姉は兄と義兄が今年喜寿を迎えるので、内緒でお祝いしようと観光案内に問い合わせて、お祝いの出来るお宿を紹介していただき、準備していました。
 当日、皆で温泉に入り、お食事の部屋に入ると、そこはとても立派なお部屋で、床の間に大きな壺にお花が生けられ、金屏風に豪華なテーブルと椅子。お祝いをするのにぴったりな部屋でした。
 夕食が始まり、中ほどにサプライズ。「お兄さん、お義兄さん。喜寿おめでとう!」と言うと、大きな舟盛りのお刺身とケーキが出され、喜寿を祝う紫のチョッキと帽子を二人にプレゼントしました。
 お祝いは大変盛り上がり、8人で金屏風の前で紫の衣装を着て記念写真を撮りました。思いがけず喜寿のお祝いをしていただいたと義兄は嬉し涙。思わず皆ももらい泣きし、思い出深い一日となりました。
 お宿のお心遣い、ありがとうございました。
(大田区/T・K)
posted by 1039 at 10:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ももにありがとう

 子供たちも独立して、家を出ました。寂しくなった老夫婦に知人が雑種の小犬を連れてきました。ももと名付け飼い始めました。
 最初の頃はキャンキャン鳴いていましたが、段々となついてきて、今では私が夕方に帰宅するとしっぽを振って喜んで出迎えてくれます。その仕草がとても可愛く、家の前でしばらく遊んでから家に入ります。散歩に行きたい時は私の帰りを待っていて、ひもをくわえて散歩に連れて行ってほしいとせがみます。
 ある朝、散歩中に大きな犬に出くわし、怖がって震えていたので、幅の広い塀に乗せました。するとそこが大そう気に入った様子で、嬉しそうなので毎日乗せていました。今は大きくなり、さっと堀の上を走り、行き止まりの所で私を待っています。そんな私に近所の人は「お犬様だね。どっちが飼主かわからない」と笑いますが、ももが喜ぶので私は毎日、堀に乗せてやります。
 今はももが生きがいになっています。もも、家に来てくれてありがとう。
(八王子市/K・T)

098-散歩.jpg


posted by 1039 at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●我が家のペットに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

外国からのお客様にありがとう

099-甲斐駒ケ岳.jpg

 桜の綺麗な「勝沼ぶどう郷駅」近くの甲斐高尾山に登った。生憎の曇天で富士山を見ることはできなかったが、頂上から甲府盆地を眼下に眺め、甲斐の美しい山々を堪能した。
 帰りの車中、インドネシアから来日したという4人の若い女性達と話す機会があった。7日間の周遊チケットで、友達同士だけで観光に来たという。昨日は上野界隈を、今日は富士山を見る為に大月・河口湖間の富士急チケットも別途買い行ったが曇天で見れなかったと残念がっていた。質問はそこから始まった。
「なぜJRのフリーチケットを買ったのに、これが必要なのか」(私鉄です)「渋谷へはどのようにしていくのか」(宿があります)「築地の魚市場へは?」「レインボーブリッジへは?」「スカイツリーはどこ?」「スーパーマーケットは?」等々、矢継ぎ早の質問攻め。
 私もありったけの英語力を駆使して外国人向け東京地図を見ながら説明する。地下鉄を使えば便利なのだがJRチケットを持っているのでそれはできない。
 挙句は「あなたは明日、何か用事があるの?」と、暗に道案内してほしい口ぶりでもある。今日は疲れているのでやんわりそれは断ったが、元気なら「おもてなし」の一環で同行しても良いとさえ思えた。
 来日外国人が日増しに増えている昨今、簡単な英語でのごくごく普通の東京案内位なら、私にもできるかも…と大いに意を強くしたと同時に、JRも私鉄も地下鉄も含め丸ごと利用できるフリーチケットが外国人用には必要ではないのかとも…
「貴女はよく英語が分かりますね、何故なの?」「どこで習ったの、日本ではなかなか英語が通じないけれど…」と、途方に暮れている訪問客を見ながら思った次第。
(品川区/A・N)

posted by 1039 at 15:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

三社祭

098-三社祭.jpg

 江戸の町を活気づける神田祭。


 たまたま遭遇したのが神田三崎神社の神輿だ。


 5月15日の宮入で盛り上がる『三社祭』。


 氏子44カ町の町会神輿100基による渡御「宵宮」。


 特に本社神輿の「宮出し」「宮入り」は最大の見せ場です。


 期間中の見物者150万人はすごい。



★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

鯉のぼりをありがとう

098-鯉のぼり.jpg

 長男が生まれた時、初節句に田舎の実家から、大きな鯉のぼりが送られてきました。東京では見たことのない大きな鯉のぼりに義父が驚き、なんとしても鯉のぼりを上げようと大工さんに頼んで、大木を屋上に縛り、何人かに手伝ってもらい、天高く、鯉のぼりを泳がせてくれました。その義父の思いに感動しました。
 矢車が音を立てて回り、鯉のぼりは風に泳ぎ、歓声を上げ、子供の成長を願ったものでした。五月人形を飾ると、壊れるからダメですと言っても、お人形の刀や弓で、兄弟が遊んでいました。
 そんな長男も世帯を持ち独立。鯉のぼりは、小学校に寄贈し、今は学校のグランドで子供たちを見ながら泳いでいます。
 思い出の鯉のぼり、ありがとう。
(墨田区/S・Y)

posted by 1039 at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

農家に嫁いでくれてありがとう

 ゴールデンウィークに入ると、我が家では、嫁いだ娘夫婦、中学生になった孫、家族全員で田植えの準備が始まります。苗に水をやる人、あぜの草刈り、田んぼに水をはる人、耕す人、それぞれ分担を決めて、とりかかります。今年は、母が90才になり、田んぼに出なくなりました。
 農家を知らないお嫁さんと同居した時はどうなるのか心配しましたが、15年が経ち、今では農家にも慣れ、一人前いやそれ以上、我が家の一番頼りになる働き者です。早朝から、野菜を道の駅へ納めに行き、家事に4人の子育て、農作業、本当に助かっています。
 ありがとう。
(長野県/T・U)

posted by 1039 at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする