2015年11月27日

パンフレットをありがとう

093-正倉院展.jpg
 秋に奈良国立博物館で正倉院展が催された。K先生が立派なパンフレットを幸せのひとときのお裾分けにということで、私に送ってきてくださった。一度は行ってみたいと常々思っていたので、喜んでページをめくっていった。
 出品目録を見ると六十三点ある。宝物の作られた時代は大半が八世紀。調度品、楽器、武具、文房具、仏具、文書、その他、多岐にわたる。
 私の目を引いたのは、八花形の螺鈿鏡。外側に小さな花の模様が八箇。内側に大きなものが四箇。赤や緑、黄土色の彩色が豪華で美しい。
 次に、四弦四柱の琵琶があった。長梨形の胴、曲がった頸が特徴。パンフレットの表紙もこの模様で、チケットもこの琵琶が示されている。先生はチケットも一緒に送ってくれた。とても素敵で、栞にして使いたいと思う。
 さらにページをめくっていると、とてもきれいな一尺の染め象牙のものさしがあった。象牙の表面を色染めしている。番いのオシドリやリボンをくわえた含綬鳥といった、縁起のよい鳥をモチーフにしている。こんな素敵なものさしを間近に見られたらいいなあと、正倉院に思いを馳せながら見入ってしまった。
 私は、TVのなんでも鑑定団が好きだ。正倉院の宝物は、値のつけようもない。パンフレットを見ながら、至福の時を過ごさせてくれたK先生、ありがとうございました。
(目黒区/H・O)

posted by 1039 at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●素敵な贈り物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

自転車を直してくれてありがとう

 遠くのスーパーまで自転車で買物に出かけようと思い、自転車のスタンドを蹴ったが、なかなかロックが外れません。何度か蹴っているとちょっとした弾みなのか、うまく外れたので、大丈夫かなと思い、出かけました
 スーパーで買物を済ませ自転車に乗ろうとスタンドを蹴って外そうとしましたが、何回蹴っても外すことが出来ず困っていました。すると通りかかったおじさんが見てくださり、いろいろとやってくださいました。
 しかし、なかなか外れないので、おじさんは近くにいた若者に「ちょっと若いの、手を貸してくれ。」と声をかけてくれました。
 若者の手を借り、2人がかりで外そうとしてくれましたが、固くなったロックはまだ外れず、今度はスーパーの警備員さんが工具を持って駆け付けてくださり、3人でがかりで直してくださいました。
 お陰様で無事に家に帰ることができました。本当に助かりました。ご親切にありがとうございました。
(北区/S・S)
posted by 1039 at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

働く場所をありがとう

 介護施設で働かせていただいて1年が経ち、同僚は時間給が10円上がりました。しかし私だけが5円の昇給。
 なぜか聞いてみると、休み時間に足を組んでいた態度がよくなかったそうです。何かお役に立ちたいと思い、退職後働かせていただいたのにと反省しました。
 ある方が、動けなくてお布団の上で書き物をしていたので、廃材を利用してテーブルを作ってあげると、大変喜ばれました。今は、施設の皆さんに喜んでいただくことが生きがいです。
 働く場所をありがとう。
(江東区/I・G)
posted by 1039 at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●仕事で関わった人々へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

周りの皆さま、ありがとう

 父母は床屋をやっていました。父が亡くなり母も体を壊し介護が必要になったので、私は会社を辞めて、母の介護をして10年になります。
 少しでも快適に暮らせるよう、部屋を1階に移し、車いすで外に出られるようバリアフリーにしました。
 母は日に日に弱っていきますが、元気な時は、父と床屋をして一生懸命働いた頃の話を繰り返し繰り返ししてくれます。
 今は、デイサービスにもお世話になっていますが、若い世代の男性が母の車いすを押して面倒を見てくださいます。近所の人たちも心配して、母を見に来てくれます。
 皆さんに支えていただき、母との二人暮らしが出来ています。
 周りの皆さま、ありがとう。
(調布市/H・D)

093-床屋.jpg
posted by 1039 at 14:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●みんなに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

『ありがとうの輪」新聞にありがとう

092-30%.jpg
 我が家に知人から、「ありがとうの輪」新聞が届くようになって、2年余りになります。毎回家族で楽しみに待っています。
 各地の様子、各家族の在り方、友人への感謝、身近な人への思いやり等々、読みながら時には笑い、時には涙し、時には「そうそう」「あるある」と共感し、楽しく読ませていただいています。読み終わると温かい心になりました。
 毎月ありがとうございます。
(墨田区/H・N)
posted by 1039 at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ぎんなんよ、ありがとう

 近所を散歩していると晩秋から初冬への移り変わりを花や木が教えてくれます。あるお宅の垣根越しからは、薄紫の野菊や紅色の山茶花が咲き乱れ、熟れた柿がたわわに実っています。
 そして、いつものコースを行くと神社があり、鳥居をくぐると、本殿の脇に立つ大きなイチョウの木の葉が、今では緑からすっかり変身して金色に輝いています。
 金色の絨毯をサクサクと踏みしめ、拝殿に向かうと、サクサクの他にプチプチと潰れた音とともに、ぎんなんの実の特有の匂いが鼻を突きます。
 昨夜の強風で、沢山の実が散ったようですが、昨今は拾う人はいないのだろうか。腰の痛みがなければもちかえりたいのだが…。
 僕が子供のころには、夜半に強風が吹いた翌日は、早くから拾いに出た人たちを見かけたものです。僕もその日、兄と二人で拾いに行き沢山の実を拾って持ち帰ると、母は悦びながら、果肉をつけた臭い実を土に埋めろと言うのです。
 今では、こんな方法は採りませんが当時は数日間、土に埋めて、果肉や匂いの分解を待つ方法もあったのです。
 言われるままに、井戸端の狭い空き地を掘って埋めたまでは良かったのですが…。
 やがて翌年の春先になった頃のことでした。その空き地のあちこちから新芽が出てきたのです。
 皆に聞いても何の芽か分からないと言うので、取りあえず、一本を掘り出してみると若い根毛に割れた、ぎんなんの殻が付いていたのです。
 何のことはない家族のみなが、ぎんなんを埋めたことなど、すっかり忘れていたのです。振り返ると、貧しかったが、皆が元気で希望に燃えていた一番良い時期だったのかも知れません。
 落ち葉を踏みしめながら、そんな遠い日のことを思い出させてくれたぎんなんよ、ありがとう。
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●うつくしい草花に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

クラス会にありがとう

 還暦を機に、中学校のクラス会を45年ぶりに再開し、今年で5年になります。先日、幹事の方から是非とのお誘いがあり、2年ぶりに出席しました。
 今回は思いがけずクラス1の問題児だったM君が出席してくれました。皆はM君が今どうなっているのか興味津々でしたが、落ち着いた老紳士になっているのにはビックリしました。
 中学時代を思い出し、思い出話をしていると皆苦笑い。でもこうして再開できたことが嬉しかったです。
 話題は足腰の衰えの心配と孫の話で盛り上がり、皆良きおじいちゃん、おばあちゃんになっていました。
 3時間あまりの時間でしたが、50年前の自分に振り返れたり、今の健康に感謝できたり、幸せな一日でした。
(品川区/Y・H)

093-クラス会.jpg
posted by 1039 at 10:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

同居をしてくれてありがとう

093-日光東照宮.jpg
 長女は小学6年生になり、修学旅行で日光へ行けることが嬉しくて、3千円のおこづかいをどう使おうか、何しようかと毎日考えています。
 学校からいただいてきたカタログを持って、おじいちゃんとおばあちゃんに何がいいのか聞いています。孫のおこづかいを考えると、とても言えないようです。
 カタログを見ながら「特別ないなぁ。おみやげ、心配しなくていいよ。いっぱい楽しんでおいで。」と、そっと私に見えない様に、おこづかいをあげています。ニコッと笑っていただいている娘、なんだかとても微笑ましい光景で、同居してよかったなぁと思いました。
 いつもありがとう。
(大田区/J・M)
posted by 1039 at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

干し柿など

092-干し柿など.jpg

 ダンボール一杯の渋柿をいただいた。


 焼酎漬けや干し柿にすると甘さは100倍になる。


 青いトマトも吊しておくと熟して赤くなる。


 通る人は不思議そうに、青い実は何ですか?…と。


★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする