2015年10月29日

心にかけてくれてありがとう

 我が家にもオレオレ詐欺の電話がかかってきました。「お母さん、相談したいことがあるから明日いる?」「お母さんはいいけど、お父さんの都合を聞いて夜に電話する」と言って切った。
 ここ何年も息子と電話で話したことがなく、いつも用事のある時はお嫁さんと話をしているので、息子だと思い込み疑わなかった。
 夜、息子に電話すると「そんな電話してないよ。お母さん、気をつけて。だまされないで。」と、老いていく親を心配してくれたり、お説教にも聞こえたり、久しぶりに息子と長電話をしました。息子も2児の父親、立派になったなあと安堵しました。
 心にかけてくれて、ありがとう。
(台東区/T・N)

posted by 1039 at 11:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

新米をありがとう

 主人の里から新米30sが送られてきました。主人の兄も兄嫁もいなくなり、甥っ子も60才を過ぎて、農業も続けていくのが大変だと言います。
 毎年、秋の収穫が終わると一番に送ってきます。新米のかおりがいなかを感じさせます。義母の煮物が懐かしく、さっそく里芋、新ごぼうとレンコンを煮て、新米といただきました。今は昔と違い、食べ物も豊富で、すべてのものが揃う時代ですが、新米は格別です。
 今年も新米をいただき、元気になりました。ありがとう。
(横浜市/E・T)
092-新米.jpg

posted by 1039 at 14:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

山歩きのガイドにありがとう

092-レンゲシュウマ.jpg
 時々出かける山歩きの若いガイドさんは、シニア向きにも色々楽しい山歩きを提供してくれている。現地集合現地解散でリフレッシュの一時である。
 先月などは御岳山へレンゲショウマの群生と海沢三滝巡りのビスターリ(ゆっくり歩く)というコース。何と約8時間も歩いたが、運動不足になりがちなわが身には有難い一日であった。
 時には登山口の直ぐ近くまでレンタカーで乗り付け4時間ほど歩き、帰りは素敵な喫茶店でお茶をしたり、日帰り温泉で汗を流すこともある。
 参加者はシニアの女性が多い。中には百名山を踏破したベテラン元山ガールもいて、有名な山の名前が話しの中に次々と出てくるのも楽しい。楽しい時間をありがとう。
(品川区/A・N)

posted by 1039 at 10:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

おばあちゃん、ありがとう

089-柴田先生著書.jpg
 94歳の義母を介護して8年になります。義母とは嫁いでからいろいろありましたが、おばあちゃんは娘をとてもかわいがってくれました。娘もおばあちゃんが大好きです。
 病院へは入れたくないと娘が「仕事から帰ったら私がおばあちゃんの部屋で一緒に寝て、夜は看てるから、日中はお母さんが看てあげて。」と言ってくれて、2人で介護を乗り越えてきましたが、目標が見えなくなり、恐怖感が高まっていきました。
 こんな状態の時に看取り士の柴田先生の本をいただき、家で看取ることを学び、目の前が明るくなり、安心して義母にやさしくなれました。
 お彼岸中に主人と娘が仕事から帰った夜、家族に見守られながら義母は眠るように旅立ちました。おばあちゃん、ありがとうございました。
(大田区/Y・S)

2015年10月16日

日本酒よ、ありがとう

 公園を散策していると、先程まで穏やかだった空模様が怪しくなってきました。冷たい風が吹き出すと、地表を桜やプラタナスの枯れ葉が転げ回っています。
 悪寒を覚えたので早めに帰ろうと思ったのですが、こんな時節には、日本酒が一番美味いのが分かっているので、帰路を横道にそれて駅裏の小料理屋へと入りました。
 若い頃は日本酒党で、季節を問わず日本酒を嗜んでいました。ところが、ある年の検診で、高血糖を指摘され禁酒宣告を受けたのです。
 しかし、飲酒という唯一の生きがいをおいそれとは止められず、糖尿の権威に泣きすがると、焼酎ならそれほど血糖値は上がらないとのご託宣。それ以来、日本酒からは遠ざかっていたのですが、この日たまには飲んでも罰は当たるまいと暖簾をくぐったのです。
 もう長い間飲み屋に立ち寄ったこともなく、この店も初めてでした。本当はほんの少しだけで帰るつもりでした。ところが、如才のない女将のオモテナシと美味い肴、そして酔い心地の良い日本酒とくれば、ちっとやそっとで帰られりょうかと相成り、揚げ句したたかに酔ってのご帰還となった次第。
 そして、目が覚めたら激しい頭痛と吐き気に襲われる始末、夕方まで酔いが抜けることはなかった。日本酒は旨いが、酔い心地が余りにも長続きするのが問題である。
 何!それは、飲む人間に問題があるだと、てやんでぇ、とこ姐ちゃん酒、持って来い!うぃー。
 お酒よご免、そして、ありがとう。
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 16:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●おいしい料理、飲み物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

主人を助けてくれてありがとう

 会社の帰り道で「お腹が痛いからトイレを済ませてから帰る。」と主人から電話があったきり、なかなか帰ってこないので心配していると、救急隊から電話がありました。「駅で倒れ病院にいます。すぐ来て下さい。」と言うのです。娘に電話して、タクシーで病院に向かいました。腸閉塞でお腹が破裂すると終わりです。緊急を要していました。
 次の日、検査なしで即手術。人工肛門をつけるようになり、退院後、本人はすごく落ち込み、家族も大変でしたが、回復も順調で、2ヶ月で人工肛門をはずす手術が行われ、もう嬉しくて嬉しくて。
 親切な人に見つけていただき、腕のいいお医者さんに出会い、周りの人に助けていただき、お陰様で元気になりました。ありがとうございました。
(さいたま市/K・T)

posted by 1039 at 12:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●見知らぬ方へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

大村智さん、ありがとう

 大村智さんがノーベル賞を受賞された。生理学・医学賞で受賞理由は、「寄生虫病の新たな治療に関する発見」。
大村さんは、子供の頃から「人の役に立つ人になりなさい。」と常々祖母から言われていたという。
 土の中の細菌から薬になるものを発見した。この抗寄生虫薬は失明などを引き起こす熱帯病の特効薬で、アフリカの人々の命を救い、今回のノーベル賞受賞の栄誉に輝いた。
 その薬の特許料は200億円以上あり、故郷の山梨に美術館や温泉施設を作り寄贈した。自分は今後食べていけるだけあればよいということだった。
 県内はもとより、県外からもお客が押し寄せ、山梨は受賞後どこもにぎわっている。まさに祖母が言っていた、人の役に立つ人になりなさいが、大きく花開き、実現した。
 また、ストックホルムでノーベル賞を受ける賞金は、若い人の科学に対する勉強に役立たせるために寄付したいという。素晴らしいことだと思う。若い人たちの科学離れがいわれて久しい昨今。大いに刺激され、夢を持って取り組む若人が増えることと思う。
 大村さん、多くの人々に夢や希望を持たせてくれて、ありがとう。
(目黒区/H・A)
posted by 1039 at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●感動を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

4人の子共にありがとう

 共稼ぎをしている私は子供と遊ぶ時間がなかなかありません。家では家事に追われ、これではいけないと思い、少しの時間を見つけて近所の八幡様のお祭りに、4人の子供を連れて行きました。
 2人のお姉ちゃんは屋台のお店回り、2人の男子は神輿を見て興奮状態。事の他喜び、神輿に合わせて身体を振り、大きくなったら神輿を担ぎたいと言って、神輿の後について歩きました。
 少しの時間でも子供たちはママと一緒にお祭りに行けたと大はしゃぎ。子供たちの笑顔で私も笑顔になりました。子供たちにありがとう。
(川崎市/R・K)
posted by 1039 at 10:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

明るい息子とお嫁さんにありがとう

 息子とお嫁さんが「クライミングで優勝したよ。」と喜んで賞状を見せてくれました。お休みになってもクライミングばかりしていて、実家に顔を出さない息子夫婦を日頃不満に思っていたので、素直に喜べませんでした。
「日本間に飾っていい?」と言う息子に「マンションに飾る所はないの?趣味に力が入りすぎていない?」とちょっと嫌味を言ってしまいました。
 でも、明るい性格の二人は「お父さん、お母さんにも喜んでもらいたかったんだよ、優勝だよ、丈夫に生んでもらったからね。」と、私の嫌味を笑顔で聞き流してくれました。
 床の間の一番目立つ所に飾り、頑張ったことを褒めてあげました。明るく優しく育ってくれてありがとう。
(東京都/Y・S)

092-クライミング.jpg
posted by 1039 at 11:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

嬉しい言葉をありがとう

092-湘南新宿ライン.jpg
 都内のある駅から午後電車に乗りました。私の乗っている所から少し離れた所で、白い杖を持った60代の男性が「この電車は、湘南電車でよろしいでしょうか?」と何度も聞き返していますが、若い人はスマホに夢中で、答える人はいませんでした。
 私は男性のそばに行って「この電車は、湘南電車の高崎行きですよ。ご安心下さい。」と話しました。ホッとした様子でした。「この電車は北本駅に止まりますか?」「これから一時間程乗った所が北本駅です。」と答え、新宿駅で席が空いたので座っていただきました。
 自分は昭和二十一年生まれで、生まれながらに目が不自由だったこと、盲学校を卒業したこと等を話され、カバンの中から名刺を一枚出して私に下さいました。鍼灸マッサージ治療院の院長さんでした。今からお客さんの所に伺うそうで「今日はとても嬉しい日になりました。とても良い日です。」と何度も繰り返し言ってくれました。
 私も嬉しい一日になりました。ありがとう。
(品川区/H・M)
posted by 1039 at 16:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする