2014年12月25日

ハトさん、ありがとう

 寒い冬の日曜日の朝、我家の庭にハトが2羽仲良く歩き回っていました。食べ物を探しに庭に入ってきたのでしょう。
 夫婦のハトは時々私道の端っ子を歩いています。私たちはハトの邪魔にならないように静かに通りすぎるよう心掛けています。
 毎日見ていると可愛くなり、朝早く出かける時は、ハトが困らないようにパンをちぎって庭に撒いてから出かけるようにしています。可愛いハトさん、庭に来てくれてありがとう。
(相模原市/M・H)
posted by 1039 at 15:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然の生き物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

皇帝ダリアにありがとう

 寒さが厳しくなってきましたが、今どこの家でも皇帝ダリアが満開です。大きくなったダリアは2回のベランダに届くほどです。3m以上の高さにピンクの花を咲かせて、北風に揺られています。
 この珍しい皇帝ダリアは、農家の広い庭に一軒おきくらいに植えてあります。大きくても花はやさしく、一重のダリアは見上げなければ通りすぎてしまいます。会社に遅れないように急いで下を向いて歩いている私はいつも見過ごしてしまいます。今日から少しゆとりを持って通勤しようと思いました。
 寒い中、つぼみをたくさんつけて、やさしく揺れている皇帝ダリアにありがとう。
(熊谷市/Y・T)
posted by 1039 at 15:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●うつくしい草花に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

植えてくれた先代たちにありがとう

 私の毎日の散歩道には農家がぽつんぽつんとあります。広い庭にはゆずや柿が鈴なりに生っています。何代も前の人たちが食べ物に困らないようにと植えたのですが、一人暮らしが多く手入れができていないそうです。
 今は食べ物が豊富な時代で柿など取って食べる人はいません。生りっぱなしの柿は、鳥たちがエサが少ない時期になると、柔らかくなった順番にご馳走にありついています。
 ゆずなども2〜3ヶ月取って使うそうですが、後は春まで木の上です。春にゆずの白い花が咲き始めると、実は落ちてしまいます。
 先代たちが食べ物に困らないよう植えた梅、ゆず、柿、イチジクたちはこの先お役に立つ時代が来るのでしょうか。役に立ち助かった時を忘れず、先代たちに感謝です。ありがとう。
(つくば市/T・K)
posted by 1039 at 10:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●ご先祖様に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

高校生に素敵な体験をありがとう

 田部井淳子さんの講演を聞く機会がありました。田部井さんは、世界最高峰エベレスト8848mに女性として、世界初の登頂を果たした方です。七大陸最高峰登頂者にもなりました。75才の今も現役で山登りを続けています。
 講演の中で一番心に残ったことは、地元の埼玉県の高校生に、富士登山の経験をさせるための活動を進めていることです。一度も登山の経験を持たない高校生を富士山の頂きに立たせることを計画しました。綿密な計画の元、ボランティアの方々の助けを借りながら、80名の高校生を全員登頂させました。無理無理と言って歩みを進められない生徒を相手に歩かせるのは大変な苦労です。この様子はNHKでも放映されたので、視聴された方もたくさんいると思います。
 私も数年前に登ったことはありますが、朝の3時すぎ頃から歩き始め、八合目付近ではハァーハァーして苦しかったことを思い出します。登りはまだ良いものの下りは大変です。須走りといって石灰岩の砂のような所を下ります。もう足はガクガクです。
 高校生たちが、その後の人生で「自分でもできる」という貴重な体験ができたことは素晴らしいことです。雲海から出るご来光を眺めなられたことは、一生の宝物になると思います。
 田部井さん、高校生に普段出来ない体験をさせてあげたこと、ありがとうございました。
(目黒区/H・O)

posted by 1039 at 11:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●スポーツに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

お節料理を、ありがとう

 新年を迎えるまでに、まだ2ヶ月もあると言うのに、十一月早々から世間は何やら慌ただしくなる。年賀ハガキの発売や、クリスマスケーキ、お節料理の予約受け付けを始めました、だのと商魂と結託したメディアが一斉に煽り立てる。そんな中に「犬のおせち重セット」新発売と言うのがありました。これには驚くとともに「なんだかなぁ」と言うのが実感です。
 お節料理について、とある調査会社の報告によると手作り派は一割にも満たないとのことですが、それでもお正月にはお節が食べたいとの声が多く、造らずに取り寄せたりスーパーやコンビニで買い求める傾向にあるとのこと。いい時代になりました。ぼくが過ごした戦後間もない頃は、コンビニもスーパーも無く、取り寄せるなどは論外です。
 師走に入ると主婦たちは何軒もの商店へ買い出しに走ります。食材も調味料も不足していましたが、それでも主婦のみなさんは割烹着姿で、腕に依りをかけてお節造りに精を出していました。
 ──そして、新年を迎えた卓袱台の上には所狭しと御馳走が並び、どれもみな美味く舌鼓を打ちました。そして昨今になり、美味い店があるからと誘われて評判の店に行きますが、あの当時に食べたお節料理の感動はありません。
 お節料理には、各家庭それぞれの味があり、それが、おふくろの味となって伝承されてきたのでしょうが、これからは各コンビニやスーパーの味が、おふくろの味に代わってしまうのでしょうか。
 あの日、あの時に食べたお節料理よ、ありがとう。
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 16:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●おいしい料理、飲み物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

花畑大鷲神社

081−花畑大鷲神社.jpg

 見合い件数2千組の実績を持つプロの仲人さんから、


酉の市の発祥地という足立区花畑の『花畑大鷲神社』(主祭神:日本武尊)を教えていただいた。


平安時代後期の武将源義光が後三年の役のおり当地で見た鷲のおかげで戦勝した…と。


二の酉の日の光景です。


★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする