2014年08月28日

接骨院の先生にありがとう

 70歳を過ぎ長いこと勤めていた会社を退職しました。ほっとしたのか疲れが出たのか、ぎっくり腰になり痛くて動けず、やっとの思いで上手だと評判の接骨院に1ヶ月毎日通いました。
 お陰さまで治療費も1割負担、バス代はシルバーパス、毎朝ありがたいありがたいと感謝して通い続け、今では痛みもなく元気に毎日おしゃべりしながらお友達と1時間歩いています。
 接骨院の先生、親切に丁寧に治してくださり、ありがとうございました。
(練馬区/T・S)
posted by 1039 at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先生へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

ご来場いただきありがとう

 8月24日、浜松町で開催された「終活フェスタ2014in東京」に参加させていただきました。私は脳年齢を測定できるソフト『ブレインタッチ』体験コーナーを担当させていただきました。
 マウスで操作する簡単なゲームで、実年齢よりも若い年齢に喜ぶ方、逆に高く測定が出て驚かれる方、皆様測定結果に一喜一憂され、大変楽しんでいただけたかと思います。
 多くの方に体験していただき、認知症予防に役立てて頂けたら幸いです。 ご来場の皆様、誠にありがとうございました。
(潟zロニックス総研/追川友宏)
posted by 1039 at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●みんなに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

孫たちにありがとう

 八月は長女の孫2人が夏休みで遊びに来ました。朝から晩までにぎやかな声が響き、1週間もすると嬉しいばかりではなく段々とくたびれてきて、思わず8歳になるお姉ちゃんに5歳の弟のことを「言うこと聞かなくて困るね。」とこぼしてしまいました。
 するとお姉ちゃんは「ババ、宏ちゃんもやさしいところがあるんだよ。この間もママのお手伝いをしてママが喜んだんだよ。」と弟の良いところをたくさん私に話してくれました。
 私は嬉しくなると同時に優しく育った孫たちに、弟思いのお姉ちゃんにありがとうと思いました。
(太田市/S・K)
posted by 1039 at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

母の提案にありがとう

 母の提案で急遽お盆休みに温泉旅行に行って来ました。
 1週間前だったので宿を取るのは無理かと思ったが、問い合わせてみるとOKだった。母が言うにはどうぜキャンセル待ちが出るので1週間前ぐらいに問い合わせるとすんなり取れるらしい。ある宿泊客に聞いていみると3ヶ月も4ヶ月も前から予約してようやく部屋が取れたということだった。
 当日は生憎の曇り空だったが行楽には調度良い気候だった。12時前に現地で有名なうなぎ屋さんに行ってみるとすでに行列が出来ていた。順番が回ってくるのに30分ほどかかったが、待った甲斐のある肉厚で脂の乗ったおいしいうなぎだった。
 その後、宿に着き楽しみにしていた久しぶりの温泉に入った。日頃の疲れが癒され、たまには温泉もいいもんだと改めて実感した。
 夕食はバイキング。取り皿が珍しく四角で溝がついており9種類の料理の味が混ざらないように分けて入れられる。自宅にもこんなお皿があったらいいなと思いながら眺めていた。
 母の思いつきであったが、お盆休みらしい休日を過ごせました。お母さん、ありがとう。
(八王子市/T・K)
posted by 1039 at 11:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

従兄弟にありがとう

 お盆に母の実家である茨城に行ってきました。ミンミンと蝉が鳴きサルスベリの紅い花が咲く暑い日で、長男夫婦とお墓参りに行くのが目的でした。
 何年か前までは雑木林に囲まれ森の中にあった墓地も、今は傍まで住宅が建ち並び昔の面影はありませんが、いつもと変わらず祖父母の想い出話をしにお参りをします。
 実家に戻ると従兄弟が畑から飛び出してきて「好きなだけ持っていけ。」とナス、トマト、キュウリ、トウモロコシ、モロヘイヤなどを取って来てくれます。毎年変わらず帰りに持ちきれないほどの心遣いに感謝です。ありがとう。
(横浜市/M・G)

2014年08月14日

M子さんにありがとう

 伊豆に旅行に行った際に西伊豆の戸田へ行こうということになりました。そこは私の子どもの頃の疎開先で、2年足らずでしたが小学生の頃を過ごした場所でした。
 母親の実家でどこも食糧難でしたがミカンはたくさんありました。今のように甘くはありませんでしたがご馳走でした。
 学校の庭にはチータラダという遊具があり、ギッコンバッタンの手だけで遊ぶもの。高く飛ぶと空に吸い込まれそうになるくらい気持ちよく、毎日毎日それで遊んでいました。
 今は伯父も伯母も従兄弟も他界しましたが、従兄弟の嫁のM子さんが家を守っています。80歳を過ぎても畑仕事をしたり、趣味の押花をしたりして元気に過ごしています。
 ホテルから電話すると「家に来て。」と言ってくれましたが、お墓参りしてこれから東京に帰ると言うと、息子さんの車で嫁のS子さんも一緒にわざわざ戸田港まで見送りに来てくれました。何と大きなジャガイモとカボチャのお土産を持って。家に帰り蒸かしてみるとカボチャは栗のようにホッコリして、ジャガイモはチンして塩を振るだけでおいしくいただけました。
 毎年必ずミカンを送ってくれるM子さんに思いがけず数年ぶりに会えて嬉しかったです。まだまだお元気でいてね。お陰で良いお盆休みになりました。ありがとうございました。
(目黒区/H・O)

2014年08月12日

楽しい休日をありがとう

 先日やっと主人とお休みがあい二人で出かけました。どこへ行くかは主人に任せ、主人について行くと小高い山を登り始めました。私は思わず心の中で「えー、こんなに暑いのに山!?」とがっかりしながら主人の後をついて行きました。
 楽しみにしていた休日なのに汗をかきかき歩いていました。時より後ろを振り返る主人の顔は子どものようにはしゃいで嬉しそうな笑顔でした。その笑顔を見た途端に嬉しい気持ちになり、今日はこれで良かったんだと思えました。主人の喜ぶことを共に喜べた一日に感謝です。
(足立区/H・Y)
posted by 1039 at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

蝉たちよ、ありがとう

 家を出て、駅へ向かう途中に等々力渓谷があります。渓谷に架かる橋の欄干から下を見ると、うっそうと茂った樹林の間を小さな川が流れていますが、盛夏になると川のせせらぎの音を遮るように、樹林からはアブラゼミの大合唱が始まります。
 そしてそれから数日後には、ミンミンゼミやツクツクボウシに受け継がれていくのですが、この頃になると暑さの残る日中と違い、朝な夕なに、ひんやりとした風が吹くようになりました。
 渓谷の樹林からは、秋を告げるかのようにヒグラシがカナカナ、カナカナと鳴き出しました。
 この鳴き声を聞くと、何故か小学校時代を思い出すのです。夏休みの宿題そっちのけで昆虫採集や、チャンバラごっこに明け暮れての帰り道、鎮守の森の梢からカナカナとヒグラシが鳴くようになると、あーそろそろ夏も終わりだ、早く宿題を済まさねばと子供心に焦ったものです。
 ――が、計画性などまるでなく二学期の始業式寸前に、慌てふためいてのでっち上げ、登校後、教師からの大目玉となった次第。
 そんな、苦く懐かしい思い出をくれたセミたちが去り、これからは、コウロギやスズムシ、マツムシなどの秋の虫たちが心地よい調べを奏でてくれることでしょう。
 蝉たちよ、ありがとう。
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 12:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然の生き物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

マネージャーにありがとう

 ダンスを教えています。発表会の曲を選ぶのにマネージャーと意見が合わず、何かと私に反発をしますが彼に合わせました。
 本番、曲を聴いた生徒さんは「長すぎて見ている人が飽きてしまいます。」と納得せず、慌ててテープをカットしてなんとか切り抜けました。
 終了後、打ち上げに行くことになっていましたが、すごく疲れていたので「私は疲れたので皆さんで楽しんでくださいね。」と先に帰りました。
 打ち上げ後、生徒さんから「先生はあんなに大変だったのにマネージャーを責めることなく、先生の笑顔で私たちも楽しく踊ることができました。」とお礼の電話をいただきました。
 この出来事があってからマネージャーさんは変わり、今は良い関係になりました。
 相手を認め受け入れることの大切さを実感した嬉しい発表会でした。
 マネージャーさんありがとう。
(品川区/K・N)
posted by 1039 at 13:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

お誘いをありがとう

 先日、二十歳の時に2年半勤めた会社の先輩から手紙が届きました。丸の内のOLに憧れ勤めた会社のシニア会(60歳以上の人)をすることになったのでいらっしゃいませんかとのお誘いでした。50数年前のほんの2〜3年しかいなかった私を思い出してくださったことがとても嬉しく、すぐに連絡を取りました。
 先輩は病気をし、今は社交ダンスに出会い、体調が少しずつ良くなっているとのお話を聞かせてもらいました。
 残念ながらその日は都合により行くことができませんでしたが、一時でも自分が輝いていた日々を思い出しました。ありがとう。
(板橋区/E・M)
posted by 1039 at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする