2014年06月27日

甥と義妹にありがとう

 もう年だからとあきらめかけていた入院を決心した。腰から足にかけて、痛みとしびれがあり、一日としてすっきりすることはなかった。目黒から遠く離れた埼玉の病院へ。看護師から、「東京には、大病院がたくさんあるのになんで?」と言われた。実は、甥が、私の症状を聞いて、インターネットでいろいろ調べてくれた。患者が医者を選ぶ時代になったと実感した。当日、甥は、会社を休んで運転を引き受けてくれ、入院できた。
 入院前には、自宅の風呂やシンクの掃除をしたり、細々とした品物の準備をした。それでも病院に来ると、足りないものがいくつかあった。テレビのイヤホン、ペットボトルのお茶、薬を飲む水など。これは、みんな、売店で義妹が用意してきてくれた。備え付けの、病院の引き出しも、使いやす様に、品物を整理して入れてくれた。
 二週間弱の、入院、手術で思ったより早く自宅に帰ることができた。まだ痛みは残るが、少しずつ癒えてくると思う。リハビリをして、焦らず、身体と相談しながら、外出もできる様にしたいと思う。
 遠い病院にもかかわらず、甥と義妹は、何度も来てくれ、勇気づけてくれた。そんな二人に、ありがとう。
(目黒区/H・O)
posted by 1039 at 13:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

おばさんへありがとう

 電話がなり、「もしもし。」と聞きなれない声。「どなたですか?」「倒れて、病院にいます。来て。」すぐに飛んでいきますと、おばさん(主人の母の妹)でした。
 おばさんは、独身で自由に生きてこられ、義母が亡くなり二十年、何の付き合いもありませんでした。主人は、「看なくていいから。かまうな。」と言いますが、看病する人もいないようで、困っている様子に、私しかいないと思い、面会時間に尋ねると、「人生つまんない。」とか文句と愚痴ばかり。日々ありがたく感謝で生きてほしいと願い、会う都度、ありがたい話をしました。
 三年もたった頃、おばさんも、「看護師さんが親切にして下さったよ。」と、感謝の言葉が出てくるようになりました。「おばさん、聞こえる?ありがたいね。皆さんに親切にしていただき。」「ありがとう。」おばさんの顔は優しく穏やかです。
 今まで、主人と二人で出かける機会がなかったのですが、おばさんのお陰で、病院へのお見舞いの帰り、二人でゆっくり食事を楽しむ時間をいただき、ありがとう。
(調布市/R・W)

2014年06月19日

ラジオよ、ありがとう

 昨夕から降り出した雨が、夜半になると激しくなり、たたきつけるような雨音に目が覚めてしまいました。
 熟睡中に起こされると、寝つかれなくなる質なので、無理に寝るのはあきらめて、枕元の携帯ラジオをつけました。すぐに懐かしいメロディが流れてきました。NHKの「ラジオ深夜便」です。やがて曲が終わると、NHKのOBの方による優しい語りかけに癒されて、まどろみから夢の世界へと誘われていきました。
 僕が小学生の頃は、まだテレビが普及しておらず、ラジオが娯楽や情報番組を担っていました。わが家のラジオは、真空管式の大きな箱型で、みなが集まる居間の茶箪笥の上に鎮座していました。その頃の放送で印象に残っているのは…。子供向けの連続ドラマや大相撲中継、そして落語や浪曲などでしょうか。
 やがてテレビの出現で、ラジオは、媒体の座を奪われましたが、昨今では見直されているようです。大震災時の速やかで詳細な情報はもとより、混乱時に持ち運びが出来ることは助かります。ラジオへの見直しは、どうやらそればかりではなく、最近のテレビは、バカ騒ぎがすぎて、唯の騒々しい箱になってしまったのもラジオを見直す要因かもしれません。
 ―――うつらうつらしていると、カラスの鳴き声で起こされました。裏庭に面したカーテンを開けると夜半の風雨はどこえやら、初夏の眩しい陽射しが木々に注ぎ、アジサイは生き生きと咲き、先日まで甘い香りを漂わせていたくちなしの花は、使命を終えて、茶色にひからびて散っていました。
 やがて枕元から、ラジオ体操のメロディが聞こえてきました。「さぁ今日も始まるぞ」と、身を引き締めるひとときです。
 ラジオとの関わりは、半世紀になります。散歩の時も入院中にも側にいてくれた、僕の強い味方ラジオよ、ありがとう。  
(世田谷区/H・A.)
posted by 1039 at 13:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

父の日をありがとう

 最近、年を重ねるごとに、物をいただくことが少なくなってきた。働き盛りの時は、何かと人に贈り、またいただくことが多かった自分にとって、寂しい限りである。
 しかし、子供達が社会人になり、毎年、父の日にプレゼントが届くようになった。自分の誕生日と父の日は近く、子供達も大変なようで、父の日に二人の息子が届けてくれるのである。普段自分では買えない良い物を届けてくれるので、楽しみにしている。嗚呼、これで一年頑張る気持ちを大事にして生きていこうと。
 家のことを何もせず、何かと家内に任せている自分は、子供に何かしてあげたのかと反省する気持ちが大である。素直に子供達のプレゼントを喜び、いつまで続けてくれるか、また、今年も元気で、一年また一年と過ごしたいものである。
 二人の息子よ、ありがとう。
(三鷹市/K・O)

posted by 1039 at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

田園風景にありがとう

 見渡す限りの田園風景。五月に田植えをした苗が青々と大きく育っています。一時農薬が多くまかれ、オタマジャクシの姿も見えなくなった頃もありましたが、今は無農薬が見直され喜ばれています。
 昔に戻り、田んぼに水を張るとカエルが鳴き出し、卵からオタマジャクシに、そして脱皮した可愛い小さなカエルが泳いでいます。白サギ、カモが害虫を食べに下りてきます。青い稲が風に揺れ、白い白サギが絵になるほどすごくきれいな眺めです。害虫を食べてくれてありがとう。
 今年もおいしいお米が収穫できますように。
(常総市/Y・A)
posted by 1039 at 16:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

義母にありがとう

 九十二歳の義母は朝起きると今日は何をするにも、どこへ行くにも時間をかけて着替えをします。
 デーサービスの場所が変わり、新しい所に初めて通うので心配していましたが、帰って来た義母は「お食事もおいしくいただき、お風呂も入れていただき天国だよ。一日飽きさせない様に歌ったりして楽しませてくれてありがたいよ。楽しかった。」とまるで昔からの友人に会ってきたように喜んで話してくれました。
 義母には教わることばかりです。義母さん、ありがとう。
(杉並区/Y・K)
posted by 1039 at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

夫にありがとう

 子供達も中学生になり、パートで働いていましたが、4月から正社員で使っていただけることになりました。
 朝8時30分から5時30分まで夕食のお買物をして帰り、バタバタ夕食の支度をして、家事を終えて休むのは夜中。こんな毎日が続き、パートの時は感じなかった責任感が心に重く伸しかかりました。
 主人は時々有休をとってお休みしていますが、私はあまり快く思っておりませんでした。でも、自分が働いてみて初めて毎日疲れて辛い主人の気持ちがわかりました。
 お父さん、いつも家族のためにがんばってくれてありがとう。
(大田区/T・Y)
posted by 1039 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

背中を押してくれてありがとう

 娘時代、書道が好きで、習ったことがありましたが、結婚、子育てと、忙しく日々が過ぎ、子供達も成長し、それぞれ家庭を持ちました。
 主人と二人きりの生活になり、以前から始めたいと思っていた書道を習い、いつの間にか30年になります。先生、仲間にも恵まれ、週に一回の楽しみとして続けてこれました。
 八十才を迎えた時、自分が身に付けたものは、自分のものだけにしないで、人様にお分けし、人のお役にたてることが大事ですよと教えていただきました。
 私にできるだろうか迷っていましたが、思い切って頼まれていたお教室を始めました。近所のママとお子さんの二十人の生徒さん。今年で三年目。お陰様で、私の方が、生きがいと、皆さんから喜びをいただいています。
 いつまで続くかわかりませんが、元気で通える限り、身に付けた物は、お分けしていきたいと願っています。
人のお役にたてるように背中を押して下さり、ありがとう。
(台東区/K・H)

posted by 1039 at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●みんなに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

スカイバスにありがとう

 久しぶりに、田舎から姉が上京。都内観光と思い、スカイバス(屋根のない、2階席)で、皇居・銀座・丸の内コース。所要時間は50分。疲れなくてこのぐらいのコースが適当と思い予約しました。
 梅雨の合間の暑い日でしたが、2階建バスは、走り出すと風が吹き、快適でした。皇居(江戸城跡)は、こんなに広いのかと、時代劇を思い重ねて、楽しみました。
 国会議事堂を目の前に、ガイドさんが「ビルの間から、一瞬、東京タワーを見つけた方は、今日は幸運が来ます。」とご案内。「見えた」「見つけた」と、車内は、ドッと笑いが…。
 どこを見ても高層ビルばかりと思いましたが、緑が多く、街路樹が枝を伸ばし、バスがすれすれに走り、石畳の丸の内もとても素敵でした。千鳥ヶ淵は、桜並木が続き、来年桜が咲く頃にまた来ようねと、喜んで帰りました。
 スカイバス、ありがとう。
(品川区/T・S)

posted by 1039 at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

シャクヤク

ありがとう075シャクヤク.jpg


 昨日、カウンセリングルーム『たまゆら』に直径15センチ程のシャクヤクの花を届けてくださった。


 ピンクの大輪の花は、重たげに咲きこの上なく美しい


 【花言葉】恥じらい、はにかみ、清浄、威厳



★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから


posted by 1039 at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする