2014年05月28日

大家族にありがとう

 風薫る新緑に季節が変わり家の前の畑に、八十五歳の母が丹精込めて作った、小松菜、スナップえんどう、玉ネギ、かぶが育ちました。私が朝、道の駅に出しに行きます。
 庭には、百薬、スターリス、きんせんかの花が咲き、嬉しい季節です。
 生まれてまもなく心臓の手術をした娘の次女が心配で家族みんなで病院通いをしましたが、今では嘘のように元気にお花の周りを走りまわっています。
 夕食は採りたての野菜がたっぷり入った汁にサラダ。四人の孫たちもよく食べます。
 十人の大家族の食卓はにぎやかで幸せです。健康が一番。ありがとう。
(秩父市/N・S)

posted by 1039 at 10:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

近所のおばさんにありがとう

 近所のおばさんは私が嫁いで四十三年、いつも優しく、「お茶を飲みにおいで。」と声をかけてくれした。
 とても親切にして頂きましたが、去年の暮れからお見かけしないなあと、気になって久し振りにお訪ねしてみると、今年百二歳を迎えるおばさんは、転ぶといけないので、外にはめったに出ないとのことですが、とてもお元気でした。
 自分の事は自分ででき、しっかりお話もされ、七十六歳の娘さんがお世話に通って来ていましたが、「トイレから出ると、『お尻ふいたの?手洗ったの?』と、娘は私の事を子供扱いするのよ。失礼でしょう。」なんて大声で話し(耳が遠い)、すごいエネルギーを感じ、見習わなくてはいけないと思いました。
 励まそうと思っていましたが、昔も今も変わらす、反対に励まされました。いつまでもお元気で。ありがとう。
(川口市/T・Y)

2014年05月22日

素敵なお返事をありがとう

 社会人になったばかりで未熟な私を一から十まで教えてくださった、大変お世話になり、尊敬申し上げている方が、米寿のお祝いを迎えられるので、心ばかりの品にお手紙を添えてお送りしました。
 大した事はなにもしておりませんが、大変喜んでくださり、
「思いがけない誕生祝いのお言葉を頂き有難うございました。美しい封書にお祝いのお言葉、久しぶりに学生時代に帰った様な、若やいだ心になりました。いつも喜びのある日々を送りたいと存じて居ります。」
とつづられていました。
 素晴らしい達筆で行き届いたお返事に、又また驚き、学ぶことがたくさんありました。ありがとうございました。
(葛飾区/E・I)
posted by 1039 at 10:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先生へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

職場の先輩にありがとう

 子供たちも独立をし、時間が出来たのでスーパーに4時間パートで働き始めました。
 なかなか慣れず、値段付けももっと早くやるようにと、仕事がゆっくりすぎると注意を受けます。
 ショックで落ち込みましたが、人どころではないという職場の雰囲気の中、一緒に働いている何でもできる先輩が、「ここまでやっといたので、後は大丈夫でしょう。」といつも優しく助けてくれます。
 思いやりのある先輩でお陰でなんとか務めていますが、もうだめかなと思う日もあります。それでも先輩と一緒に働けることが楽しく、良い人に出会えてとてもありがたいです。
 私もいつか先輩のように気配りができ、周りを助けてあげられるようになりたいと思います。
(狛江市/Y・S)
posted by 1039 at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

折紙の折り方をありがとう

 シニア向けの展覧会が近所で催されました。毛糸で編んだベストや造花、折紙で作った立体の動物、様々な作品が並んでいました。
 とりわけ折紙で作った手まりの様な飾りが目に止まりました。私もあんなにかわいいきれいな飾りが作りたいなと思いました。
 作者の名前を見るとIさん。受付に聞くと「今日はIさん、いますよ。」と教えてくれました。
 初対面のIさんですが、訳を話すと快く応じてくださり、「鶴を折る要領で途中まで折ったら、この様に折ります。」と見本を見せてくれました。
 二十四個作り、これをつなぎ合わせて輪にします。中央の左右に一つずつつけて、丸の形になったら完成です。そう言われてもなかなか思うようにはできません。すると「何個か作っていくと馴れてきて、きれいにできるようになりますよ。」と言ってくれました。
 廊下で作っていると、話したことのない人たちが声をかけてくれました。
「折紙は手先を使うからボケ防止になって元気で長生きします。私の母は百二才まで生きました。」
「きれいにでき上がるまで、がんばって。」
そんな風に励まされて何とか作り上げました。
 Iさんの様に上手にできませんが、それらしい雰囲気に仕上がりました。思いがけずでき上がり嬉しくなりました。
 Iさん、ありがとう。
(目黒区/H・O)

posted by 1039 at 14:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

一日遅れの母の日をありがとう

 今年の母の日は朝からいろんな事が重なり大変でした。
 おじいちゃんの食事の用意をしてなくてはならないし、主人は不機嫌で怒っている。普段は仕事もしているので一週間分の買い出しにも行かなくてはならない。
 重いものをたくさん下げて、母の日なのに私には何もない散々な日と思っていました。
 翌日になる大学生の長男からケーキ、高校生の長女と中学生の次女からカーネーションの花束を贈ってくれました。
 花束には手作りの素敵なカードが入っており、そこには「おかあさん、いつもありがとう。」と書いてありました。
 子供たち曰く、いつも私が家のローンや学費が大変だと言っているので、どうしたらお母さんが喜んでくれるかを兄妹たちで考えてくれたそうです。
「母の日の翌日はカーネーションが半額になるからたくさん買える。これはお母さんきっと喜ぶよ。」
「えらい。よく考えたね。」
といった感じで。
 今年から、我が家の母の日は翌日になりました。子供たちの知恵に感謝、一日遅れの母の日をありがとう。
(柏市/M・K)

posted by 1039 at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

学校にありがとう

 受験を乗り越え、希望の高校に入学し、バトミントン部に入部して一ヶ月ちょいが過ぎました。
 部活の先輩は怖いと思っていましたが、優しくて、おもしろくて、とてもフレンドリー。でも、練習は素振りの基本ばかり…。
 学校は男女共学、友達もできて、先生もおもしろい。今は楽しく高校生活を送っています。いい学校でよかった。ありがとう。
(品川区/M・N)
posted by 1039 at 13:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

銭湯よ、ありがとう

 街の中から、銭湯が消えていきます。つい先日も都内で一軒の公衆浴場が廃業しました。
 内風呂の普及が進んだのが要因とのことです。身体に支障がなければ、今でも銭湯に行き、あの大きな湯船につかりながら、思いきり手足を伸ばしてみたいものです。
 目をつむると元気に銭湯通いをしていた、遠い昔のことが偲ばれます。
 昭和二十五年前後は、どの家も貧しく内風呂どころではありませんでした。夕日が落ちる頃になると朽ちてくすんだ木造の家々に明かりが灯りだします。
 やがて小道を、夕食を済ませた少年3人がワイワイとにぎやかに銭湯にむかいました。
 みな同じように、ランニングシャツに半ズボン姿で、手には洗面用具を抱えカラコロと下駄の音をたてて歩いていきます。
 銭湯について裸になり、脱衣場から洗い場の戸を開けると、湯船の上一面に大きく描かれた富士山が、湯気に霞んで見えています。
 この頃は、今では信じられないほど混んでいて、まるで芋を洗うがごとしでした。
 そして少年たちが、勝手に湯を埋めようものなら「そんなにぬるくすんじゃない!」とお年寄りに言われるは必然で、やれタオルは湯船に入れるななどと叱られましたが、思い返すとこれらは社会勉強の一端であり、裸でつきあいの出来るコミュニケーションの場でもありました。
 そして湯上りの最大のお楽しみ…。それは、左手を腰にあてながら飲む、コーヒー牛乳でした。3人とも「あー美味しい。」と言いながら小さな幸せを感じていました。
 外へ出ると大きな月が、辺りを蒼くそめています。そして彼方からはチャラメラの音が聞こえてきました。
 お風呂屋さん、大変にお世話になりました。
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 11:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

孫の写真をありがとう

 娘から便りが届き、中に孫の初節句の写真が入っていました。
 娘の小さい頃にそっくりで、どの写真も笑顔でよく撮れていました。
 まだ十一ヶ月、かぶとをかぶり、重そうにニッコリ。男子らしい写真でさっそく写真立てに入れて、リビングに飾りました。
 娘は子供の頃から愛想がよく、親戚の人が家に遊びに来ると、「何か忘れていない?」と言い、笑顔でおこづかいをおねだりしていました。そんな娘の笑顔と孫の笑顔が重なり、思い出して一人笑っていました。
 初節句には忙しくて会いに行けなかったけれど、今度会いに行くからね。かわいい孫の写真をありがとう。
(市川市/M・K)
posted by 1039 at 16:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

矢車草

ありがとう074矢車草.jpg

 そろそろ5月の連休だ。


晩春の風が吹く青空を悠々と泳ぐ鯉のぼりも


クルクル回る矢車を観ることが出来ない東京の町。


 でも毎年のように矢車草は季節を教えてくれる。


【花言葉】繊細、優雅、信頼、独身生活


★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする