2014年01月30日

楽しい演奏をありがとう

 地域で新春防犯の集いがあり出かけました。第一部は犯罪発生状況及び防犯対策についての講演でした。そこで注意されたの被害件数の多い振り込め詐欺。「母さん、オレだけど。電車でカバンをなくしちゃってさぁ…このままだと会社クビだよ!」と、このような電話がかかってくるそうです。
 侵入窃盗、空き巣の場合、その被害の原因は鍵の閉め忘れだそうです。ちゃんと戸締りさえしていれば…。どこからともなく泥棒はしっかりと見ています。私もこの頃物忘れが多くなったので気をつけようと思いました。
 第2部は警視庁音楽隊の演奏。「リンゴ追分」「川の流れのように」「北国の春」など、懐かしくて思わず口ずさんでしまいました。周りを見ると会場は六十代の方が多いようで、皆さん楽しそうに歌っていました。思いがけない楽しい演奏をありがとうございました。
(目黒区/G・I)
posted by 1039 at 17:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

シクラメンをありがとう

 お誕生日にシクラメンの鉢植えが届きました。私の誕生日を覚えていてくださったのはどなたかなぁと思い、差出人を見るとあまり久しくないお友達でした。
 すぐにお礼の電話をすると、私は日々忙しくすっかり忘れていましたが、彼女が娘さんのことで悩んでいたので、半日お話しを聞いてあげたことが大変嬉しかったとのこと。
 お礼をいただくまでもなく困っている時はお互い様、当たり前のことと思っていましたが、こんなに喜んでいただけると私も嬉しくなりました。
 感謝を込めてシクラメンを絵手紙にしてお礼を申し上げました。お友達と心が通い合ったありがたい贈物でした。
(渋谷区/S・S)
posted by 1039 at 14:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

テーピングをありがとう

 年を重ねているうちに膝を痛めてしまいました。ヒアルロン酸を4本打ってもらいましたが、まだ痛みが止まらず、痛み止めの薬も打ってもらいましたが、それでも痛みが止まりませんでした。
 テレビでお相撲さんがテーピングをして取り組む姿を見て、息子がサッカーで怪我をし、テーピングをしたことを思い出して、息子に足のテーピングを頼みました。携帯でテーピングのやり方を調べてテーピングをしてくれました。お陰で足がピタッと良くなり、痛みが和らぎました。
 普段あまり話をしない息子ですが、息子のやさしさに触れた一時でした。ありがとう。
(中野区/T・N)
posted by 1039 at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

若い親子の声にありがとう

 私の住んでいる町は今、建設ラッシュです。半年前までネギ畑だったのに、あっと言う間に十軒の新しい家が建ちました。昔からの大きい農家が老人だけになり、農業を続けていけなくなったそうです。
 畑が宅地に変わっていく時はさみしい思いもしましたが、今若いママたちが私道で小さい子供たちを遊ばせている姿を見ると、時代が変わっていくことをしみじみ思います。
 子供たちの大きな声、ママたちの笑い声から元気をもらっています。私はその声を聞きながら毎日散歩をしています。
(つくば市/K・W)
posted by 1039 at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●見知らぬ方へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

自然や鳥たちにありがとう

 冬から春にかけて庭の梅の木とつげの木に鳥の餌場を作ります。半分に切ったみかん、ジャーを洗った時に出るごはんのかすを餌場に出します。
 夜が明けきらないうちにヒヨドリやムクドリが来て、おいしい所をつついて行きます。そして高い屋根に止まって、残りを食べられないように監視していますが、しばらくすると見えなくなります。その後、メジロなどが来て食べて遊んで行きます。
 最後に朝十時ごろになるとスズメたちがにぎやかに食い散らかして午前中を遊んで行きます。となりに植えてある金木犀の花の中もスズメたちの遊び場です。近年スズメたちが少なくなった様に思います。
 若い時には気付かなかった自然や鳥たちに楽しませてもらっています。
(千葉市/S・T)

posted by 1039 at 09:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然の生き物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

やさしい孫にありがとう

 息子が離婚をして、男の子を連れて戻って来ました。これからどうするのだろうと心配で眠れない日もありましたが、高校卒業後、社会人となり、今は孫も十九歳になりました。「将来は会社の社長になりたいから、守ってもらえるよう花を持ってお墓参りに行ってきます。」とはりきって出かけて行きました。
 親の離婚でこの子も辛い思いをしたであろうに…。生きる目標を持ってくれたことが嬉しく、いい子に育ってくれてありがとう。
(町田市/K・M)
posted by 1039 at 18:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

カニをありがとう

 新潟からカニが届きました。毎年毎年欠かさず送ってくれますが、今年は「幸福カニ」という名札を付けたカニが届きました。
 それはそれは見事なジャンボなカニです。お皿に乗りきれず新聞紙を広げて乗せました。一匹一人では食べきれません。義妹は「カニは時間が経つごとに味が落ちるので早く食べるといい。」と言います。
 それで始めにミソと足を食べました。甘み、歯触りともに最高。身がギューッと詰まっていて食べ応え満点。ハサミを見ると太くて巨大。このハサミを振り上げて海の底でエサをたくさんかき集めて食べたのでしょう。
 まだまだカニの身は残っています。身をほぐして今度はカニの炊き込みご飯を作りました。これも絶品。カニの風味が漂い、本当に美味しい。中に入れた具の人参や椎茸、ちくわなどは脇役としてカニを盛り立てています。
 まだカニの身は残っています。残りは冷凍にしました。早く食べるといいと言われても、この巨大なカニはとても食べきれません。
 また近いうちに解凍してカニを楽しみます。こんな大きな立派なカニを送ってくれた義妹の弟夫婦のAさん、Sさんに声を大にしてありがとうと言いたいです。
(目黒区/H・O)
posted by 1039 at 13:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●おいしい料理、飲み物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

「和食」よ、ありがとう

 昨年の十二月に「和食」がユネスコ文化遺産に登録されました。しかし、皮肉なことに国内では若い世代を中心に、和食離れが進んでいると言います。
 朝を迎えた、若い家族の食卓からは、みそ汁の香が消えてしまうのだろうか。
 だが、昨今ではその和食に、海外からの絶賛の声が上がり、寿司、天ぷら、ラーメンに至るまでが、持てはやされています。
 これは和食が、栄養のバランスを考慮した健康食ばかりでなく、彩りよく季節感までを器に盛ったヘルシーさが受け入れられたのが要因のようです。
 国内の和食減少に危機感を持っていた関連業界にとっては願ってもない流れになったようです。
 ぼくが、子どもの頃は終戦直後の食糧難で、すいとんや、野草の雑炊などの粗末な食事でしたが、今まで何とか生きてこられたのは、和食のお陰ではないかと思っています。
 そして、海外からの和食絶賛の声は、どうやら単なるブームではなく定着しそうな勢いです。
 やがては、早朝のパリやニューヨークの裏町の家庭から、みそ汁の香が漂ってくる、そんな時代が来るかもしれません。
 先程から、かみさんが台所で何かを刻む音がしていたが、作っていたのは七草がゆだった。小皿には梅干しが…。
「和食っていいねぇ、そしてありがとう。」
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 14:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●おいしい料理、飲み物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

お客様にありがとう

 美容師になって四十二年、お店を持って三十七年、素晴らしいお客様と出会うことが出来ました。芸能人の方とスタジオ、撮影現場、海外までお供し、楽しく仕事をさせていただきました。
 仕事をして辛いと思ったことは一度もありません。やりすぎて肩を痛めたことはありますが、頭を洗ってきれいにし、どんな髪型にしたらこの方が5才若く見えるだろうかと、お客様がきれいになることを思い描きながら努めました。一人一人髪型が違い、まるで芸術作品のようです。お店に入って来た時と全然違い、別人のようにきれいになります。「ありがとう。来て良かった。」と喜んで帰ってくださります。
 職人の喜びを日々味わっております。お客様にありがとう。
(品川区/N・U)
posted by 1039 at 12:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お客様に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

生んでいただきありがとう

 僕は昭和十九年、北海道札幌で六人兄弟の次男として生まれました。まだまだ生活は貧しく、四歳の時に養子に出されました。車に乗せられ、
後ろの窓から見えたのは父、兄、乳飲み子を抱えた母の姿です。状況のわからない僕は車の中で泣きじゃくっていました。
 悲しくなると家族と別れた時のことを思い出しては、僕はなぜ養子に出されたのだろうと親を恨んでいました。
 八年前、生みの親を探し当てました。その日は偶然にも八月十一日、僕の誕生日でした。
 母から聞かされた言葉は、「この家なら立派に育ててくれて、大学まで上げてくれるに違いない。」と養子に出してくれたそうです。僕は父母に精一杯の愛情をいただいていました。生んでいただき、ありがとうございました。
(横浜市/H・T)

posted by 1039 at 10:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする