2012年09月29日

メガネを拾ってくれてありがとう

 先日、メガネを無くしました。
 あちこち探しましたが見つからず、メガネがないと生活が不自由で仕方がありません。
 よくよく思い出してみると、買物に出かけた時に手さげ袋に入れたつもりでしたが、どうやらその時に落としてしまったようで、いくら家の中を探しても見つかるはずもなく、諦めていました。
 次の日、出掛けた帰りは、いつも人通りの少ない裏通りを歩くようにしているのですが、その日はなんとなく表通りを通って帰りました。
 横断歩道を渡ろうと思い、押しボタン付き信号機のボタンを押そうと思ったら、押しボタン箱の上になぜかメガネが乗っかっていました。
 何でこんなところにメガネが?と思い、よく見てみると、なんとそこにあったのは前日に私が無くしたメガネでした。
 前日は雨が降り、風も吹いていたにも関わらず、落ちることもなく、傷一つ負うこともなく、そこに居続けていたメガネに驚かされました。諦めていただけに、無事手元に戻り、とても嬉しかったです。
 拾って下さった方、助かりました。ありがとうございました。
(三鷹市/K・K)
posted by 1039 at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●見知らぬ方へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

皆さまの親切にありがとう

 お勤めの帰りにスーパーの開店安売りに惹かれ、夕食の買物に寄ってみたのですが、ついあれもこれもと買いすぎてしまい、スーパーのレジ袋で両手がいっぱいになってしまいました。
 そのままバスに乗ると、入口の近くに座っていた学生さんが「どうぞ。」と席を譲って下さりとても助かりました。私は「ありがとう。」とお礼を言い、席に着きました。
 その後、バスは混雑し始め、乗客でいっぱいになり、どうやって降りようかと思ったと同時に、「お客様、前からどうぞ。」と運転手さんがすぐに声をかけてくれました。お陰様で安心してバスから降りることができました。
 皆さまの親切に感謝です。ありがとう。
(横浜市/K・I)
posted by 1039 at 14:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●見知らぬ方へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

リンドウ

054リンドウ.jpg

 
 園芸店は秋の草花であふれていますが、


 なぜか目にとまるのはコムラサキ色の「リンドウ」です


 ▼清少納言も愛し好んで詠まれている花は凜とした色合いが感じさせるのか?

 
 ▼花言葉は…「強い正義感」「的確」「悲しんでいるあなたを愛する」
posted by 1039 at 16:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

草むらの演奏家たちよ、ありがとう

 あれほど連日のように、地上に灼熱を降り注いだ太陽も、情熱がさめたのか辺りには、秋の気配が漂いはじめ、心地よい涼風が吹き始めた。
 やれやれである。酷暑にたえた分その喜びは尚更でさる。
 夕暮れがせまる頃、涼風に誘われるように、街はずれを行けば、夏に活躍したトンボやセミたちから、バトンを受けついだコオロギやキリギリス、クツワムシからカネタタキなど数え上げたらきりがなく、多くの秋の夜の演奏家たちの、お出ましである。
 耳を傾けてみよう、月明かりを背にした草むらからは、コオロギ楽団の奏でる美しいハーモニーが聞こえてくる。
 演奏会場は、各所にわたって分散しているが、お気に入りの音色を聞きたいならば、ほんの少し動くだけで各楽団の名演奏ぶりを、堪能できるはずである。
 ごく目と鼻の先の花壇からは、キリギリス楽団の名演奏が、菊やコスモスのあたりから流れてくる。
 だが彼らは用心深く、あまり近すぎるとすぐに、演奏を中断してしまう。
 虫たちの中で演奏をするのは、紳士たちばかりである。彼らは二枚の前羽をすりあわせてメロディーを奏で、淑女らを、呼び寄せようと懸命に努力をしているのだ。
 接近しすぎて演奏を止めることは、彼らの恋路の邪魔をすることに他ならない。
 空き地に生い茂るススキの向こうに、先程より大きく鮮明になった月が、辺り一面を青白く照らしている。風が冷たくなってきたようだ。
「さぁてばあさん、そろそろ帰るかあ…」
 虫君たちよ、素晴らしい音色を「あ・り・が・と・う」
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 12:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然の生き物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

今年もサンマをありがとう

 目黒区の区民まつり・サンまつりが行われている田道広場公園へと行ってきた。
 昨年は東日本大震災で被害を受けたばかりだというのに、宮城県気仙沼市のみなさんは、サンまつりのために、前日に水揚げされたばかりの新鮮なサンマを目黒区民に振舞ってくれた。その数5千匹だというから驚きである。
 とても日差しの強い中、炭火できつね色に焼けたサンマは大変おいしく、思わず笑みがこぼれてしまった。
 サンまつりの盛況ぶりは凄まじく、1匹のサンマを食べるのにも一苦労で、2〜3時間待ちは当たり前らしく、一番最初に並んだ人は前日の午後8時からだと聞いた。毎年ものすごい人数が並ぶ。まさに祭りの名に相応しい賑わだった。
 目黒と気仙沼市の交流は17年も続いているのだという。震災という大きな困難があっても、その交流が絶たれることはなかった。サンマ会場に来た人は、みな気仙沼の人たちに感謝し、いつまでも続くことを願い、また早い復興を願わずにはいられない気持ちになったと思う。
 気仙沼のみなさん、今年も美味しいサンマをありがとう。来年もよろしく。
(目黒区/K・O)
posted by 1039 at 10:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

やさしく育ってくれてありがとう

 三女が2才になる孫を連れて泊りに来ました。大人だけの生活の中に孫のかわいい声と足音を聞くだけで心が癒されます。
 朝起きるとご先祖様の前に座り、「おはようございます。」寝る前には「おやすみなさい。」のあいさつをしたのにはビックリしました。きっとあちらのお義母さんに教えていただいたのだと思いますが、娘も一緒に手を合わせている姿はとても安心しました。
 主人が咳をしたら「だいじょうぶ?」と心配して聞いてくれる孫のやさしさは、大勢の家族に囲まれ愛情豊かに育てていただいているお陰さまだと思いました。
 11月にはお兄ちゃんになります。どんなお兄ちゃんになるか今からとても楽しみです。
 小さな孫から豊かな心をいただいた3日間でした。ありがとう。
(目黒区/S・N)
posted by 1039 at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

素敵な手品をありがとう

 先日、高齢者センターで有志による手品の発表会があり、見に行ってきました。
 出演者は、60才以上の熟練の男性、女性です。山高帽をかぶったり、ロングドレスを着たりして、それなりの手品の雰囲気を出して登場します。
 1m10cmぐらいのロープ3本を使い、グシュグシュグシュっと手のひらの中でもみ、空中に高く飛ばすとなんとシルクのハンカチ赤、黄、青がヒラヒラっとロープに巻かれて出てきます。しかも、なななんと!3本のロープは、みなつながり大きな円になっていました。観客はびっくりして、口をポカンと開けて見ています。私もその一人です。それから万雷の拍手です。
 手品師はその拍手を聞いて満面の笑みです。最初はこわばっていた顔も、観客の反応で手応えを感じたのでしょう。とっても良い笑顔になりました。楽しい時間をありがとう。
(さいたま市/R・B)
posted by 1039 at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

情報サービスにありがとう

 夏風邪をこじらせてしまい、病院に行くことにした。いつも行っている内科はその日は休みだったので、前に行ったことのある別の最寄りの病院に行くことにしたのだが、行ってみるとその病院はすでに廃業しており、そこにはまったく別の店舗が入っていた。まだ開業して数年の内科だったので、まさかつぶれているとは思わず、他の病院をまったく調べていなかったので焦ってしまった。
 この時点で熱は39度を越しており、意識がもうろうとしていたので、家に帰って調べ直してからまた再度出かけたり、その辺を歩き回って探したりするほどの体力などあるはずもなく、どうしようかと悩んだのだが、携帯電話のインターネットサービスで調べることを思いつき、なんとか開業している病院を見つけることができた。この時ほどネット社会をありがたいと思ったことはない。これがもし10年前だったら病院に行くことを断念し、高熱のまま泣きながら家に帰っていたことだろう。便利な情報サービスを提供してくれてありがとう。
(墨田区/G・Y)
posted by 1039 at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●技術の進歩に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

元気とパワーくれてありがとう

 仕事をしていて留守がちな私は、部活のキャプテンを務め忙しい中、家の掃除をしてくれる中三の娘と、学校から帰るとすぐに遊びに行き、5時に帰宅するという元気な小四の息子に日々支えてもらっています。
 先日、小四の息子は1年生の時からずっと補欠だった運動会の学年リレーの選手に4年目にして選ばれ、毎年悔しい思いをしたからこそ、嬉しそうに誇らしげに選手になれたことを話してくれました。
 宝物の子供たちから毎日元気とパワーを頂いています。本当にありがとう。
(大田区/N・O)
posted by 1039 at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする