2012年06月29日

元気な声にありがとう

 毎朝通る路地。棚の植木や花のお世話をするY家のお嫁さん。
「おはようございます。」
といつも明るく声を掛けてくれる。
 花の名前はわからないけど、きれいに咲きそろって、僕をさやわかな気分にさせてくれる。
「いってらっしゃい!」
の明るい声に見送られ、楽しい一日の始まる予感。
 ありがとう。さわやかな朝。
(板橋区/S・T)
posted by 1039 at 09:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

「サクラ」よ、ありがとう

 長いこと共同住宅に住んでいる。猫の額ほどの庭の向い側には、蔦が這った堀があり、その堀を跨ぐように隣家の桜の木が、こちらの庭にまで大きく枝を伸ばしている。
 入居したころは、まだ若木だった桜の木も、よくぞここまで成長したものだと見上げる日々である。
 表通りから奥へ入っているため、春の花見時は世俗の賑わいをさけて、静かに満開の桜を愛でることが出来る。こんな贅沢はないだろう。
 その桜も今は濃緑の葉が繁茂し、木陰を作ってくれている。そして盛夏を迎えるころになると、褐色のふしくれだった幹からは、蝉たちの鳴き声が響き、暑さに拍車をかけることだろう。
 そして、その蝉たちの声が止み、秋風が吹き始めるころになると何故か桜木がそわそわし、濃緑の衣から赤や黄色を散りばめた派手な衣装へと衣更えをするのだ。
 そんなに着飾って何処へ行く気だろうか?
 だが、お洒落をするのは桜の木だけではない。堀を這っていた蔦までもが負けずに、紅や茶や黄色で装いを始める。
 その景観はまるでフランス印象派の、シスレーやピサロの絵を彷彿させ、庭一面が大きなキャンパスに変身する季節でもある。
 四季折々に表情を変えて、楽しませてくれるサクラよ、これからさき何時まで楽しめかは分からないが、古木になっても衰えることなく、美しく花を咲かせるおまえを、この老いぼれは見習って生きて行くことにしよう。これからも宜しく。
 そして、あ・り・が・と・う。
(目黒区/H・A)
posted by 1039 at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●うつくしい草花に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

田舎の親戚にありがとう

 サクランボが最盛期を迎えた山形の田舎に行ってきました。そこでは、叔父から畑を引き継いだ従兄弟が会社勤めをしながらサクランボを育てています。
 真赤に熟してたわわに実っている可愛らしいサクランボは宝石のように光り輝いていました。
 一年間丹精こめて世話したサクランボは、わずか二週間ほどで終わってしまいます。
 周りの葉だけでは後を継いでくれる人がいなくて、木を切り倒してしまったり、実がなくなったまま放置しているところもあるなか、叔父が大事に育てたサクランボをより美味しくなるようにと、一生懸命に世話している従兄弟を尊敬しました。
 また、母に頼まれ親戚の家を何件か訪ねましたが、親戚を大事にしている母のお陰様で、どこの家でも母の娘ということで歓迎してくれました。
 子供の頃は当たり前のように夏休みになればいつも山形へ行っていました。一か月以上も私達兄弟3人を預ってくれていた叔父のおおらかさに今更ながら頭が下がる思いです。本当にありがとうございました。
 「来年もまた来いよ。」との従兄弟の言葉に送られて帰京しました。久しぶりの山形訪問は家族、親戚の絆を改めて感じさせていただいた旅になりました。
(目黒区/K・N)

2012年06月21日

タチアオイ

051タチアオイ.jpg

 
 「タチアオイ」の花が咲き始めると梅雨入り宣言。
 
 
 ツンと伸びた茎の先の一番上まで花が咲く頃には梅雨が明ける。
 
 
 板橋区泉町の公園で撮影。
 
 
 天に向かって伸びる姿は勢いを感じて嬉しくなる。
posted by 1039 at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

道路の清掃をありがとう

 街中での喫煙条例が厳しくなって、たばこのポイ捨てが減り、街は以前より綺麗になったと思います。
 以前、ゴミ置き場の収集作業の後は小さなゴミが乱雑に散らかり、汚いという印象でしたが、近頃の収集作業員の人たちは作業後、カラス除けのネットをきちんと畳んで、散らばっている小さなゴミも手際よくかき集めて持って行ってくれる。収集後の場所はいつも綺麗です。
 私は早朝の散歩を十五年続けています。五時半に家を出て町を一時間歩いて帰ってきます。
 最近の四、五年は道路を清掃している人が目立ちます。自宅前の道路だけでなく、散歩がてらゴミを拾って歩く老夫婦にも出会います。冬の五時半は真っ暗なのに二人は夏冬かわりなくゴミ拾いをしています。ポイ捨て禁止以来、住民の美意識が高まったように思います。
 私の住んでいる近くに、建材を取り扱っている、社員十人ぐらいの小さな会社があります。その会社を中心に半径百メートルの道路はとても綺麗です。週三回のごみ収集日、建材会社の社員が早朝から道路の掃除をしているのです。
 その一人に聞いてみると、四人ずつ交代で、当番の日は無給で三十分早出する、それは社員全員で決めたことだそうです。
 私は彼らに会うたびに
「ご苦労様、おかげで家を出るとき帰るとき、とても気持ちがいいです。」
と声をかけます。私自身も家の前、両隣の道路は掃除するようになりました。
 温かい光景でした。こういう人がもっともっと増えれば美しい町があちこちに出来ます。
 建材会社の皆さん、いつもありがとう。
(目黒区/O・H)
posted by 1039 at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

紫陽花にありがとう

 今月の初め、梅雨入りを迎え雨が降る中、紫陽花を見に鎌倉へ行ってきました。
 最近は、テレビドラマの影響もあり、鎌倉が今まで以上に注目されているらしく、休日はたくさんの観光客で大変混雑していると話には聞いていましたが、雨の日で有ればさすがにそれほど混雑してはいないだろうと思い出かけたのでした。
 しかし、いざ鎌倉についてみると雨にもかかわらず非常に沢山の人で賑わっていました。
 また、この時期の鎌倉では紫陽花をめぐるルートに最も人が集まっているようで、落ち着いてじっくりと紫陽花を観賞する雰囲気とはいきませんでした。
 そんな中でも、やはり雨の中に咲く紫陽花は大変美しく、梅雨の時期の紫陽花が一番美しいと改めて感じました。
 次の日、昨日の紫陽花はきれいだったなぁと思い出しながら買い物に行くと、駅前の花壇に咲いている紫陽花に気がつきました。
 毎日、目の前を通っていて存在には気づいていたものの目を向けることはなかったのですが、鎌倉で見た紫陽花に負けず劣らず、大変美しく咲いていました。
 身近に咲いていた紫陽花に目を向けていなかった自分に少し反省しつつ、きれいな紫陽花を世話してくれている商店街の方たちにありがとうと言いたいです。
(横浜市/K・T)
posted by 1039 at 10:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●うつくしい草花に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

スズメさんにありがとう

 この頃、朝はスズメのかわいいさえずりで目覚めます。
 チュンチュン、チュンチュン。
「朝ですよ。」とベランダのスズメが声をかけてくれます。ドア越しに見えると、ハコベをついばんだり、小さな虫を見つけて食べています。私の体からほんの先の光景です。
 こんな様子を見ると、昔コペンハーゲンのチボリ公園で見たスズメを思い出します。
 ベンチに人が座っている場所から2、3mの所までスズメが近寄ってきます。
 スズメがハトのように人のそばにくるなんてすごいとその時はびっくりしました。それが今、私のベランダで起きているのです。
 こんなに人のそばに来るなんて安心しているのでしょうか。その安心をこわさないように「じゃ、また明日ね。」といつも離れます。
 スズメさん、昔の光景を思い出させてくれてありがとう。日本も安心できる国になったのですね。
(横浜市/Y・T)
posted by 1039 at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然の生き物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

胡蝶ランをありがとう

051胡蝶蘭.jpg

 先日、普段仕事でお世話になっている方の主宰するパーティーに出席させていただきました。
 このパーティーには毎年出席させて頂いており、パーティーの前の講演も含め毎回楽しみにしております。
 なかでも、私を含め多くの参加者が楽しみにしているものの一つに大抽選会があります。
 これは、参加者有志の方々が賞品を提供して下さり行われるもので、豪華な賞品が数多くあり、毎年とても盛り上がるものです。
 今年の賞品も、今話題の東京スカイツリーの入場券など例年以上に豪華なものでした。
 その中で、一番目立っていたのが豪華な胡蝶蘭の鉢植えでした。胡蝶ランの置かれた一角は他より一層華やいだ雰囲気を醸し出しており、存在感は抜群でした。
 パーティーも終わりが近づき、お待ちかねの大抽選会が始まりました。当選本数が少なくないとはいえ、当りはしないだろうなぁとぼんやり眺めていたら、何と一番目立っていた鉢植えの胡蝶ランが当りました。
 近くで改めて見てみると、とても大きく、圧倒されてしまいました。
 大きすぎてどうやって持って帰ろうかと心配していたら、賞品を提供していただいた花屋さん自ら配送してくれると言って頂きました。
 そして、数日後事務所に届いた胡蝶ランは事務所の雰囲気を一変させ華やかな、明るい事務所を造り上げてくれています。
 そんな胡蝶ランと、パーティーにありがとうと言いたいです。
 来年もよろしくお願いします。
        (文京区/A・H)
posted by 1039 at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●うつくしい草花に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする