2012年05月24日

街のみなさんにありがとう

 森の朝は早い。日が昇るのを待ちきれずに小鳥たちの合唱が始まり、一日の幕が開ける。
 森の中央にある公園に続く小道の両側からは、色の魔術師ではと思うほど、鮮やかな色彩を盛りこんだ紫陽花の群れが、手招きをしている。
 やがて木漏れ日が草むらに注がれる頃になると、小道を老若男女が三々五々、語らいながら、あるいは笑いながら、足早に通りすぎて行く。
 ほどなくすると公園の中央広場から、辺りの静寂を破るラジオ体操のメロディーが森にこだました。
 その軽快な旋律にあわせて皆の身体が一斉に、揺れて跳ねる。
 そして音楽がやむと、体操をおえた人たちが元来た小道を、賑やかに家路へとむかう。
 だがその後、静けさを取り戻した森からは、先程とは違う、優しく懐かしい音色が聞こえてきた。帰ろうかと思ったのだが、その音に魅せられて近づいてみると、木陰の一画には木製のテーブルと椅子が設けられており、そこには痩せ細った白髪の老人が、ハーモニカを愛おしそうに持ちながら、その傍らには大きな黒毛の犬がひざまずき、老人を見上げながら尾をふっている。
 その名演奏ぶりからは、かなりのベテランとお見受けした。
──名残惜しいが、そろそろ帰るとするか。
 今ではすっかり、身体の自由が利かなくなってしまったが、この公園に出向くことにより、元気な人たちを見ているだけでも、この老いぼれには、たくさんの活力をくれるビタミン剤なのだ。
 朝の情景スケッチに登場してくれた、街の皆さん、お陰で良い心象風景を描くことが出来ました。
 本当に、ありがとう。
「さて、ばあさん、そろそろ帰るとするかぁ、すまないなぁ何時も車椅子の面倒をかけて…あ・り・が・と・う」
(世田谷区/H・A)
posted by 1039 at 09:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

クレマチスの花

050クレマチス.jpg

 
 「クレマチス」はひときわ大きな花だ。

 
 「てっせん」「かざぐるま」などの和名があります。

 
 花色は紫、白、ピンク、赤、黄、複色などで2000種もある。 
 
 
 花言葉は、高潔、美しい心、精神的な美しさ
posted by 1039 at 10:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

母の日にありがとう

 5月13日の母の日に向けて、普段の感謝の気持ちを伝えようと思って、どうしようか考えていました。
 いろいろ考えた挙げ句、月並みに花と手紙を書いて送ることにしました。
 そうしたら思った以上に親が喜んでくれてホッとしました。
 あまり誕生日でもないのに贈り物などをするのは慣れていないのですが、普段言えないことを伝えるには良い機会だったのかとも思いました。
 お母さん、普段からどうもありがとう。
(世田谷区/I・H)
posted by 1039 at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

素敵な母の日をありがとう

 母の日、次男からの初めてのプレゼント。
  3才になり幼稚園で小さな手で折った色紙のカーネーション。
  小学生になり、お小遣いで買って笑顔で渡してくれた1本の赤いカーネーション。
  それが3本になり、鉢植えになり、やがて花束になり、子供の成長と共に増えるカーネーションの数。
  毎年忘れずに届く次男からの温かい優しい心、とても嬉しい幸せな思い出を32年間ありがとう。
 (豊島区/N・O)
posted by 1039 at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

先人の技術と努力にありがとう

050ホンダS800.jpg

 先日、友人の旧車愛好家の車に乗せてもらう機会がありました。
 友人は1960年初期の車を数台所有しています。60年代のラリーでの名車アルピーヌ、日本に数台しかないであろうクーパーボルツフォーミュラそして日本の名車ホンダS800。
 先人の技術と試行錯誤と工夫、知恵にとても感動しました。なんと言ってもホンダS800に関しては感涙もので、ツインカム、フォーバルブから繰り出されるエンジン音はどこか音楽のハーモニーにも似た安らぎを与えてくれるものでした。車内のパーツ類にも軽量化と創意工夫がみられました。
 戦後、復興し経済大国へと向かう日本の息吹と本田宗一郎氏の意欲と熱意を車の隅々から感じ、感動で気がつくと私の目には涙があふれました。
 勇気と元気をいただきました。現代の技術や日本があるのは先人の努力と熱意の賜物なのだとあらためて感じさせていただきました。
 ありがとう。
(ありがとう不動産 豊田泰由)
posted by 1039 at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●技術の進歩に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

マッサージ師のお兄さんにありがとう

 マッサージ師にかかっています。彼は二十六歳、この職について五年目です。人の役に立ちたいという思いで、専門学校に入り資格を取りました。タイへ行ってボランティアで施術を施したりして、腕を磨きました。
 私の所へ来るとタオルをチンして、足裏を温め、血流をよくしてから指圧にとりかかります。
 その間、四方山話をします。今日の話題は坊主頭のことです。彼は中・高では陸上をしていて日々夢中で走っていたとの事、大汗をかいていても洗髪は簡単でとても楽だったとのこと。
 今度会うときは「坊主になっています。」というので
「頭の形がいいのかしら、私の子供の頃は絶壁とかラッキョウ頭とか、そんなアダナで呼ぶ子がいましたよ。」
というと
「僕はどちらかといえばラッキョウです。これからは暑くなるので、坊主がいいです。」
 その言葉通り、次は本当に坊主で現れました。高校生みたいに若返りました。
 いつも一生懸命、誠心誠意マッサージをしてくれます。人の役に立ちたいという思いが伝わってきます。ますます腕を磨いて長くこの職を全うしてほしいです。
 左腕が痛くて上がりづらかったのが、スムーズに上がるようになりました。
 心からのマッサージ、ありがとう。
(目黒区/O・S)
posted by 1039 at 13:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

かつての恩師にありがとう

 先日、高校の同窓会に参加しました。
 私の高校時代と言えば、今から30年以上前のことでしたから、今とは違い先生が生徒を殴るなども当たり前などにあった時代です。
 厳しくもありましたが、今程プライバシーなどに五月蠅くなく、大雑把で良い時代でもありました。
 ですから、久しぶりにあっても、すぐに懐かしい思い出と共に当時にタイムスリップできます。
 何年かおきに開いている同窓会ですが、今回は担任の先生にも来て貰えました。
 既に引退されていましたが、私達全員の名前を覚えていたのには非常に驚き、そして嬉しかったです。学生時代だけでなく、今も見守って貰っている様な温かい気持ちになりました。
 どうもありがとうございます。
(京都府/H・M)
posted by 1039 at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先生へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

素敵な休日をありがとう

  今年のGWは特に予定を決めずにのんびりしようと思っていたのですが、少しは休日らしいことをしようと、友人と横浜から自転車でスカイツリーを見に行くことにしました。
 往復で約60キロの道のり、行きは天気も良く、休日の都内は道もすいており快適でした。約二時間ほどをかけて到着したスカイツリーの周りには沢山の観光の方々がいました。私達も周りと一緒にその高さに見入りました。
 しかし、行きの快適さから一転して、帰りは大雨に当たってしまいました。数時間前までの青空にくらべ、自転車での移動は危険も増し、とても疲れるものでした。
 けれど、そんな雨中でのドライブを続けた先に青空が広がっており、雨がやんだときのさわやかさは、単純に青空のみを走っているときには味わえない特別なものに感じました。
  なかなか刺激的な休日と青空のさわやかさを教えてくれた天気にありがとう。
(横浜市/N・O)
posted by 1039 at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

気づきをくれた嵐にありがとう

 先日、茨城で竜巻の被害があった日、私は埼玉からの帰り道で高速に乗っていました。
 一瞬にして空が暗くなり、ものすごい風と空からはヒョウが降り、滝のように車の屋根を打ち付けます。空を見渡すと遠くに竜巻が見えます。
 一瞬にして視界を失ってしまい、何とか速度を落とし、センターラインだけを見ながら自分が何処を走っているのか解らない錯覚に陥り、少し恐怖を感じながらも首都高速までたどりつくことができました。
 ところが、家に着く頃にはすっかり空は晴れ、さっきまでの嵐がうそのように消え去っていました。
 空には青空、ぬれた緑が優しく輝いています。なんてきれいなんだろう・・と感じさせていただきました。
 思いおこせば数年前の私は嵐のような不安のまっただ中におりました。
 多くの方々に支えられ学ばせて頂き、たくさんの気づきをいただきました。  おかげさまで現在ではさわやかな気持ちで毎日すごさせていただいております。ありがとう。
(横浜市/Y・T)
posted by 1039 at 08:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●自然に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

技術の進歩にありがとう

 先月の末に、長男が仕事でブラジルへ赴任しました。5年程度の予定で、赴任中は年に一度帰ってくるか、あまりにも遠いので帰らないかも・・・と母親としては少しさびしい気持ちでした。
 ブラジルとなると電話代もばかにならないしな・・・と思っていたら息子が赴任前にスカイプを設定して行ってくれました。正直何がどうなっているのかは分かりませんが、電話どころかブラジルにいる息子とテレビ電話ができ、感動しました。
 技術の進歩が全て素晴らしいことかは分かりませんが、私にとってスカイプは素晴らしいものでした。
 ありがとう。
(練馬区/T・K)
posted by 1039 at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●技術の進歩に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする