2012年02月27日

幸福の熊をありがとう

 先日、大学時代の友人の結婚式に出席してきました。新婦さんとも親しかった私は、結婚式を楽しみにしていました。
 教会での式を終えた後、テラスでちょっとしたイベントがありました。
 結婚式では、よくブーケトスをやるのを聞いていましたが彼の式ではシューティング・ベアというものをしました。これは、パラシュートを付けた小さな熊のぬいぐるみを打ち上げブーケの代わりにキャッチするといったものでした。
 どうやら式場のオプションでブーケトスとの選択制だったようです。新郎新婦はこっちの方が男性も楽しめるだろうし、盛り上がるだろうからとシューティング・ベアを選択したそうです。
 式に来ていた皆で熊をキャッチしようと盛り上がっていたところ、幸運にも風に流されながら私の目の前に熊が落ちてきました。
 ここぞとばかりに目一杯のジャンプをしたらキャッチすることができました。
 ブーケのように幸運が私にも訪れることを願いながら、来てくれた人を盛り上げようとあれこれと考えた友人に感謝をしました。
 楽しく、幸せな姿を見せてくれてありがとう。これからもお幸せに。
(神奈川県/M・T)
posted by 1039 at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●素敵な贈り物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

職場のおばさんにありがとう

 先月末で60歳になったパートのおばさんが定年で退職しました。
 その人は誰にでも、どんな時にも気を遣ってくれる素晴らしい方でした。送別会の時にも誰よりも周りをよく見ていた気がします。
 私が印象的だったのは職場の雰囲気がいつもとても忙しく、殺伐としている中、その悪い雰囲気を和らげてくれていたのはおばさんが毎週差し入れてくれる手作りのお菓子でした。
 そのお菓子は非常にバラエティに富んでいて、どれも非常に美味しいものでした。
 現在おばさんと手作りのお菓子がない中で頑張っていますが、やはり何かもの寂しい感じがあります。
 寂しさを感じるたびに改めて、職場全体にとってどれだけおばさんが大切な存在だったかが私は分かった気がします。
 これからは私も徐々に良い空気を作っていける様な欠かせない人間になっていきたいです。その様な気持ちにさせてくれたパートのおばさんに感謝しています。
本当に今までありがとうございました。
(川崎市/K・K)
posted by 1039 at 10:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先輩、後輩、同僚へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

ジンチョウゲ

047ジンチョウゲ.jpg

 冷たい風を避けながら小路を歩くと
 
  陽だまりの一隅に咲く「ジンチョウゲ」。

  雪の積もった日に堅い蕾だった花はすっかり開き、 
 
  通勤の人々に甘い香りの潤いを放つ。
posted by 1039 at 10:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

自転車をありがとう

 私の友人に自転車好きがいます。ご飯を食べに行くとことあるごとに自転車の楽しみを説いてきます。
 どうやら、一緒に自転車で遠出をする仲間が欲しいようです。
 そんな中、彼がずっと欲しかった自転車をついに買いました。そして、今まで使っていた自転車が余ったと言います。また、普段近所に買い物に行く用の自転車が欲しいとも言ってもいました。
 そんな時、引っ越しを控えた兄から使っていた自転車を持っていかないのでいるならあげるとの話がありました。
 その話を友人にすると、では兄の自転車との交換で自分の自転車をくれるという話になりました。
 自分では何も買っていないのに手元には友人の決して安くはない自転車が来ました。自分がしたことと言えば兄の自宅から友人宅まで自転車で2時間ほど移動しただけです。
 友人からは今度2人で遠出に行こうと言われました。
 まるでわらしべ長者のような話ですが。皆が得をしたのだから良いかなと納得することにしました。
 私に自転車を楽しむ機会を与えてくれた兄と友人にありがとうと言いたいです。
(神奈川県/M・T)
posted by 1039 at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●愛用の道具に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

家族の支えにありがとう

 現在、私の家では妹が大学受験に向けて毎日必死に勉強しています。
 家のリビングで勉強するので、妹の邪魔になると思うとリラックスしてテレビも見られません。たまにはゆっくりテレビを見たいと思い不機嫌になってしまうこともありますが、妹の頑張っている姿を見ると素直に上手くいって欲しいなと思います。
 家族は妹に美味しい食事と勉強に集中しやすい環境を作るように何も言わず努めていました。
 その様子を見ていて、私が受験するときや資格の勉強をしているときにも家族はこういう風に私の事を応援してくれていたのだと気がつきました。
 今更ながら、当時の家族の支えに感謝しています。ありがとう。
(横浜市/S・O
posted by 1039 at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

恩師の先生、ケアマネージャーの方にありがとう

 私の両親は認知症で介護を必要としています。ここ3年わたしは両親の為にがんばってきました。日々の生活の支度も介助を必要とする場面が多く、やってやってるという意識で関わってきました。
 ところが両親は自分たちが介助されているという意識が無く、すべての事を自分でやっていると思っているようです。だから両親との係わりで誤解や妄想を招き、私が訳もなく当たられたり責められる場面が多く、そのストレスで苦しんでいました。
 恩師に相談すると
「あのさあ、君は仏壇の仏様にお水や花を供える時に仏様にお礼いってもらおうと思ってするかい?思ってないよね?無為というかねそういう意識と感謝の気持ちで関わるんだよ。」
最初は意味が分かりませんでしたが、最近では理解しています。ありがとうございます。
 買い出しや食事の調理は私の毎日の仕事です。ところが先日ケアマネージャーの方に相談したところ、どうやら私が手を出しすぎているという事でした。
「両親を信じて見守る事ができれば両親だって生命力があるんだから自分で出来ますよ。」
 それを指摘された時私は少し腹がたったものです。
「私が一生懸命やっているのに・・・。私が私が・・・。」
 最近私は自分が両親に褒められたいとおもってやってきた事に気づきました。
 日々真心を込めて係わり、時には見守り、どうしようも無い局面は全力で介助して。
 おかげさまで今年の介護認定の評価で両親の介護度が下がりました。母はヘルパーさんと一緒に自分で食事の支度が出来るようになりました。
 買い物にもでかけられます。父も人前に出ることが苦痛ではなくなりつつあります。
 いろんな方に支えられお知恵をいただいて生きているんだなって私は今感謝しています。
これからもよろしくお願いします。
(千葉県/Y・T)
posted by 1039 at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先生へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする