2011年12月29日

ボロクソワーゲンにありがとう

046ワーゲンビートル.jpg

 先日、縁があって古いフォルクスワーゲンビートルを入手しました。休みの日にこつこつと古い部品を市場で探して修理をしたり、朝日の昇る早朝にバリバリと空冷エンジンの音を響かせながら街をドライブするのは最高の気分です。
 70年前にヒットラーの命令で生産をスタートしたこの車は構造変更もなく、1978年には本国ドイツで生産を終了したものの2004年までメキシコやブラジルで生産が続けられました。
 大きな仕様変更もなく生産され続けられたというのは70年前のドイツの技術レベルの高さを感じさせられます。
 エアコンやコンピューターの無かった時代に快適なドライブをする為の知恵が凝縮されており文明の進化のありがたさと人間の知恵の偉大さを感じさせられます。だから私はいつも感動しながらドライブしてます。
 ただ、現代の車と比較すると音もうるさくヒーターも効くのに時間がかかり、インテリアの快適システムは皆無で・・・・・。
 子供たちを誘ってドライブしようとしても
「エーボロクソで出掛けるの?やだー。プリウスにしようよ」
と嫌われる始末で・・・。
「いいじゃない。お父さんが好きで楽しんでいるんだから。つきあってあげなよ。」
と妻が助け船を出してくれます。
 娘にねだられショピングに出掛ける時、車中で私は熱く車の歴史とボロクソの偉大さをかたります。娘は上の空で
「そうなんだ、はいはい・・・」
と聞いています。
 先日、プリウスで外出した際に娘がぼそっと
「この車快適だね。ありがたいね。でもボロクソが無かったらこの車もないわけだし。」
私は
「そうだろ。それっておじいちゃんとおばあちゃんと我々の関係とおんなじだよね。」
といいました。
「そうだねー」って親子で妙に感動し納得しながらドライブができました。
 ボロクソワーゲンさん家族に気づきをくれてありがとう。
 感動をありがとう。
 これからも元気で私と走り回ってください。
(千葉県/Y・T)
posted by 1039 at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●愛用の道具に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

親の支援にありがとう

 私は物心ついたときから20数年間、持病の関係で幼いときには毎月、現在は3ヶ月に1度のペースで病院に通っています。
 このような生活にすっかりと慣れてしまった私ですが、振り返ると非常に長く、悩むことの多い日々だった気がします。
 今までは自分の体調のことを考えるので精一杯でしたが、最近になって漸く少しだけですが余裕を持てる様になりました。
 そこで改めて強く感じるのは、私をこれまで支え続けてきてくれた両親の苦労です。特に1日中かかる検査や診察をよく何十回も我慢強く付き合ってくれたと思いました。
 家族の支援があって少しずつ快方に向かっているので、現在は非常に体調が優れています。これからは私も他の家族が体調不良になった場合にも支援していきたいと思います。
 どうもありがとう。
(横浜市/奥村 駿)

posted by 1039 at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

美味しい鮪をありがとう

 我が家の大晦日の定番メニューは手巻き寿司です。テレビをのんびりと眺めながら、各自のペースで好みの具材を巻いて食べては、お酒を飲み、色々な話をします。
 そんな手巻き寿司の中で、はずすことのできない具はやはりマグロで、我が家は毎年、地元のマグロ屋さんから買います。
 このマグロ屋は三崎漁港の仲買いをやっている人が開いているもので、私たちだけでなく、地域の人の多くが楽しみにしているようで、毎年大晦日は朝9時から大行列です。
 しかし、去年の夏くらいから体調を崩したらしく、お店が閉まったままでした。
 正月までには再開するだろうと思っていましたが、十二月の頭には、「正月はお休みします。」の張り紙が出ました。
 皆が、店主の健康を心配しましたが、それと同時に今年はマグロをどこで買うのかが問題となりました。
 我が家はなんとか同じような店主がやっているお店を見つけ、無事マグロを買うことができました。
 しかし、食べてみると、「今までの店のマグロが一番おいしいなぁ・・・」と全員が感じたようでした。
 マグロ屋のご主人、今までおいしいマグロをありがとう。はやく元気になってまたおいしいマグロを食べさして下さい。
(横浜市/M・T)
posted by 1039 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

西鉄社員の方々にありがとう

046西鉄バス1.jpg

046西鉄バス2.jpg

 現在の西武ライオンズの前身の西鉄。日本シリーズで巨人を破り3連覇の西鉄。ところが数年後、黒い霧事件が発覚して西鉄球団はライオンズを売却しました。
 八百長という悪い企業イメージを払拭するため当時の社長は優勝ペナントを含めすべての西鉄ライオンズの栄光の記念品を破棄するよう当時の社員に指示をだしました。
 そして売却された先の西武球団も西鉄ライオンズに関して口を閉ざしました。
 それから40年近い月日がながれました。当時の社長も退官されその社員達が今の西鉄の中枢を占める時代になりました。
 4年ほど前に西武ライオンズ球団が「ライオンズクラッシック」というイベントで「我々の前身の球団は西鉄ライオンズである。」ということを宣言しました。
 西鉄も動きだしました。過去の栄光の証の破棄を命じられた社員達が・・・。
 実は当時命じられた社員達は納得が行かず、博多のファンの方々にペナントや記念品を託したそうです。
 そのペナントが戻ってきました。そしてそれらが先日西武球団に継承されました。  
 先日、父は博多に招待され私も同行してきました。西武と西鉄の共同運航で定期バスを運行することになり、その序幕式に参加する為でした。
 博多の天神発のバスのボディーには昭和30年代の西鉄ライオンズのロゴマークが入り、埼玉大宮発のボディーには現代の西武ライオンズのロゴマークが入っています。
 除幕式のロゴ入りのバスの前で30年代のユニフォームを着て胸を張り感慨深げに挨拶をする父。声援の声。それに応える往年のライオンズOBの皆さん。
 その後催されたパーティーには一般に公募して会費制にもかかわらず多くの60代〜80代の高齢者の方々が少年、少女の笑顔で参加していただき大盛況でした。
 父はうっすらと涙をためながら「ありがたいな。おれは九州に来てよかった。入団当時はなんて僻地に来たもんかと悔やんだけどね。」とぽつりと私に語りました。
 未だ博多っ子にとっての球団は西鉄ライオンズなんだなということを感じさせていただきました。
 父に野球をする場を与えてくださった西鉄球団の方々、そしてペナント記念品をとっておいてくださったファンの皆様。本当にありがとうございました。
(ありがとう不動産 豊田 泰由)
posted by 1039 at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●仕事で関わった人々へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

一位(イチイ)の実

045イチイの実.jpg

古い神社の入口にそびえる大木の脇を通ると、

足下には直径1センチほどの木の実が赤い絨緞のようにビッシリと…。

見上げると路地に覆い被さるように幾重にも重なる枝に無数の“一位(イチイ)の実”が熟す。

口に含んだ時のかすかな甘みがいい。
posted by 1039 at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

おいしい洋食をありがとう

 私がいつも使っている駅の階段の目の前に、昔からかわらずに営業している小さな洋食屋さんがあります。
 私が小さい頃は、何かの記念に外食をする際には、この洋食屋さんに連れてきてもらっていました。私の家だけかと思ったら、小学校の周りの友達にも同じことをしている人が結構いたのを覚えています。
 先日、ふと思い立ち、会社の帰りに一人で夕食を食べにその洋食屋さんに入ってみました。
 小さいときの記憶と変わらない店内の様子に、元気なオヤジさんの声、そして昔の私のようにここでの食事で楽しそうにしている子供の姿もありました。
 いままでずっと変わらぬ暖かいお店をしつづけてくれてありがとう。これからもずっと続けて下さい。
(横浜市/M・H
posted by 1039 at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

親の命名にありがとう

 先月、友人達とお酒を交えながらお話をしました。友人が他の人達も連れて来たので、何を話したらいいか考えながら、何気なく自己紹介をして話していました。
 途中で趣味の話になりました。その中に何人も競馬観戦が好きだという人がいたので、私の名前の字を言ったところ、
「素晴らしい名前だ、両親に感謝ですね」
等と言われすぐに打ち解けました。
 今まで自分の名前など深く気にすることなく過ごしてきましたが、名前の字だけでこんなに人に褒められることは今までなかったので、正直嬉しかったです。
 これから、自分の名前が更に好きになれそうな気がします。
 今まで気がつかなかったけれど、両親に感謝したいと思います。
 どうもありがとう。
(横浜市/奥村 駿)
posted by 1039 at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする