2011年10月29日

●落ち着いた時間をありがとう

 先日、友達と二人で陶芸体験に行ってきました。
 友達は以前より周囲の人に勧められていたようで、良い機会だからと突如行くことを決めたものでした。
 車で2時間くらいの山中に、陶芸体験をさせてくれる窯があり、約1時間半位をかけて2つの器を何とか形造りました。
 当然「ろくろ」を使ったことなどなかった私は悪戦苦闘の連続でしたが、窯の人は懇切丁寧に粘り強く教えて、難しいところは手伝ってくれました。
 そんな助けのおかげでなんとか使えそうなものができたのでは・・・と焼きあがって送られてくるのを今から楽しみにしています。
 しかし、それ以上に器を造っている時間は何とも言えないほど落ち着いた気持ちのいいものでした。
 「泥んこ遊び」をすると童心にかえるのと同じように、土を触っているととてもリラックスした気分になれることに気づきました。
 落ち着いた時間をくれた陶芸にありがとうと言いたいです。
(横浜市/T・O)

 
posted by 1039 at 06:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

●夏休みの思い出にありがとう

 
 先日、たまたま連休が取れたので旅行に行きました。
 特に目的もなく、予定も決めずにふらふらとどこかに行ってみようという無計画な旅でした。
 その時、コース的に祖母の家に寄れることに気づき、泊めてもらうことにしました。
 祖母とは一晩だけでしたが、色々な話をして、ゆっくりと過ごしました。
 思い返してみると、小学生の頃の夏休みには毎年祖母の家に1週間ほど滞在して遊ぶのが恒例の行事でした。
 久しぶりの祖母の家は、そんな夏休みの思い出を思い起こさせてくれました。
 その頃は、祖父もまだ健在でしたが、今は祖母は一人で暮らしています。
 久しぶりに会った祖母はまだまだ元気でしたが、すこし足が悪くなったようです。
 「これからも機会を見つけては遊びに来るからね」と約束して今回の旅行は終了しました。
 楽しい夏休みをくれてありがとう。これからもお元気で。
         (横浜市/S・O)
posted by 1039 at 06:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●おじいちゃん、おばあちゃんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

●送ってくれてありがとう

 今年の春から地方の大学へ入学しました。
 初めての一人暮らしに加えて地方の大学と言うこともあり、東京育ちの私には色々と戸惑うことが多く、最初の頃は大変でした。
 夜中にコンビニに行くにしても自転車で30分かかる、電車が1時間に1本しかない、そもそも地元の人は一人一台マイカーを持っているのが普通・・・
 私自身も、入学してから時間を見つけてなんとか自動車免許を取得し、どうしても必要だからと親へ実情を訴えお金を借りておんぼろながらもマイカーを手に入れました。
 日常の移動はやはりマイカーがあると便利ですが、帰省の時などは、大きな駅まで車で行っても置く場所がないため、戻って来た時は1時間に1本の電車を待つしかありませんでした。
 夏の帰省が終わった頃、自然と似たような境遇の人同士、お互いに車で送り迎えすることが始まりました。
 夜中でも、誰かに連絡がつけば送ってもらえる安心感は非常に大きいものがあります。
 先日も、急遽実家へ行く用事が出来たのですが、行きも、そして深夜の帰りも友達が送ってくれました。
 通算では送ってもらってばっかりですが、私もみんなを送る側に回りたいです。
 皆さま、どんどん声をかけて下さい。
 持ちつ持たれつ、助け合いの大事さに気づかせてくれてありがとう。。
         (福井市/R・I)

posted by 1039 at 06:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

ムラサキシキブ


むらさきしきぶ.jpg

住宅街の小径を歩くと、しなるように垂れる細い茎に
5oほどの紫色のコムラサキの珠がびっしりと実っています。
夏にはピンクの花が咲き、
冬には葉も落ちて枝だけになる。

 花言葉は…「愛され上手」「聡明な女性」白い実の種類もあります。
posted by 1039 at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

●多くの支えにありがとう

かんとう.jpg
 
 先週、万灯(まんど)という交代しながら一人で担ぐ御神輿のお祭りに、お世話になっている方と一緒に参加しました。

 一人で60s以上の物を担いで歩くのは非常に大変でしたが、何度も練習を繰り返し、失敗しては周りにいらっしゃる経験者の方々に教えてもらいながら共に担いでいくことでなんとか乗り切ることが出来ました。

 その際に感じたのは、周囲の方の支えがあれば、困難なことも何とか乗り切ることが出来るということです。

 同時に、自分一人で出来ることは非常に微々たるもので、大きなことをなすには周りの人の助けが大切だということでした。

 一つの大きな出来事を乗り切れたことで、少し自信も出てきましたし、何よりも私の周りでは、非常に多くの方が常に支えてくれていたことに気がつきました。
 その多くの支えに感謝したいと思います。
(横浜市/S・O)
posted by 1039 at 10:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●みんなに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

●家族の支えにありがとう

 私が病気を患っているときにも、家族はいつも私のことを支えてくれていました。
 特にここ数年は検査を行ってもあまり体調が良くならず、万全の体調でいられないことにとても苛立っていることがしばしばありました。
 しかし、家族は私以上に真剣に病気について調べ上げサプリメントを捜しては持ってきてくれたり、病院に行くことにさえストレスを感じていた私に付いて来てくれたりとどんな時も支えてくれました。お陰で徐々に落ち着くことが出来ました。
 その甲斐あって、現在は体調も快方に向かっており、漸く最悪の時を脱した様に思えます。それも家族の支えと笑顔のお陰でした。
 これからは今までのしたくれた以上の親孝行していきたいと思います。
 どうもありがとう。
(目黒区目黒本町/Y・T)

posted by 1039 at 10:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●家族に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

●周囲のサポートにありがとう

 私たち夫婦は、今年の5月に待望の第一子を授かることができました。
 幸せなことに子供は順調にすくすくと育ち最近ではおんぶも少ししんどく感じる程です。
 私たち夫婦にとって何事も初めてのことばかりの子育ては正直大変です。
 しかし、日中は仕事に行く私と違い、一日中子育てにつきっきりの妻は私以上に大変だと思い、できることは何でも手伝うようにと心がけています。

 私たち夫婦は今は東京に住んでいますが、2人とも出身は関西で、どちらの両親も関西に住んでおり、子育てのサポートやアドバイスがなかなか受けられず妻は色々わからないことばかりで不安を感じているようでした。
 しかし、私たちの状況を察してか、両親は時間を見つけては遠方から訪ねてきたり、電話をかけてきてくれたりしてくれます。病院の先生は妻の話を聞いて子供と同じくらい妻にも気を向けてくれているようです。近所の先輩ママたちは自分達の経験をアドバイスしてくれます。ちなみに、ドラマの世界で描かれるママ友達の間でのドロドロは無縁のようです・・・(笑)
 先日は大学時代の友人が子供を見に訪ねてきましたが、外出が少ない妻にとっては久しぶりの知り合いとの会話がとても楽しく、リフレッシュできたそうです。
 初めての子育てに不安を感じていた私たちですが、周囲の人々の暖かいサポートでなんとかやっていけそうな気がしてきました、不安が無いかと言えばウソになりますがたぶん大丈夫です。
 また、何か困ったことがあれば助けて下さい。逆の立場になったら今度は僕が役に立てるよう頑張ります。
 皆様、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
(品川区/Y・Y)

posted by 1039 at 10:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●みんなに…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

●カップヌードル博物館ありがとう

カップヌードル.jpg

 昨日、横浜のみなとみらいにあるカップヌードル博物館に息子と親子二人で行ってきました。
 小さい頃から即席麺が大好きだった私にとっては本当に子供の頃に戻ったような時間を過ごすことができました。
 また、最近仕事に追われあまりかまってやれないでいた息子にも、一緒に楽しい思い出ができたようだったので、父親としても嬉しい限りです。
 体験して思ったのは、私が子供の頃にはやりたいことや夢が沢山あったはずなのに、いつの間にか忘れてしまっていたことでした。
 そのような自分が悲しくも思えてきましたが、童心に戻ってなんでも元気に頑張るきっかけをくれたこの博物館の思い出に感謝しています。
 それにしても日本の物作り技術というのは素晴らしいですね。長い先人たちの礎の上に今があるのかと思うと本当に感動してしまいました。
 ありがとうございます。本当に有意義な一日でした。
(川崎市/S・Y)

posted by 1039 at 10:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

●お母さん、ありがとう

お弁当.jpg 

 私の学生時代の昼食はお弁当中心でした。

 また、中学・高校の生活は部活動をやっていたので、朝早くから母にいつもお弁当を作ってもらっていました。

 大学に入ると、一人暮らしになり、自炊をするようになりました。

 実際に自炊を始めると、忙しさと面倒さから一つのメニューを2人前作り、二日に分けて食べるといった有様で、一人前だけ作るということが、とても面倒なことと感じました。

 学校生活は常に充実していて楽しい日々でしたが、ある日、風邪をひいて体調を崩したことがありました。

 そんな時に、実家にいた頃には風邪を引けば母が作ってくれたお粥などの有り難さに気づきました。

 先日、運動会で私がお弁当を作ることになり、早朝5時から人数分のものを作ることになりました。

 その時に大学時代のことを思い出し、当たり前のことが実は非常に有り難いものだと感じさせていただきました。

 お母さんどうもありがとう。当時は気がつかなくてごめんね。
(横浜市/S・O)
posted by 1039 at 10:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする