2011年06月16日

●デコさんにありがとう

 デコさんすてきな作務衣を仕立ててくださってありがとう。

 その作務衣の店は事情があって閉めることになったけど、その後も母の愚痴を聞いてくださってありがとう。

 あれから25年の月日が流れました。ようやく僕も家にもどって親孝行をすることができます。

 ありがとう。

(横浜市/T・O)
posted by 1039 at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

●同窓会幹事のみなさんありがとう

 母校の王子工業高等学校が、北区の荒川小学校内の仮校舎で開校してから六十有余年、色々な思い出を持って次々と卒業していった先輩・後輩が今何を振返って居られるか初期の卒業生として何の足跡も残す事無く同窓会にも役立たずの侭で「閉校式」に出掛けた事を恥ずかしく思って居ります。

 長い間しっかりしなかった我々の後を、多忙な身を削って同窓会を牽引して下さった事務局の幹事諸兄に遅れ馳せながら深く感謝する次第です。

 後期高齢者の集りであった第三・四期(昭和21〜22年)の卒業生の同期会も今やなし崩しに消えて行く状況で寂しさを感じる昨今です。

 しかし、閉校後も続く母校の同窓会の名があればこそ今日まで会合が続いたのであってこの点でも幹事諸兄の熱心な活動に有難く感謝しております。

 東日本大震災以後、天候不順がつづき、青葉若葉の爽やかさも感じられずに不安の日々を送る人々が多数居られるのに、政府は対応に遅れ野党は与党の批判のみで国民が何を求めているのか分らない国会議員には呆れるばかりですが、幹事諸兄が多忙なお仕事の傍ら懸命に同窓会活動を率いて居られる事に「有難う」と大きな声で御礼申し上げます。

     (横浜市磯子区/黒川慶一)
posted by 1039 at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

●妻の支えにありがとう

   先月、妻と結婚記念日45周年を迎えました。結婚したのがお互いに21歳でしたので、若いころから本当に長い間頑張ってきたなと思いました。

 もう定年を迎え仕事はないので家の掃除をしていると、家族の貯金通帳や家計簿が見つかりました。自分のものも数冊あったので確認すると私名義の通帳が2冊ありました。

「普段は1冊しか使っていないはずなのに…」と思いながら確認してみると信じられない金額が記載されていました。

 しかもそれは長い年月、定期的に振り込まれているではありませんか。

 妻に確認すると結婚した時から必ず一定の金額を貯めておいてくれていたのだそうです。それを知らなかった私は、酒、タバコ、ギャンブルにお金を費やして妻を苦労させてばかりでした。

 これからは、今までずっと支えてくれていた妻に今度は私が恩返ししていく番だと思いました。

 いままで45年間ありがとう。これからもよろしくね。


(岐阜県/T・I)
posted by 1039 at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする