2011年02月28日

●友人のやさしさにありがとう

●友人のやさしさにありがとう

 先の大地震で私の家族も被災に遭いました。
 

 家族にケガ人はいませんでしたが、家の中は目茶苦茶になってしまいました。

 家族全員で必死に片づけをして漸く家の中が住めるようになり、ライフラインも生きていたので何とかやっていける目処が立ちそうに思えました。

 しかし、予想外のことが起きました。最も大切なものである食料品や日用雑貨が手に入らなくなってしまったのです。

 原因は、多くの人の大量の買い溜めです。スーパーマーケットでも、1人が2万〜3万円のものを1度に購入されてしまうと、全員分は売ることはできません。

 タイミングが悪いことに、冷蔵庫にも何もなく本当に家族全員が無気力な状態になってしまいました。

 そこへ突然、友人のEさんが大阪から長野まで来たのです。

 「困っているだろうと思って、差し入れ」というと、車の中からパン、米、野菜、インスタント麺、冷凍・レトルト食品、トイレットペーパー、電池等々、数多くのものが出てきました。

 そして、「昔、阪神淡路で助けてくれたお礼だから。困ったらお互い様。」といってすぐに帰って行きました。

 普段は頻繁に連絡を取る訳ではないけれど本当に困った時に助け合える友人の優しさが分かった瞬間でした。

 Eさん本当にありがとう。

(長野県/K・T)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by 1039 at 10:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

●救命医療の先生にありがとう

●救命医療の先生にありがとう


 私は70歳になるまで、殆ど病気になったことがありませんでした。親戚や近所の方にもいつも元気のよさに驚かれていました。

 しかし去年の夏、突然体が苦しくなり、家族に救急車で運ばれました。
幸い、先生方の処置が早く適切だったため、後遺症もなく、約一か月後には退院することができました。

 その間、病院で私が見ていたのは、救命医療の先生方の忙しさです。

 一人助けたと思ったらまた一人と毎日患者は押し寄せてくるのに驚きました。

 最近、医療裁判などが取り上げられていますが、私がお世話になった先生方は体力と頭を最大限活用して、助けて下さったに違いありません。 それでも助けられない時もあるし、毎日患者が沢山押し寄せてきたら、一喜一憂する暇もないのだろうと思いました。

 「いつも患者を助けて当たり前、助からなかったら医療沙汰」という風潮は少しおかしいなと思いました。

 元気になった今でも、過酷な状況で日々病気と向き合っている先生方には今でも感謝しています。

 どうもありがとうございました。
 
(神奈川/M・K)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by 1039 at 10:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●先生へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

●父にありがとう

●父にありがとう



 約10年前、大学の卒業と就職が決まり、「今しかできないことを社会人になる前にやっておきたい!」と考えていたことがありました。

 色々考えた果てに、世界各国を周ろうと思い。思い切って両親に相談しました。

 父は「卒業祝だ、行って来い!」と信じられない様な大金を出して私を応援してくれました。

 主にアジア、アメリカ、西ヨーロッパを巡りました。

 昔から英語が苦手でしたが、主に持ち前の明るさで適当にやっていけました。色んなものを見て、聞いて、感じて、話しました。

 日本にいるだけでは決して分からない世界の広さを感じることができました。

 今でも海外の人と仕事をすることが多い私にとっては、非常に大きな財産になっています。

 あの時に応援してくれた父に感謝したいと思います。どうもありがとう。
        
(福岡県/S・S)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by 1039 at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

●美味しい夕食をありがとう

●美味しい夕食をありがとう


  日曜日に本当なら友人のAさんと美味しいビュッフェの食べ放題を満喫する予定でした。

 しかし、当日は人数が多すぎて、とても好きなものを好きなだけ食べられるという雰囲気ではありませんでした。

 二人でどうしようかと考えたところ、「家で一緒に料理しようよ」とAさんが言いました。そして焼き肉にお好み焼きを食べ、少し贅沢にワインを飲んだら、こっちの方が何倍も楽しかったです。

 きっと私のことを気遣ってくれたんだろうなと思いながらも、その場で「ありがとう」とは言えませんでした。

 ここで言わしてもらいます。Aさんあの時は一緒に楽しんでくれてありがとう。

(埼玉県/M・A)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by 1039 at 10:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

●あの時の一言にありがとう

●あの時の一言にありがとう


   30年以上前から毎年、この時期には大学のゼミの集まりがあります。先週も毎年の様にありました。周囲を見てみると人生とは本当に多種多様です。私はどちらかといえば地味なタイプでした。

 ある時、一番親しかった友人がこう言いました。「普通って大変だね。お前には十年後にもそのままでいて欲しいな。」この言葉がやけに印象に残りました。

 それから年月が過ぎ、教授が退職されたときに、周囲は出世街道まっしぐら。それなのに、自分はそれなり。昔と変わらず周りが輝いて見えました。

 現在、還暦を過ぎ、相変わらず年に一度顔を合わせて話をしますが、徐々に周りの同期は環境が変わってきたようです。多くの人が仕事では成功しましたが、病気になった人、離婚した人、仕事以外の生きがいがなく、何も残らなかった人。

 そんな話を聞いていると、私は、適度に遊び、健康で、家庭にも恵まれている。

 今、私がこうして笑っていられるのは友人のあの一言があったからかもしれません。

 本当にありがとう。

               
(杉並区/K・O


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by 1039 at 11:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

●娘にありがとう

●娘にありがとう



   私はかつて母に反発していました。そんな母がいやで20代の前半で家を出て結婚しました。

 そんな私も2児の母。長女は今、反抗期を迎えています。娘に苛立ち、心を抑えつつ耐えて悩み、親は子供を通して大人にしてもらうのだなと思います。

 おかあさんごめんなさい。そして、娘に私の元に生まれてきてくれてありがとうと言いたいです。
   
(横浜市/Y・T)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by 1039 at 11:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

高速救助隊の方にありがとう

 先日、義理の母をお見舞いに行きました。東京湾アクアラインを通って帰宅する途中に車から異音がしたので減速するとタイヤがバーストしていました。ガタガタと揺れ動く車を操作して路肩に止めました。

 深呼吸をして、今置かれた状況を観察することにしました。ここは料金所をすぎて5キロ地点。路肩は2メートル位しかなく左側はすぐ柵でその外は海。柵の隙間は大きくて波しぶきが隙間から掛かるような錯覚がありました。

 右側はすぐ高速の車線で100キロ以上で車が通りすぎて行きます。ドアを開けるのは危険です。挙げ句にその日は低気圧の接近に伴い雪がちらついてきました。

 切望的になりながらも、「これは自力では脱出出来ないな。救助を要請しよう。」と救助を要請して左のドアから外に出てジャッキとスペアータイヤを取り出す事にしました。

 最近の車は収納位置や方法が複雑で何がなんだか解りません。ようやくジャッキを取り出したものの左側はすぐ海で部品でも落とそうものなら海に落ちてしまいます。

 寒いし怖いし、路頭に迷って困り果てているところに救助の方が来て下さいました。

 手際よく車線を確保してくださり、スペアータイヤの出し方が解らず悪戦苦闘する私を見るに見かねて助言や手伝いまでしてくださいました。

 結果、無事に帰宅する事ができました。地獄に仏とはまさにあなた達の事です。西村さん小池さん ありがとうございました。
                

(渋谷区/N・K)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 1039 at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●働く人へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする