2010年11月30日

●気づかせてくれてありがとう

●気づかせてくれてありがとう

 今年の流行語大賞の特別賞に選ばれた言葉。それは、早稲田大学から日本ハムに入団する斎藤佑投手の
「何か持っている……、それは仲間です」
でした。

 斎藤佑投手が話すと、本当にさわやかで心に響きました。

 仲間や家族への感謝の気持ちは、日頃から抱いてるはずなのに言葉にするのが恥ずかしくなかなか言えないでいました。

 そして、言えないでいるうちに思っていることさえ意識しないようになっていました。

 お金とかでなく、仲間や家族の大切さを改めて気づかせてくれて、ありがとう。



(東京都/小林伸行)


○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。○o。。o○○o。

posted by 1039 at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●見知らぬ方へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

●妻とレストランにありがとう

●妻とレストランにありがとう

 先日、赤坂のプライムリブの老舗のローリーズ東京へ行きました。

 その日は妻と私との21回目の結婚記念日で二十歳の息子と中2の娘と四人で行きました。

 私は学生時代にアメリカに遊学していました。

 妻は一時期私と同じ大学に語学研修のため留学していました。

 妻が日本に帰国して客室乗務員となり仕事で渡米、私と再会した時に初めてデートしたのがロスアンジェルスのラシエンガにあるローリーズでした。

 あれから30年・・。

 周囲の心配を他所に夫婦で波瀾万丈色々ありましたが、今となっては私を支えてくれた妻に感謝しています。

 私たちの初デートの場所にまさか子供達と一緒に来られるとは・・。

 食事もおいしくて昔の味そのままでした。

 ウエートレスさんの対応も本店そのもので我々を祝って歌まで歌って下さり。とても楽しい記念日となりました。

 「将来は孫と三代で来たいね」と妻と話しました。

 妻に子供達に、そしてレストランに感謝できた一夜でした。



(横浜市/Y・T)


○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。○o。。o○○o。

posted by 1039 at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●夫へ…妻へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

●野球にありがとう

●野球にありがとう




 父や家族がトラブルに遭遇したり、家の設備のトラブルに遭った時には必ずといって良いほどそれに関わってくださった方が父のファンだったり、又は熱心な野球ファンだったりします。

 つい先日、家の設備に不備があった時もその担当者のお父様が父の熱心なファンでご本人も野球をやっていた方でした。

 工事には時間がかかりそうで、数日の間は我々は不便な思いをしなければならない事は覚悟していました。

 ところが、その方が便宜を図ってくださり翌日には問題は解決いたしました。

 お礼に父が記念撮影に応じて著作の本にサインをしながらぼそっといいました。
「おれは野球に感謝せんといかん。野球のファンのみなさんがとてもよくしてくださる。ありがたい。 」

 その言葉がとても印象的でした。

 そういえば私も父と野球のおかげさまで今まで恩恵を被ってきましたっけ。

 野球の神様ありがとうございます。



(ありがとう不動産 豊田泰由)


○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。○o。。o○○o。

posted by 1039 at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●父さん、母さんへ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

●野球の神様にありがとう

●野球の神様にありがとう


  先日赤坂サカスで行われた2010年プロ野球コンベンションに行ってきました。

 当日は父(豊田泰光)がプレゼンターをつとめさせていただくので父母と私三人でおめかしをして会場にむかいました。

 母は久しぶりの父の晴れ舞台を見るための外出に喜んでいました。いざ会場についたものの赤坂サカスはとても広く、どこへ行けばいいのかわかりません。関係者駐車場に車を止め、寒空のした高齢の両親をつらい思いをさせるわけにも行かず、私は困っていました。

 すると後ろから「豊田さん!」と声をかけて下さる方がいました。「野球博物館の者です。ご案内します。」野球殿堂の職員の方でした。「こちらへどうぞ。」と我々を暖かい部屋へ案内してくださいました。

 待合室では食事と飲み物でもてなしてくださいました。待合室に続々と集まって来られる往年の選手の方々。日本人初の大リーガーの村上雅則さん、父のチームメートの中西太さん、張本 勲さん、山本浩二さん、阪神の監督だった吉田義男さん、フォークの神様の杉下茂さん、広島の監督だった古葉 毅さん巨人軍の土井正三さん…。私は野球殿堂の神様達に囲まれとても幸せでした。

 父は「これが僕の妻と息子だ。」とみなさんに紹介してくださいました。
「おお、おまえが小さいころおやじさんが球場に連れてきていた。あったことあるぞ。大きくなったなあ。」と神様達に声をかけていただく度に50才の私は恥ずかしさと感動で涙があふれそうになりました。

 中西太さんがぼぞぼそと「おれはね去年大手術してね。のどを切ったんだ。だから医者に酒を止められた。楽しみが無いよ。おまえの親父は今だに酒が飲めてうらやましいよ。これからは親父を支えていつまでも元気でいられるように両親に親孝行しろよ。」と言って頂いた言葉が
ありがたくてたまりません。ありがとうございました。

 そしてプレゼンターとして若い選手達に表彰状を手渡す父を誇りに思います。

 懇談の席では、神様達の男世界の裏話など、誌面に書けない内容の話に花が咲きとても楽しい時間をすごさせていただきました。神様達も昔は煩悩に生きていたんですね。ありがとうございました。



(ありがとう不動産 豊田泰由)


○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。○o。。o○○o。

posted by 1039 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする