2018年01月10日

千両

118-千両.jpg

 正月の花と言えば千両と万両だ。


写真は千両ですが、


万両は赤い実が垂れるように


下を向いて実がつきます。


千両はセンリョウ科・センリョウ属で、


万両はサクラソウ科と全く異なる。


類似のもので、百両、十両もある。





【花言葉】利益、祝福、富、財産
     
     恵まれた才能、可憐






★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

誉めていただきありがとう

 絵の先生より、今年の年賀状は自分で書いてみてくださいと提案があり、せっかく絵を習っているんだから最もと思い、今年は孫の愛犬チャコを描いてみました。
 犬の毛並みがきれいに描けず、うまくいかなかったと少し後悔して年賀状を出しました。
 年が明けて皆さんにお会いすると、年賀状上手に描けていたとほめていただき、お正月早々嬉しくなりました。ありがとうございます。
(文京区/Y・S)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

武田神社にありがとう

118-武田神社.jpeg
 お正月、温泉で過ごした帰り、お天気も良く、真っ青な空に、お堀の石垣に三葉の松、樹木に囲まれた武田神社にせっかくここまで来たのでお参拝。
 戦国時代きっての名将「信玄公」がお祀りされ、現在でも県民こぞって「信玄さん」「信玄公」と呼び、親しまれている様はまさに郷土の誇りであり英雄だけあって、この日、大勢の初詣客でいっぱい。
 神橋を渡り、参道を通って拝殿まで一歩ずつ進み50分、途中で帰ろうかと思いましたが、お正月から諦めるのはよくないと思い直し、一歩一歩押されるように並んでいると、人それぞれの色んな話が耳に入りおもしろいなと思いながら、やっと拝殿。奥にある本殿で住所氏名を言って、今年の家族の健康を祈り、すがすがしい気持ちになり帰宅。ありがとうございました。
(横浜市/M・M)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●旅先で…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

沢山の年賀状にありがとう

 今年も年に一度の年賀状の季節、12月28日までは本当に大変だったが、矢張頑張って出して良かったなと思うこの三が日であった。
 毎年頂く版画や手描きの絵の賀状、家族の集合記念写真、お習字や写真等の作品賀状、南極等の海外旅行スナップ、我が子の成長報告、日々取り組んできていることの報告、型通りの市販の年賀状…等と様々。病気からの復帰、また、目下戦い中というのもある。(去年まで来ていたのに今年は本人の逝去で来なくなった年賀状も、中には今年で最後にしたいと書かれているのもあったり…)と。どの人にも等しく時は流れ、新しい2018年が巡ってきたんだなと静かに思う三が日でもあった。
 賀状交換は年を経て思わぬ繋がりを生む。例えば、私が新任時代に住んだ街の病院に、今春、遠く愛媛から大学を卒業して娘さんが就職すると言うのまである。50年も前の懐かしい街だ、不思議な縁を思う。きっとこの母子と再会の日も巡ってこよう。今年が自分も含め皆さん一人一人にとって健康で幸せな1年となりますようにと心から願う。
(品川区/A・N)
118-年賀状.jpg

続きを読む
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●素敵な贈り物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

久寿餅をありがとう

118-川崎大師.jpg
 ご近所の方が、除夜の鐘とともに川崎大師に初詣に出かけ、山門前の名物久寿餅を我が家に届けて下さいます。
 あまり好物ではないので、さり気無くお断りしても、お正月に召し上がってほしいと言って、年が明けて、我が家の最初の訪問客。もう何年続いており、三が日のおやつは久寿餅。黒蜜にきな粉をかけて、おかしなもので毎年食べているといつの間にか好物になり、久寿餅はお正月の食べ物になりました。習慣とは不思議なものです。
 初詣の縁起の良い久寿餅をいただいて、今年も元気が出ました。ありがとうございました。
(世田谷区/S・I)

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●素敵な贈り物に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

お正月にありがとう

 お正月の楽しみは、いくつかあります。まず、年賀状を見て一年ぶりに友と再会したような気になり、「今年こそお会いしましょう」の決まり文句で終わっていますが、とても楽しみです。
 それから二人の孫たちの成長が見られる事です。六年生になるお姉ちゃんは、パートを始め忙しいママの手伝いをしているのか、朝起きると、弟の朝食の準備を手際良くやっているのです。えらいねと褒めると、休みの日はうちは早く起きた人が朝食の準備をするのと、当たり前のように答えていました。孫の成長に感心しました。
 そして二人の孫と宿題の書初めをしました。六年生は「緑の大地」、三年生は「友だち」、久しぶりに私も筆を持ち子供達と書きました。学生時代に戻ったようでとても楽しかったです。成長していく孫たちを見られたお正月でした。ありがとう。
(東京都/T・K)

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

スキー旅行にありがとう

118-スキー.jpeg
 娘がスキーがしたいと言うので、お正月休みに一泊二日で越後湯沢へ家族でスキーに。なんとか新幹線の切符もとれて、スキーウエアもそろえ、出かけました。
 今年は雪が多く、少し吹雪いていましたが、寒い寒いと言いながらも、二年前にスキー教室で滑り方を教わったので、すぐに雪になれ、上手に滑っていました。運動が苦手な中学生の長男も、大人用でスイスイ。子供の上達は早く、心配する事はなっかようです。
 スキーを楽しんだ後は、温泉に入り、雪をめったに見られない都会の子供には、貴重な経験です。雪景色も素晴らしく、子供達の喜ぶ姿に、迷っていましたが、思い切って来て良かった。家族の楽しい思い出になりました。ありがとう。
(東京都/J・H)

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●旅先で…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

花田景子さんのお話にありがとう

 暮れに人権週間があり講演を聞きに行った。講師は貴乃花部屋の女将花田景子さん。貴ノ岩が暴行を受けた問題で、今、貴乃花部屋は激震が走っている。景子さんはそれには触れず、演題「人を育てる、支える〜相撲に見る日本人の心〜」をテーマに若いお相撲さんの話が主でした。
 お相撲さんの朝は早い。土俵をきれいにしたり、ちゃんこを作ったり、それぞれ役割分担し、一日がスタートする。序の口、幕下、十両、幕内、三役、みんな階級毎に役割が決められ、親方は力士にとっては雲の上の存在。
 ある時、稽古を積んでもなかなか上の階級に行けずやめたいという若い相撲取りがいた。親方には言えず、女将の景子さんにそっと言ってきた。景子さんはまだ若いし上を目指しても番付が上がらないのであれば、やめるのも選択肢の一つと思い親方に言うと、そんなことくらいでやめるのはダメだと現下に叱られてしまった。
 そこで景子さんはこれなら自分はできると思うものを探させた。するとゴミ出しならできると返事をするので、それならやってみようということになった。相撲部屋のゴミは大量で、生ゴミだけでもすごい量。決められた日はきちんと仕分けして出さなければならない。続くかどうか心配だったが、自分で決めたことだから必ずやり通してと叱咤激励。
 三日、十日、一ヶ月と続け、とうとう三ヶ月が過ぎる頃、景子さんにもう相撲をやめると言わなくなった。もしゴミ出しをやめたら、他の人が大変だから自分がやると言ってきた。
 人を育てるということは誉めてやり、自分の居場所を見つけさせること。その若いお相撲さんはもうやめると言わなくなり、稽古に励むようになった。摺り足、鉄砲、蹲踞(そんきょ)、股割り、相撲の基本を根気よく続けている。
 その若いお相撲さんは、将来、子どもたちのあこがれの力士になって、皆を楽しませてほしいと私は切に思った。
(目黒区/H・O)
118-相撲.jpg

posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●感動を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

大掃除にありがとう

 新しい年を迎えるため、暮れに一週間計画を立て、大掃除をしました。
 日頃していない、ガラス拭き、換気扇、家のまわり、ゴムの手袋をしてすみからすみまできれいに掃除しました。
 久しぶりにあかぎれになり、子供の頃を思い出しました。雪国に育った私は、雪遊びをし手が真っ赤になると、母がコンロに洗面器を乗せ、みかんの皮を入れ、その中に手を入れてなおしてもらった頃が懐かしく思い出されました。
 部屋もすごくきれいになり、物に対する感謝の念がわいてきます。おかげで良い年が迎えられそうです。ありがとう。
(板橋区/T・Y)
118-大掃除.jpg
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●私に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

古希の祝いをありがとう

 月日の経つの早いこと。毎日忙しく過ぎ、気がつくと十一月で古希を迎えました。子供達がお祝いの席をもうけてくれ、プレゼントに花束を用意して、孫達も揃い、家族で祝ってくれました。ありがとう。
 今まで病気らしい病気もしたことはなく、健康で元気に過ごせたことに感謝です。お店で紫のチャンチャンコに帽子を用意して下さり、一生に一度のことと喜んで着させてもらい、年相応に似合っていたようです。美味しいお食事を頂き、孫の成長に老いを感じながらも幸せを味わいました。お店から記念の写真を頂き、皆よく写っていました。私が喜び記念になる物をと考えてくれたプレゼントには、子供達の思いと優しさがこもっていて、嬉しい一日でした。ありがとう。
(大田区/K・N)
posted by 1039 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ●息子、娘に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする