2016年12月01日

寒椿

105−寒椿.jpg

 北風が吹き抜ける東京のビルの谷間の小公園に、



ひときわ鮮やかに咲く寒椿。



千利休がこよなく愛したという『わびすけ』はシンプルで美しい。



【花言葉】控えめ、静かなおもむき、簡素




★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

東京タワーにありがとう

105−夜景.JPG 105-ツリー.JPG

 先日、友達に誘われ東京タワーに行ってきました。東京で生まれたためか、いつでも行けると思っていたので、幼少の頃に行ったきり、気づけば20年以上ぶりでした。
 いつも景色にあり見慣れていたましたが、あらためて行ってみると、その高さと美しさに圧倒されました。
 展望台まで階段で上がろうという話になりましたが、仕事帰りを理由に断りました。次に行く時は昇り易い格好で行き、チャレンジしたいです。
 エレベーターで上がった展望台からは、まさに東京の夜景がパノラマ景色。360度キラキラと輝いていました。ずっと住んでいる東京も、心にゆとりを持って眺めると美しいものだなと、再確認いたしました。
 降りるとクリスマスのイルミネーションが飾られており、東京タワーの赤色ととてもマッチしていました。美しい夜景をありがとう。
(東京都/J・H)
posted by 1039 at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●素敵な場所に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

園児のみなさん、ありがとう

 「あ〜あ〜あ〜。」大声が聞こえたかと思ったら、一斉に声が止まった。
 驚いて振り向く。ここは川沿いの橋の下。ちょうどトンネルになっている。近くの保育園児たちが、トロッコのような箱の型をした乳母車に乗っている。
 みんな2才位で7、8人。その子たちが一斉に発している声。誰が教えたやら、コンクリートのトンネルは音響効果抜群で響き渡っている。トンネルを抜けると、ピタッと声が止まる。
 それから私に向って、おはよう、こんにちはと声がかかる。私もおはようと言うと、皆ニコニコと笑っている。先生たちも挨拶してくれる。園児たちの中には、トロッコの中から私に、「どこ行くの?」と聞く子がいる。「お家に帰るの」と言うと、「バイバイ」と手を振ってくれる。
 束の間の園児たちとの触れ合い。今日もいい日だなと思いながら家に帰る。保護者の皆さんは、そんな子供たちの様子を知っているかしら?可愛い皆さんから、元気をもらっている。
 園児の皆さん、今日もありがとう。
(目黒区/H・O)

posted by 1039 at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

孫のやさしさにありがとう

 小学生の頃は親と一緒に土日になると遊びに来ていた孫も中学生になり、このごろは一人で電車に乗って遊びに来るようになった。
 始めは一人で来れた事が嬉しいと話していましたが、最近「おばあちゃん、遊びに行くから」と電話があり、「食事の用意をして待っているからね」「一時間ぐらいで着きます」「おばあちゃんの好きなおせんべ、お土産に買ってきたよ」嬉しそうな顔をして、大きな声で「ここに置いとくからね」
 それから図書館に行ったきり、三時間経っても帰ってきません。心配していると帰って来て、シリーズのマンガを読んでいたようで、「今は、図書館にマンガがあるの?」と聞くと、「たくさんあるよ」どうりで3時間も帰ってこないわけだと納得。
 夕食を食べて帰って行きました。孫が帰った後思い出し、おみやげをさがしても見つからず、おかしいなとよく見ると、テーブルの上にコンビニで買った百円のおせんべいが置いてありました。なんてかわいいことをするのだろうと思い出しては笑ってしまいます。
 孫の優しさにありがとう。
(大田区/R・M)
posted by 1039 at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

お世話好きのお友達にありがとう

 桐生川上流に四季折々のお料理を楽しませてくれる清風があります。
 お友達が、ささやかな主婦のぜいたくとして、積み立てをし、年に4回四季会席を楽しもうと、お世話をかってでてくれて出かけました。
 駐車場に入ると、もみじが色づき、寒桜が満開で迎えてくれ、玄関の前で足を止め、みんなでしばらく観賞。案内されたお部屋の窓からは、木々が紅葉、ゆずが実り、まるで絵を見ているようでした。
 お料理が運ばれてきました。柿をくりぬき、中にさつまいも、ずいきと甘えびの白和えが。味わっていただきました。おなべに焼き物、お刺身、煮物、どれも目で楽しみ、味覚で楽しみ、静かな時間が流れ、心身共に優雅な時を過ごし、心の洗濯ができました。また冬が楽しみです。
 お世話好きのお友達にありがとう。
(千葉市/A・U)
posted by 1039 at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●お友達に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

自然の恵みにありがとう

105-ロープウェイ.jpg

 特別なチカラ・パワースポット弥彦神社と岩室温泉の旅。「おやひこさま」の愛称で信仰を集める弥彦神社は、越後ナンバーワンのパワースポットだそうです。
 燕三条から弥彦線に乗り、弥彦駅に。駅前の案内図を見て、弥彦公園を抜け、神社通りに出ましたが、どちらか迷い、聞いてみると、「これから僕も行きますので、よかったら案内しますよ」とのこと。一緒に参門まで。樹木に覆われた境内は、厳かな雰囲気に包まれて、心と体にパワーをいただきました。
 参拝を済ませ、ロープウェイで弥彦山に向かうため乗車券を買おうとしていると、さっきの青年が割引券を差し出し「これ使って下さい。」姉と二人旅の私は、三枚買って、青年にも一枚、「親切にして下さり、ありがとう」と渡しました。
 ロープウェイで山頂に。雲一つない良いお天気で、ゆっくり回転するパノラマタワーに乗ると、日本海と佐渡ヶ島が目の前に。反対側には雄大な越後平野が広がっていました。
 大パノラマを楽しみ降りてくると、さっきの青年が待っていて、「ただでもらっては申し訳ないので、お茶を買ってきました。ほんの気持ちですのでどうぞ」青年の気持ちが嬉しく、温かいお茶を山頂でいただき、心に残る「おやひこさま」のありがたい参拝となりました。
(神奈川県/S・K)
posted by 1039 at 13:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●街で出会った人に…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

遊んでくれてありがとう

 従姉妹達と、大人3人、子供5人でお芋掘りに行きました。
 まだ幼稚園の娘は、久しぶりにいとこのお姉ちゃんお兄ちゃんに会って大はしゃぎ。
 土の中のお芋がどうなっているか、興味津々。大きなお芋をお姉ちゃんたちの真似をして、一生懸命掘っていました。
 かまどで炊くご飯のまき割りにも挑戦。おじさんに手伝ってもらい、まき割りの初体験。
 お昼は、畑でシートをひいて、みんなで、炊きたてのごはんで握ったおにぎり、おいもチップをとっても美味しくたくさんいただきました。
 子供達も畑をかけまわり、泥だらけになって遊び、大満足でした。
 今日は、娘とたくさん遊んでくれてありがとう。
(江戸川区/T・I)
posted by 1039 at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●孫へ、甥へ、姪へ…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

現美新幹線にありがとう

105-現美新幹線.jpg


 一度乗ってみたいなあと思っていた。現美新幹線は、6両編成で走っている。外は黒、赤、青と、素敵なデザインの新幹線。
 駅に停まると、乗客が降りて写真を撮っている。「発車しますのでお乗りください」車掌さんの声。一両の車内は、絵が飾られ応接間のような椅子が並んでいる。
 別の車両は、きれいな工作のような展示。驚いたのは、車両が子供の遊べるスペースになっていて、靴を脱いで上がるじゅうたんの上には、レールをつないで新幹線を走らせるおもちゃもある。子供たちは、乗り物に乗っている感覚でなく、お部屋で遊んでいるようで飽きない。いいアイデアだと思いました。
 コーヒーが注文できるカフェコーナーにも絵が展示され、現代美術を鑑賞しながら旅ができることに感動し、車内を行ったり来たりしました。
 現美新幹線ありがとう。
(板橋区/H・M)

posted by 1039 at 10:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●楽しい時間を…ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

ラジオ体操にありがとう

 退職した主人が、地元の神社で六時半より開かれているラジオ体操へ行くようになってから、二年が経ちました。
 毎朝雨の日以外、20名〜30名の人達が、尾根にある神社に三々五々集まります。
 自分から声をかけて参加した主人は毎日組で、私は思い出したように参加する時々組です。
 そして嬉しい事に、この参加によって素敵な地元の皆さんを知る事が出来ました。
 体操に来る前に今日はこの道、明日はこちらとゴミを拾いながら参加する人、歩こう会のリーダー、駅への脇道に花を植え管理している人、ラジオに合わせて素晴らしい歌声を披露してくれる人、草木の事なら何でも答えられる人、山ガールさん等。年を重ねていても本当に多芸多才の方々です。
 普段知る由もない皆さんの日常の中から、それぞれに自分の出来る事で地域を支え貢献し輝いている事に感動しております。
 これまでに、ファミレスでの朝食会、ハイキング、自宅を開放して頂いての芋煮会、お餅つき等で親睦を深めています。
 ラジオ体操のおかげで、地元の皆さんと親しくなれたり、自分も健康になり、一石二鳥です。
 ラジオ体操に乾杯、そしてありがとう。
(横浜市/T・K)

2016年11月01日

アロエ

104-アロエ.jpg

 “医者要らず”の愛称のあるアロエは、火傷や傷に貼り付けたり、



ジュースとして服用したりして家庭の常備薬として植えられ親しまれてきた。



地植えで庭木としても楽しめます。



【花言葉】迷信、花も薬も



★『ありがとうの輪・新聞』をPDFでご覧になりたい方はココをクリックしてください。


☆バックナンバーはこちらから
posted by 1039 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 De ショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする